TEL ネット予約 LINE

医療国家資格者が教える【足首の捻挫予防に役立つトレーニング】を教えます! | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2017 8月の記事一覧

医療国家資格者が教える【足首の捻挫予防に役立つトレーニング】を教えます!

2017.08.19 | Category: 足痛,骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷

足首という場所は、捻挫をしやすい場所の一つですが、

足首は捻挫のしやすい肢位、状態というのあります!

 

 

 

普段の生活で言えば、女性の方でハイヒールを履いている状態で、

つまり踵(かかと)が上がって、つま先立ちのような体勢で、

足首の捻挫は起こりやすいのです。

 

 

足首の捻挫は、さきほど説明した女性がハイヒールを履いた状態で、

起こりやすいのですが、いったん捻挫をすると、

外くるぶしの下あたりが痛くなることが多く、

足首が屈曲、内旋した状態(内反した状態)で起こりやすいと言えます!!

 

 

つまり、足首の捻挫の予防としたトレーニング、対処法は、

捻挫のしやすい肢位

→足首の屈曲、内旋(足首の内反)

 

の逆になる動き、

→足首の伸展、外旋(足首の外反)

方向の力をつけるトレーニングをすると効果的です!!

 

 

足首の伸展、外旋(足首の外反)をする筋肉は、

腓骨筋という筋肉があります!!

この筋肉のトレーニングをすると

足首捻挫の予防に役立ちます!!

 

 

実際のやり方ですが・・・

 

 

 

①セラバンドなどのチューブを1箇所結んで、わっかを作るようにします。

②両足をチューブのわっかに入れます。

③足を外側に開くように力を入れます。

 ※その時、膝や股関節が外側に開かないよう代償動作に気をつけます。

④10回を2セット行います!

 

 

以上のエクセサイズを実施しますと、

足首の安定性が高まり、足首の捻挫が防ぎやすくなりますので、

皆様も試してやってみてください!!

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える【足首の捻挫の原因と足首の捻挫になった時の対処法】を教えます!

2017.08.11 | Category: AKA施術,MTS施術,足痛

足首の捻挫をしてしまった人は、

さまざまなケースで起こることがありますが、

 

 

 

たとえば・・・

 

 

野球、サッカー、バスケットボール、バレーボールなど、

動きの激しいスポーツの中で急な体の動作の切り返しで、 

バランスを崩して、体重をかけた時に足首を捻った!!

 

 

とか、

 

 

階段を降りるときに、足を着地して体重を乗せた時に

バランスを崩して足首を捻ってしまった!!

 

 

なんてこともあるでしょう!!

 

 

 

足関節捻挫を起こしてしまうと

症状として多いのが、外果と呼ばれる「外くるぶし」周辺が、

 

 

●皮下出血

●腫脹(はれる)

●熱感

●運動痛

●疼痛

●足首の運動制限・不安定性

 

がみられることがあり、

 

 

腫脹(はれ)は、痛めた直後は少ないが、2~3日後に最高となり、

皮下出血は、翌日以降に出始めることが多いです!!

 

 

足首の捻挫が起こる時、足首の状態は「うち返し」と言って、

足首を外側に捻ることが多く、「外くるぶし」の斜め前方、

前距腓靱帯と呼ばれる場所が痛くなる事が多いです。

 

 

またその前距腓靭帯、後距腓靱帯、踵腓靭帯など

靱帯の損傷の程度で重症度が変わるケースがあります!!

 

 

靱帯損傷と同時にみなければならないのは、

骨の変位をみなければならないのですが、

多くの場合・・・

 

足首は「うち返し」と言って、

外側に捻ることが多いため、骨の変位は、

「立方骨」、「第5中足骨」という骨が

外旋(外に回旋)しています!!

 

 

 

 

足首の捻挫の際は、施術としては応急処置として、

RICE処置を早急にすることが、その後の回復過程に影響を

及ぼすのですが、RICE とは・・・

 

 

 

R(Rest)→ 休む

I(Icing)→ 冷やす(氷嚢などで患部を徹底的に冷やす)

C(Compression)→ 圧迫する(包帯、テーピング、ギプスなどで固定(圧迫)する)

E(Elevation)→ 挙上する(寝るときなど、心臓よりも高い位置にする)

 

 

なのですが、それと同時に

 

当院自慢の整体、カイロプラクティック施術で、

足首の「立方骨」「第5中足骨」などの変位を調整して、

足首を良い位置に矯正(調整)しておくと、

さらに治癒するスピードと回復が早くなります!!

 

 

 

実際に当院にご来院頂いたお客様でも前日、

階段で足を踏み外して、足の腫れと痛みで足を着くのもやっと

っと、いう感じのお客様が、当院自慢の整体、

カイロプラクティック施術を施し、

適切な固定をしたところ翌日には普通に歩行できた!!

 

 

っと、言われたお客様がいらっしゃいました!!

 

 

 

足首の捻挫など急性期の症状は、適切な処置と施術をすることで、

回復スピードやその後の予後にとても大きな影響を与えます!!

 

 

もし、足首の捻挫など足首を捻ってしまった等のケガをしてしまった場合は、

尾張旭市、東山町、【うの整骨院】までお気軽に安心してご相談ください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える【膝の痛みは、やせれば治るのか??】膝と肥満の見解と膝痛におすすめなトレーニング教えます!

2017.08.05 | Category: ダイエット,膝痛

よく40代を越える膝の痛みの症状を訴えた人が、

整形外科など病院を受診すると、大方診断されるのが、

【変形性膝関節症】という診断(病名)がされます。

 

 

 

その診断を受けたお客様が、例えば見た目上太っていた場合、

必ずといっていいほど、医師の発言として、

 

 

「膝の痛みは痩せなきゃ治らないよ~!」

 

 

っと、言われることが多くなります。

 

 

でも本当に痩せれば、膝の痛みは治るのでしょうか!??

 

 

尾張旭市東山町【うの整骨院】にいらっしゃるお客様でも

膝の痛みを訴えるお客様は、いらっしゃるのですが、

 

太っている人も確かにいるのですが、

痩せている人でも、いつも膝が痛いと言っている人がいます!!

 

 

では、痩せている人で膝が痛い人はどうなのでしょうか??

 

 

確かに一般的に重力に対して、人が受ける膝への負担は、

 

歩いている時は、3倍!!

階段の下り動作で、7倍!!

ランニングで、10倍!!

 

負担がかかると言われています。

 

 

単純に体重が増えれば、上記の動作で膝に負担が

上乗せされていくのは、当たり前なのですが、

私が一番重要だと考えているのは、

ただ単純に体重だけをいうのではなく、

様々な動作をしている時の体の重心バランスが痛みを起こす起こさないの

大きな基準になっているのではないかと思っています!!

 

 

少し失礼になるかもしれませんが、

すごく太っている人でも膝の痛みが、全くない人もいます!!

 

 

こういった人は、膝だけに負担がかからないような

良い重心バランスをとっているからこそ

膝に痛みが出ない動き方、立ち方、動作をしているのです。

 

 

では、よい重心バランスとはどういう状態をいうのかお話しします!!

 

 

「人の重心の位置は骨盤内の仙骨のやや前方にある。」

 

 

っと、「運動学」医歯薬出版株式会社の書籍に記載されています!

 

要は、骨盤内の仙骨の少し前に重心がとれた

動き方、立ち方、動作を行えていれば、

体のバランスの良い状態を保てるのです。

 

 

良いバランスで動いたり、立ち方、動作をしていれば、

人間、約600以上の筋肉が存在すると言われているのですが

負担が膝周りの関節や筋肉だけに集中せず、

お尻の筋肉や腹筋などの体幹筋まで、

負担は分散します!!

 

 

結果、膝だけに重力に対する負荷がかかるわけではなく、

腹筋、お尻の筋肉などの様々な場所に負担が分散するので、

負荷が少なくなり、痛みも起こりにくくなるのです!!

 

【バランスの良い立ち方をしていると↓】【バランスの悪い立ち方をしていると↓】

 

 

ですから、太っている人でも痩せている人でも、

このバランスが良い感じで保てれていれば、

「良い重心の位置になる骨盤内の仙骨のやや前方で立っている。」

っと、いうことになり、結果、

膝が痛くなるということも少なくなる可能性があります!!

 

 

では、この良いバランスを保てるためのトレーニングは、

何が良いのでしょうか!??

 

 

 

尾張旭市東山町【うの整骨院】では、膝の痛みのお客様に対して、

バランスボールのトレーニングをお勧めしています!!

 

 

トレーニング方法は、バランスボールの四つん這いエクセサイズです!!

(詳しくは、こちらの記事を参考にしてください)

         ↓

    ここをクリックしてください!

 

 

少し難しいかもしれませんが、これが出来るためには、

両ももの内側の筋肉である大腿部内転筋、

骨盤筋の筋力を使って、重心を良い位置にもってきて、

バランスをとらなければできません!!

 

 

トレーニング時間は、たったの約1分で効果は抜群です!!

 

 

膝の痛みが辛いお客様は、ぜひ試してみてください!!