TEL ネット予約 LINE

医療国家資格者が教える!【ぎっくり腰】など腰痛になった時に負担が少ない寝方を教えます! | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2017 7月の記事一覧

医療国家資格者が教える!【ぎっくり腰】など腰痛になった時に負担が少ない寝方を教えます!

2017.07.31 | Category: その他身体の問題,腰痛

【ぎっくり腰】など腰痛がかなり辛くなると、

寝るときはどうしたら良いのだろうか!??

 

 

っと、考える人も多いと思います!

 

腰痛がとてもひどくなりますと

寝返りするだけでも痛くてできなくなるケースもあります。

 

 

では、【ぎっくり腰】など腰痛がある人は

どういう寝方をした方が良いのでしょうか!??

 

 

そもそも人間の背骨は正常な状態でキレイなS字型をしています!!

 

 

上の写真の通り姿勢のキレイな人は、

骨盤が立っていて、その上に乗っている

腰椎(腰の背骨)は正常な状態で

腰椎の前弯といって若干、前に湾曲しています!!

 

 

腰痛になった場合に、寝る寝方としては、

 

上向き(仰向け)

下向き(うつぶせ)

横向き

 

 

の3パターンが考えられます。

 

 

僕が【ぎっくり腰】など、腰痛がひどい人に

お勧めするのが、「横向き」で寝る寝方です。

 

 

なぜ横向きで寝た方が良いかといいますと、

横向きで寝た場合は、ほとんどの方は、

エビのように腰を丸くして寝ると思います!!

 

 

そうしますと下の写真でもわかるように

腰の関節から黄色い神経が出ている穴があるのですが、

それが自然と広がるからです!

 

 

 

神経が出ている穴が広がれば当たり前ですが、

神経の圧迫は少なくなり、痛みが出る可能性が低くなります!!

 

 

一方、上向き(仰向け)や下向き(うつぶせ)で寝る寝方は、

腰椎(腰の骨)を反ってしまい、神経が通る穴が小さくなり、

神経の圧迫を強めてしまう可能性があります!!

 

 

ですから・・・

 

【ぎっくり腰】など腰痛が強い場合は、

「横向き」で寝るのが一番です!!

 

 

横向きで寝ることによって、腰を丸めることで、

腰から出ている神経の穴が広がり、

その穴から出ている神経の圧迫を少なくするのです!!

 

 

腰の背骨はそもそも本来、正常な状態でも

腰椎(腰の背骨)が前弯(前に湾曲している)している

っと、いうのがこの話のミソになります!!

 

 

これが解剖学的にみた腰痛の人の寝方の理論です!!

 

 

皆様も【ぎっくり腰】などひどい腰痛になった場合は、

横向きで寝るようにこころがけましょう!!

 

 

 

 

腰痛が辛い人に役立つ【長時間の車の運転】で気をつけることと対策!

2017.07.23 | Category: 腰痛

梅雨も明け、夏休みで実家に帰る方も多いと思います。

 

 

実家に帰る交通手段として、

車に乗って帰省する方も多いと思います。

 

 

中には、長時間の車の運転を強いられ、

腰が痛くて調子が悪いのに、

腰痛が悪化して、「ぎっくり腰」にならないか・・・!?

 

 

などとても不安になるかと思います。

 

 

長時間の車の運転で、特に要注意なのが、

車の運転中に全く休憩をしない人です!

 

 

長時間の車の運転を強いられると

じっとしたまま動かない姿勢が続くため

腰回りの筋肉はガチガチに硬くなり、

血液の流れは、悪くなります。

 

 

腰だけに限らず、体の筋肉は動かされることで、

血液の循環は良くなり、筋肉は柔らかくなります!

 

車の長時間の運転で、

まったく筋肉が動かされない状態が続くと、

血流不全に陥り、腰回りの筋肉に酸素と栄養が行き渡らず

腰痛を引き起こす要因を作ってしまいます!

 

 

車の長時間の運転で気をつけなくてはいけないのは、

長時間同じ姿勢でいると腰の筋肉が固まってしまうので、

1時間毎に休憩し、腰を前屈したり回旋したり、

ゆっくり動かしてあげるのが良いです!

 

 

また長時間運転時の腰痛は、

ほとんど動かされない状態から、

車を降りる際に突然動かさる事で、

「ぎっくり腰」などを起こしやすくする為、

 腰痛ベルトを着用して運転すると良いです!

 

 

「ぎっくり腰」などの腰痛は、

体調が悪い時や普段の仕事などでの疲労を特に感じている時ほど

腰痛を引き起こす事が多いですので、

長時間の車の運転では、

上記のことに気をつけて見てください!

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える知っておきたい交通事故の施術における【自賠責保険】の具体的事例による疑問お答えします!

2017.07.15 | Category: 交通事故施術

 

交通事故を起こしてしまった場合や、

交通事故に巻き込まれてしまった場合など

交通事故において様々なケースがありますが、

自賠責保険での交通事故施術が、

 

「実際にどういったケースで、使えるのか?使えないのか?」

 

っと、疑問に思うことがよくあると思います!!

 

 

本来なら自賠責保険での交通事故施術ができるケースでも、

知らないことで施術院で自費の施術をされているお客様も

ちょくちょお聞きするのが実情です!!

 

 

 

では、実際の事例を踏まえて、お話ししたいと思います!!!

【事例1】車を運転していたら、交通事故を起こして相手にケガをさせてしまった場合は、

     補償は受けられるのでしょうか?

 

【解答1】この場合、相手の被害者へは自賠責保険から保険金が支払われます。

     ただし、自分の車や相手の車の修理代、自分自身のケガの施術代などは支払われません!

 

【事例2】父、母、兄、弟の4人家族で、お父さんが所有する車をお母さんが運転していて、

    人身事故を起こした場合は、どうでしょうか?

 

【解答2】自賠責保険では、運転者とその自動車の持ち主(所有者)は補償されないので、

    お父さん、お母さんのケガは補償されない。

    兄、弟と相手の被害者は自賠責保険から保険金が支払われます。

【事例3】車の運転中、ちょっとわき見運転していたら電柱に激突してしまった場合はどうでしょうか?

 

【解答3】自賠責保険は対人賠償だけなので、この場合は自賠責保険からの支払いは受けられない。

 

【事例4】車のドアを開けたら、後ろから来たバイクにぶつかって相手にケガをさせてしまった場合は?

 

【解答4】車のドアの開け閉めなども自動車の運行に含まれるので、ケガをした相手の人には、

    保険金が支払われます。ただし、車やバイクの修理代は支払われない。

 

【事例5】自宅で車庫入れをしている時に、誘導していた父親に誤ってケガをさせてしまった。

 

【解答5】ケガをした父親が車の持ち主であれば保険金は支払われないが、

    持ち主でなければ保険金が支払われます。

 

このように対人事故に関しては、自賠責保険で被害者の損害賠償ができるといっても、

全額まかなえるわけではありません。被害者を死亡させてしまった場合や、ケガをさせてしまった場合など、

ケースによって金額は決まっています。

 

もし、上記のような交通事故にあってしまい僕、私のケースはどうなんだろう~!??

 

など、疑問に思われた方は、尾張旭市、東山町、【うの整骨院】まで、

お気軽に安心してご相談くださいね!!

 

医療国家資格者が教える【自損事故】でも交通事故での施術は受けられるのか!??

2017.07.10 | Category: 交通事故施術

「車を運転中に信号で停車している車に突っ込んでしまった!」

「車を運転中に電信柱に自らぶつかってしまった!」

「車を運転中に居眠りしそうになり、ガードレールにぶつかってしまった!」

「車を前進させようとしたら、バックで急発進してしまいお店に激突した!」

 

 

など、事故を起こしてしまったが、

人にケガを負わせてしまうことなく、

自爆で、自分だけが事故の衝撃を受けて、

ケガをしてしまうケースもあるのではないでしょうか??

 

 

はっきり言って、自分が100%悪いのに、

自動車損害賠償保険を使用して、事故の施術が行えるのか??

 

 

っと、疑問に思う人も多いかと思います。

一般的な交通事故施術では、過失というものが発生し、

1%でも相手に非があるのであれば、相手方の自賠責保険を使用して、

交通事故施術を行うことができるのですが、

自分の過失が100%であれば、

相手の自賠責保険からは一切支払われない、

そもそも相手がいないため請求のしようがないため、

自賠責保険での施術は原則行えません!!

 

 

ごく稀に100%自分が悪い自損事故でのお車の事故で、

同乗者が車の持ち主でないケースでは、

自賠責保険での施術を行えることがありますが、

基本的には自賠責保険での施術は行えませんので、

そのあたりの認知は必要です!

 

 

そのあたりも含めて考えて・・・

自動車損害賠償保険を使用して、交通事故施術はできないかと言いますと、

そうではないケースもあります!!

それは、ご自分で加入している任意保険の一つである

人身傷害保険という保険にご加入していれば、

100%自分の悪い事故でも交通事故施術を行うことができます!!

 

 

しかしながら、任意保険ですので自賠責保険の国が定める

強制保険ではありませんので、加入の義務は発生していないため、

加入されていない方もいらっしゃいます!!

(※任意保険ですので、自動車保険の支払額は高くなりますので・・・)

 

もし任意保険である人身傷害保険にご加入されていない場合は、

残念ながら健康保険(※ケースバイケースですので要相談!)、

もしくは自賠責保険を使用しての施術は、

原則行えませんので、施術院などで施術をされる場合は、

自費施術になります!!

 

 

 

もし自損事故でおケガをされた場合や、

交通事故にあってしまい交通事故での施術ができるのか否か、

ご自分で判断できない場合などお困りの方は、

尾張旭市、東山町、【うの整骨院】までお気軽に安心してご相談くださいね!!

 

医療国家資格者が教える【姿勢が悪い人に起こる体への悪影響】

2017.07.03 | Category: その他身体の問題,ダイエット,腰痛,膝痛,首痛

普段から自分の姿勢の悪さを認識していても

姿勢の悪さから、首、腰、膝などが痛くなるなど

具体的な体の症状と直結するかわからないので、

「まぁ〜いっか。。。」

 

と、結局今まで通りの姿勢に戻してしまう方も

多いのではないでしょうか!?

 

 

まずは正しい姿勢とは、どのようなものかといのは、

下記の記事を参考にしてください!

 

【正しい姿勢】の記事 ← こちらをクリック!!

 

それで、この正しいバランスが取れていないと、

どんなことが人体 い起こるかと言いますと。。。

 

 

例えば猫背姿勢が強くなれば 

僧帽筋という筋肉や肩甲挙筋という筋肉が、

引っ張られる事で、肩こり、首こりなどの症状が強くなります!

 

 

【肩こり・首こり】の記事 ← こちらをクリック!!

 

 

また両肩が前方に位置する事で、

胸郭と言って、肋骨の全体像を見ると、

カゴ状になっているのですが、

そのカゴは、お笑い芸人のオードリー春日さんのような

少し胸をはっている状態の方が、

肋骨の稼働性が良くなります。

 

 

胸郭は、両肩が前方に位置することで、

背中は猫背傾向になり、

胸郭といわれる肋骨のカゴが膨らんで、

酸素を取り込むはずなのですが、

両肩が前に位置することで、

両肺が膨らみにくい状態を作ってしまいます!!

 

 

ご自分でやってみるとわかりやすいですが、

猫背姿勢ように前かがみで深呼吸するのと、

オードリーの春日さんのように

少し胸を張った姿勢で深呼吸するのとでは、

どちらが呼吸をしやすいでしょうか??

 

 

座った状態でも立った状態でも

正しい姿勢をしていると呼吸が深くなり、

酸素を十分に取り込めますが、

猫背姿勢が強い悪い姿勢場合では、

両肺が膨らみにくくなり、

酸素を呼吸で取り入れづらくなることで

身体全体が酸素不足を引き起こし

何だかわからないけど、調子悪いんだよなぁ〜!

 

 

みたいな事が発生します。

 

 

勿論、身体全体に酸素が行き渡らなくなれば、

少し動いただけでも酸素不足に陥り、

身体全体の代謝は悪くなるばかりか

冷え性になったり、むくんだりもします!

 

 

こうならないように普段から立ち方や座り方など

少しで正しい姿勢を意識することで、

健康を維持することが出来ますので、

 皆様もお気をつけてみてはいかがでしょうか?