TEL ネット予約 LINE

【家庭の主婦でも、休業損害や逸失利益を請求】できるのをご存知ですか!?? | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2018 7月の記事一覧

【家庭の主婦でも、休業損害や逸失利益を請求】できるのをご存知ですか!??

2018.07.31 | Category: 交通事故施術,院長日記

交通事故施術において、会社員や自営業者など、

整形外科(病院)、接骨院や整骨院に通院する際に、

有休をとるなどして、仕事を休むと休業損害や、

後遺障害を負うことで、事故前の労働能力が維持できず、

収入が減少するときに失われる利益である

逸失利益を請求することが可能です!!

 

 

家事を行っている家庭の主婦も立派な家事従事者(家事労働者)

として、休業損害や逸失利益の対象になります!

 

 

休業損害の計算方法ですが、一日当たりの所得に

受傷のため家事労働に従事できなかった日数をかけて計算されます!

 

 

家事従事者の所得の考え方は、自賠責保険の場合、

1日当たり5,700円計算することになっています!

 

 

示談をする際に、保険会社からの示談書の計算書が、

交通事故お客様に最後送られてくるのですが、

その後、すぐに自らのハンコを押さず、

弁護士に依頼し、裁判所基準として計算されますと

1日あたり約9,600円で計算されることになります!

 

 

この1日当たり9,600円計算根拠も、

年収3,499,900円(賃金センサス第1巻第1表の産業計、

企業規模計、学歴計、女性労働者の全年齢平均の賃金額

(平成20年)の金額から365日で割り算した

1日当たりの金額となります!!

 

 

時々、交通事故施術の金額が大きくなってくると、

保険会社基準である任意保険会社基準で

慰謝料、休業損害、逸失利益の計算がされることがあり,

お客様がもらえる金額が減らされてしまうことがあります!!

 

 

多くの場合は、自賠責保険の基準よりも少ない金額になることが多いです!!

 

 

図式としては、

任意保険会社基準<自賠責保険基準<裁判所基準

 

となります!!

 

 

もし、交通事故施術をされている方で、

僕の場合はどうなのだろう~?

私の場合はどうなのだろう~?

 

 

っと、疑問に思われる方は、

尾張旭市東山町【うの整骨院】まで

お気軽に安心してご相談くださいね!!

 

平成30年7月15日(日)に行われた首痛、肩の痛み、腰痛、膝の痛みが楽になるMTS施術大阪勉強会に行ってきました!

2018.07.17 | Category: MTS施術,肩痛,腰痛,膝痛,院長日記,首痛

平成30年7月15日(日)に行われた首痛、肩の痛み、

腰痛、膝の痛みの症状がやわらぐ

MTS施術大阪勉強会に行ってきました!

 

 

今回は、午前中、親指と小指で行う筋力テストを

午後からは、股関節の可動性の見方や、

ヒールテンション(アキレス腱の緊張)の見方、

恥骨の不可、アジャスト(調整)時の姿勢について

チェックをして頂きました!

 

 

午前中の筋力テストでは、お客様の親指と小指を引く際に、

自分の3指(中指)、4指(薬指)、5指(小指)の

一体感(はり感)をもって、

筋力テストをする意識が弱いようで、

そのあたりのチェックをして頂きました!

 

 

午後からは、まずは股関節の可動性について行ったのですが、

しっかり骨盤を固定した状態で、股関節の動きを見ないと

左、右の動きの確認をしても両方とも動いてしまい、

左右差の検査になりません!!

 

 

骨盤をしっかり固定した状態で股関節をみるよう

何度も練習しました!!

 

 

次に恥骨の負荷、調整(アジャスト)についてですが、

術者が恥骨の接触ポイントに触れる場合、

明確に自分の手のこの部分で、お客様の恥骨のここに触れると

意識することがとても重要だと感じました!!

 

 

 

術者がしっかり恥骨の接触ポイントに触れていると、

受けているお客(僕も被検者となりました)も触られている感じがあります!!

 

 

恥骨が触れていれば、あとは術者は上半身の力を抜いて、

体勢を入れる(丹田に入れる)だけで

勝手に調整(アジャスト)が出来てしまいます!

 

 

どうしても調整(アジャスト)時に触っている手など

上半身に力をいれて調整してしまいがちですが、

それだとお客様に術者の刺激が伝わりません!!

 

 

ランニングでもそうですが、やはりお腹の力(丹田)を使って調整することがとても重要ですし、それが出来ないとお客様もなかなか良くならないです!

 

 

恥骨の負荷をかけることはあるかもしれませんが、

恥骨で調整(アジャスト)することは、あまりないのですが、

正確で精度のある調整(アジャスト)をするためには、

今回の勉強会では良い勉強になりました!!

 

 

 

お客様が訴えられる首痛、肩の痛み、腰痛、膝の痛みは

大阪勉強会で今回学んだことの精度が上がれば、

今よりさらにお客様の症状の軽減につながるはずですので、

しっかり意識してお客様にこれから還元したいと思います!!

 

平成30年7月8日(日)開催!首の痛み、肩の痛み、股関節の痛み、足首の痛みが楽になるMTS施術東京勉強会に参加してきました!

2018.07.08 | Category: MTS施術,股関節痛,肩痛,首痛

平成30年7月8日(日)に東京都新宿区にある

浦野大先生の「浦野施術室」で、

今回は浦野大先生の勉強会がありました!

 

 

今回の勉強会では、まず初めに僕は被検者として

どう身体が変位しているか、診て下さいました!

 

 

僕は特段痛みのある場所はないのですが、

右の外くるぶし、内くるぶしに歪みがあり、

それが股関節に影響を与えているようで、

右の恥骨が下がっていました!

 

 

それが頭蓋骨の右目の上眼窩(まぶたの上)、

下眼窩(目の下)に

繋がっており歪みをもたらしているのは、

驚きました!

 

 

そして、その歪みが開放され、

肩の痛みに関係がある肩の可動性検査で

肩の動きが良くなることで確認し、

首から下肢までの歪みが取れました!

 

 

しかし、首から頭蓋骨にかけた

さらにレベルの高い場所、

ジャグラ(頚静脈孔)には、頭蓋骨の中の

側頭骨と後頭骨という骨の関節があり、

副神経という神経が通ります!

 

 

首の痛みなど、首の回旋運動に関係性がある

胸鎖乳突筋という筋肉があるのですが、

そこを通る副神経にしっかり神経の伝達がされているか、

浦野大先生に診て頂いたのですが

僕は左のジャグラ(頚静脈孔)が閉じていて

歪みが生じ、神経伝達がされず筋力が抜けていました!

 

 

その頭蓋骨の中の側頭骨と後頭骨の関節で作る

ジャグラ(頚静脈孔)の歪みである

閉じを開放して頂くと、とても身体が楽になるようでした!

 

 

頭蓋骨には人間の司令塔である脳があり、

頭蓋骨を正しい位置に調整出来れば、

良い意味で身体に大きな変化が出ます!

 

 

今回は実際に被検者となり、

その効果を体感出来たのはとても良かったです!

 

 

また最後に浦野大先生が診て下さったのは、

施術者のアジャスト(調整)時の姿勢です!

 

 

アジャスト(調整)の際に、身体がブレたり

安定感が無くなると、アジャスト(調整)したい場所に

正確な刺激が加わらず、

お客様にアジャスト(調整)の効果が伝わりません!

 

 

そのアジャスト(調整)も身体の体重移動が重要で、

残余緊張が残ってしまうと

深い調整ができないと

浦野大先生は、おっしゃっていました!

 

 

アジャスト(調整)時に、

①固定指

②アジャスト(調整)指

③前

④後

⑤上→下

 

 

の順番に体重移動させると、

驚くほどアジャスト(調整)が安定します!

 

 

これは目から鱗でしたので、

明後日からの施術にしっかり活かし、

お客様の痛み等の不快な症状を少しでも

和らげられるよう還元したいと思います!

 

交通事故施術の施術中、突然、保険会社から【施術費の打ち切り】を言われた場合、どうしたら良いか!??教えます!!

2018.07.02 | Category: 交通事故施術

病院(整形外科)や接骨院、整骨院で交通事故施術を行うと、

交通事故の程度にもよりますが、

おおむね3ヶ月~4ヶ月ほど施術を継続すると、

 

 

相手保険会社から・・・

 

 

「ずいぶん施術も行って、

交通事故のおケガの痛みが変化なく続くようでしたら、

症状固定だと思われますので、

交通事故施術もそろそろ終わりにして頂きたいのですが・・・」

 

 

などのようなニュアンスで、

施術の終了を匂わせるコメントを発しだします!

 

 

 

それでも交通事故の被害者にとって、

本当に痛みが続いており、まだ交通事故施術を続けたいのに、

「もうそれができないなんて、嫌だぁ~!!」

っと、思っていても、そのやりとりがしばらくの期間続くと・・・

 

 

相手保険会社の担当者から、

「もう交通事故施術はできません!

 もしまだ施術を行いたいのであれば、

 自腹をきって、自分の健康保険で施術を継続していください!」

っと、宣告されます!!

 

 

 

その際に、保険会社にそのような宣告があっても

まだ痛みが続いているようでしたら、

自腹でも良いですので、

必ず病院(整形外科)や接骨院や整骨院に

行く頻度は、若干少なくしても

通院を継続してください!!

 

 

なぜなら・・・

 

「症状固定」や「施術の終了」を決定するのは、

病院(整形外科など)の医師であり、

保険会社の担当者が決められるわけではありません!!

 

 

医師が施術の必要性を訴えているのであれば、

保険会社の担当者に「施術の終了」を

告げることはできないからです!!

 

 

施術を続けていると、状況によっては示談の際に

自腹などで支払った施術などを、加害者に請求することもできます!!

(※加害者側が負担するかどうかは、交渉次第ですので、

  できるだけ早く弁護士等に相談すると良いでしょう~!!)

 

 

いずれにしても被害者が損をしてしまうことは良くないですが、

対処の仕方を誤ると、加害者に請求できるものも請求できなくなりますので、

大変重要な対処が必要となります!!

 

 

 

このようなケースでは、病院(整形外科など)や接骨院、整骨院に通院しながら、

出来るだけ早期に専門家(弁護士など)に相談することをお勧めいたします!!

 

 

尾張旭市東山町【うの整骨院】では、弁護士法人心さんと提携し、

無料で弁護士に相談できるサポート体制が整っておりますので、

もし【施術費の打ち切り】など言われ、

どうしたら良いかお困りの方は、お気軽に安心してご相談ください!!