TEL ネット予約 LINE

医療国家資格者が教える「ランニング」で速く楽に走れるのと同時に「ケガをしにくい動き作り」を一つ教えます! | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2018 3月の記事一覧

医療国家資格者が教える「ランニング」で速く楽に走れるのと同時に「ケガをしにくい動き作り」を一つ教えます!

2018.03.19 | Category: その他身体の問題,ランニング,腰痛,膝痛

今回は、「ランニング」でケガをしにくいエクセサイズを一つ教えます!

 

 

ランニング時の重要なポイントしていくつかあるのですが、

その一つとして骨盤の前傾を保ちながら走るというのがあります!

 

 

骨盤の前傾とは、極端に言いますと

出っ尻のようにお尻を後ろに突き出した時の状態です。

 

※personal body management ホームページ画像より抜粋

 

逆に骨盤の後傾とは、ソファーなどにダラぁ~っと、

座った時、猫背になった時の骨盤の状態です!

 

 

良いランニングフォームで言えば、

骨盤を前傾状態にしたほうが、

お尻の筋肉を使うことができるため、

腰高で上下動の少ないフォームになります!!

 

 

骨盤が後傾状態になってしまいますと、

お尻の筋肉が上手く使えないことで、

走った時に上下動が大きくなり、

膝や足など関節を痛めやすい状態になります!!

 

 

ランニング時の骨盤の前傾状態が出来ていますと、

下の動画のような動き作りが出来るとブレの少ない

腰高の良いランニングフォームで走れます!!

 

 

ポイントとしましては、動画で確認出来ると思いますが、

どうしても膝を上に上げる際に、

骨盤の後傾状態になったまま

膝を上げる方が多く見受けられます!!

 

 

骨盤の後傾状態で腿(もも)を上にあげると

体軸が無くなり、身体がふにぁ~となって軸がなくなり

足の力が骨盤に伝わりづらくなります!!

 

 

これを改善するためには、

膝を上げる時に「膝を上げることを意識するのは少なめに」

どちらかというと膝を上げる時の「後ろ足全体が伸びきっている」

という方を意識したほうが体軸を維持したまま

腿(もも)を上に上げることが出来ます!!

 

 

フルマラソンでも5時間、6時間かかってしまう方に

これができない方が多いような気がします!

(※練習量も少ないことに原因がある方もいますが・・・)

 

 

こちらの動画を参考にしていただき、

走る前のエクセサイズとして実践していただきますと

良いと思います!!

医療国家資格者が教える「交通事故施術」で整形外科(病院)や接骨院、整骨院に通う頻度はどれぐらいが良いか!??教えます!!

2018.03.12 | Category: 交通事故施術,腰痛,首痛

今回は、

 

「交通事故施術」で病院や接骨院、整骨院に通う頻度は

どれぐらいが良いか!??

 

 

について、お伝えしたいと思います!

 

 

この整形外科(病院)や接骨院や整骨院に通う頻度は、

交通事故にあった時の被害者に受けた衝撃や、

事故の大きさで違いがあると思います!!

 

 

少し車が衝突してしまった程度の交通事故でしたら、

整形外科(病院)で念のため検査した上で、

病院でリハビリテーションもしくは、

接骨院や整骨院で施術を受けるのも良いですが、

痛みがなくなれば、数回の施術で終わるべきです!!

 

 

しかしながら、大きな事故で首が痛くなる「むちうち症」や、

腰の痛み、車のダッシュボードに体が激突することで損傷し、

股関節や足が痛くなる場合では、たった数回の施術では

なかなか良くならないケースもあります!!

 

 

施術が少し長引く場合には、どれくらいの頻度で

整形外科(病院)、接骨院、整骨院に

通うべきなのでしょうか!??

 

 

明確な基準というのはないのですが、

一般的には週に2~3回程度が

好ましいのではと考えられます!!

 

 

これが、例えば・・・

 

月に1~2回しか施術で通院していない

 

②しばらく週に1~2回通っていたが仕事が忙しくて、

 次の通院した時に、一か月空いてしまった!

 

 

なんて、ことがあればどうでしょうか!??

 

 

①のケースでは・・・

 

そもそも月に1~2回の施術で、

日常生活に痛みやシビレによる支障がないのなら、

別に通院して施術しなくても良いのではないか??

 

っと、相手保険会社担当者に思われてしまいます!!

 

 

②のケースでは・・・

週に1~2回程度の通院に関しては、

交通事故後の痛みやシビレがあり、

痛かったり、体に支障があるから通院しているのだろう!!

 

しかし、仕事が忙しいという理由にしろ、

その間は交通事故の痛みやシビレがあっても

日常生活が送れていたのなら、

施術がなくても大丈夫ではないか!?

 

 

 っと、相手方保険会社の担当者に思われてしまいます!!

 

このように相手保険会社担当者が思ってしまえば、

被害者本人がまだ通院したいと、

一生懸命に訴えても

交通事故施術は打ち切られてしまう

可能性があります!!

 

 

このように、上記の例からも

「交通事故施術」は、週に2回~3回程度が好ましく、

また通院している間は、いくら仕事が忙しい等の理由があっても

通院は、ある程度継続して行う必要があります!!

 

 

もちろん上記にお話しした内容は、

交通事故後に痛みやシビレが残っている場合ですので、

痛みがなくなったり、シビレがなくなれば、

すぐにでも交通事故施術は終了するべきです!!

 

 

もし、上記のような交通事故施術での疑問や問題点など、

どんなことでも結構ですので何かございましたら、

弁護士法人心さんと提携している「うの整骨院」

お気軽に安心してご相談頂ければ幸いです!!

 

 

★うの整骨院★

愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F

☎052-768-6186

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成30年2月25日(日)~27日(火)は、MTS施術熱海研修会&新年会に行って、【冷え症】【ぎっくり腰】【症状の診断方法】等の勉強をしてきました!

2018.03.04 | Category: MTS施術,その他身体の問題,腰痛

平成30年2月25日(日)~27日(火)は、MTS施術熱海研修会&新年会に行ってきました!

 

今回の熱海のセミナーは、初参加となりました!

 

今回の浦野先生のセミナーでは、

生姜のパップを丹田と言って、

おヘソから3横指下を中心に

生姜のパップを貼ると冷えが楽になる!

 

 

っと、言うものを紹介してくださりました!

 

 

その仕組みとしては、

冷えがある場合、口蓋骨という頭蓋骨の中の骨があるのですが

側方に変位することで、体温調節中枢である視床下部という

場所に歪みが起こり、体温の調節がうまくいかないということでした!

 

 

しかしその場所に歪みがあっても生姜のパップを丹田という場所に置いておくと

口蓋骨の歪みが取れ、冷えが良くなるとのことでした!

 

 

またその後、背中である胸椎1番と2番にもう一枚生姜パップを貼ると

さらに冷えが楽になるとのことでした!

 

 

また体の症状には、ある一定の周波数があるというのも

面白かったです!

(症状がその周波数で共鳴します!)

 

例えば。。。

 

 

3000Hz ~4000Hz の人たちは健常者ですが、

5000Hzの人たちは、リウマチや糖尿病を患っています!

 

 

7000Hzの人は、癌を患っていたりと、

筋力テストで該当している周波を体に当てると

症状が共鳴し、筋力テストで反応するというものです!

 

 

僕も浦野先生に検査して頂いたのですが、

3000Hzでした!

 

 

熱海のセミナーに参加させて頂いて、

とても勉強になりましたし、

今後の施術のレベルアップにも役立てられると実感しました!

 

この勉強会で学んだことをお客様に還元出来るように

また頑張りたいと思います!