TEL ネット予約 LINE

ストレッチ施術 | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

ストレッチ施術

ストレッチ施術に関して

健康のためにストレッチをする2人の30代女性痛みの原因を引き起こしている筋肉にストレッチを行い筋肉を伸ばすことにより、柔軟性を高め、痛みを和らげます。
また全身の身体のバランスを見たうえで、 特定の筋肉をストレッチ(伸ばす)ことにより身体のバランスを整えます。

ストレッチの効果

1.筋肉、関節の柔軟性改善

柔軟性が低下した場合、筋肉が硬くなって伸張性が乏しくなり、骨への付着部分や腱の炎症が起こりやすくなり、そのために腰痛や肩こり、関節の痛みなどの整形外科的な問題を起こすことになります。

2.筋肉の緊張緩和

硬くなった筋肉は、血管を圧迫したり、変形したりするために老廃物が溜まりやすくなるために筋肉疲労が取れにくくなります。特に腰背部の筋肉は、顕著に疲れが溜まりやすいのが見られ、そのためにはストレッチで筋肉をほぐす必要があります。

3.疲労回復促進

運動後にストレッチを行うことにより、硬くなった筋肉をほぐしたり、弾性を与えることにより血液循環を促進することによって疲労回復力を促進します。

4.血流改善

ストレッチはゆっくりと呼吸をしながら行うことにより、筋肉やスジを伸ばすことによって、酸素供給が良くなるために血液循環が良くなります。 そうなると、疲労回復だけでなく、冷え性の改善にもつながります。

5.神経機能向上

ストレッチは交感神経を抑えて副交感神経を優位にする効果があります。分かりやすく言えば、副交感神経は休息している時などに活発になり、分かりやすく言えばリラックスしているということですね。

6.筋萎縮の抑制

筋肉を使用しなかった場合、筋体積が減少するために筋萎縮が起こります。それを防ぐためにはストレッチすることにより、筋肉内の血流量が増えることによって筋肉の体積が増加するので筋委縮を防ぐことができます。

7.筋肉痛の緩和や関節可動域の改善

普段、運動不足になると体の動かす幅が少しずつ小さくなり、そのために手や足などの関節の動く範囲が狭くなります。 同時に運動不足の場合、靭帯や筋肉の伸縮性が失われているために、あわてて走ったりすると肉離れになったり、足首の捻挫をしやすくなります。そのためにはストレッチで筋肉をほぐしたり、関節を動かす必要がありますね。

8.身体パフォーマンスの改善

ストレッチをすることにより、1から7の状態の効果が表われ、そのために呼吸、意識、姿勢、動きなどのパフォーマンスの向上が見られ、スポーツをする際にコンディショニングが良くなります。

9.障害予防

筋肉は収縮と弛緩を繰り返しながら歩いたり、走ったり、体を動かしますが、同じ動作を特定部位に負荷を掛けるた場合、その部位の筋肉が硬い状態になって弾力性を失うために特定部位が故障して、肉離れや痛みなどが起こります。そのためにストレッチで筋肉をほぐすことによりスポーツ障害を予防することができます。

10.リラックス効果

ストレッチは、ゆっくりと呼吸をしてストレッチを行うと、心が落ち着きます。そうなると心身ともリラックスすることができます。

11.若さを保つ

特に中高年になると、筋力が弱くなり、骨密度が低下する傾向があります。また、高齢者の場合、多少の歩行でも疲労が強くなる傾向がみられます。同時に運動をしなくなると、関節を開いたり、閉じる動作が減るために、体が硬くなったり、老化しまうのでストレッチで体の筋肉をほぐしたり、関節を動かしたりすることが老化を防ぐことにもつながります。

上記があり、自身の心身の健康を向上するだけでなく、怪我防止などの視点で色々とメリットがあります。