施術後も症状が良くならない・・・もしかしたら、〇〇が原因かもしれません!その確認の仕方教えます!

folderシューズ膝の痛み腰痛label腰痛膝の痛みシューズ

色々な原因で腰痛、膝の痛み、足の痛みなどを患ってしまうことは、皆さん経験があると思います。

痛いので治療院に行って治療を受け「あ~痛みがない!」っと、思ったものの、再び運動などをし始めるとすぐ体が痛み出すような経験はありませんか?

そのような経験がある方は、もしかすると「シューズ」が原因で痛みが改善しないのかもしれません!

まずは下の写真をご覧ください!

シューズを履くことで体のバランスを崩している患者様の写真

向かって左の写真は「左側だけシューズ」を履き、向かって右側の写真は「右側だけシューズ」を履いています。

当然ですが左右は同じメーカーの1対のシューズです。

「左右片側だけシューズを履いているんだから、当然どっちか傾くでしょー!」

そう思うかもしれませんが、写真で判断すると「右側だけシューズ」を履いている方が体の軸は真っ直ぐで、「左側だけシューズ」を履いている方は体が曲がっていませんか?

写真を見ると「右側だけシューズ」を履いている方は姿勢まで良くなっています。

これって、とても恐くないですか?

シューズの大切さを患者様にお伝えする院長

写真の患者様は、施術をした直後で体のバランスを整えた後に【シューズチェック】をさせて頂いていますので、どちらの場合で検査をしたとしても同じ結果が出るはずなのです。

写真の患者様は、腰痛と左膝に痛みのある患者様で仕事で階段の上り下りが出来ないとおっしゃっていました。

写真では「左のシューズ」を履いた時に体のバランスが崩れ体の安定感がなくなるため、施術をして体を整えたとしても体がグラグラして痛みが出やすい悪い状態になる可能性があります。

このようにシューズを履いた時のバランスの崩れや履いた後の体の安定感の善し悪しで、スポーツなどのパフォーマンスにも影響を与えます。

普段の日常生活でも身体のバランスの安定が保たれるシューズを履くことで、体にかける負担を少なくできる効果が期待できます。

シューズは、出来るだけデザインが良いだけで選ばず、安定感があるものを選んで頂くことで、体を悪くしにくかったり、スポーツの出来を左右させたりすることもありますので、ぜひ参考にしてご自分の履いているシューズで試してみてください!

詳細の参考記事はこちらhttps://health-more.jp/column/detail/1099

良いシューズの見分け方1

①左(右)足だけシューズを履き、右(左)足は、シューズを履かずに立ち姿勢をとります。
(※立った時、上半身がユラユラ動揺したり、立った姿勢で体全体に違和感がないかセルフチェックする。)

腰痛と左膝に痛みがある患者様が左足だけシューズを履いている写真

②同様に反対の足で、右(左)足だけシューズを履き、左(右)足は、シューズを履かずに立ち姿勢になります。
(※立った時、上半身がユラユラ動揺したり、立った姿勢で体全体に違和感がないかセルフチェックする。)

腰痛と左膝に痛みがある患者様が左足だけシューズを履いている写真

③両足でシューズを履き、立ち姿勢になります。
(※立ち姿勢で上半身がユラユラ動揺したり、立った姿勢で体全体に違和感がないかセルフチェックする。)

①②③の確認で、上半身がユラユラ動揺したり、立った姿勢で体全体に違和感が無ければ、体が不安定にならない上手くバランスの取れるシューズになります。

上記が具体的にバランスが取れるシューズなのか、取れないシューズなのかを判断する方法です。

ぜひ皆様も試してみてください!