TEL ネット予約 LINE

【ぎっくり腰】【ぎっくり背中】【寝違い】など痛みで何とかしてほしいのに、なぜ【病院(整形外科)】ではシップと痛み止めの薬、コルセットしか処方しないのか!? | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2017 5月の記事一覧

【ぎっくり腰】【ぎっくり背中】【寝違い】など痛みで何とかしてほしいのに、なぜ【病院(整形外科)】ではシップと痛み止めの薬、コルセットしか処方しないのか!?

2017.05.29 | Category: その他身体の問題,背部痛,腰痛,首痛

お婆ちゃんなどが尻餅を着いた時に、

地面からの衝撃で腰椎(腰骨)に衝撃が加わることで、

腰椎に起こる圧迫骨折などの骨折による腰痛、

背中の痛みを除いて、

(※骨折なら骨がくっつくまで絶対安静、絶対固定です!)

 

 

【ぎっくり腰】や【ぎっくり背中】などの腰や背部の痛み

【寝違い】やギクッと痛めた首の痛みで、

筋肉や関節の炎症が原因で痛めている場合の多くは、

 

 

【病院(整形外科)】などを受診すると、

 

 

医師の診察 → レントゲン

  → レントゲンや血液検査などの検査をもとに病名確定

        → シップや痛み止め、コルセットの処方

 

 

っという流れで終了してしまうケースがほとんどです。

 

 

ぎっくり腰、ぎっくり背中、寝違いなどの

急性期(要は、痛めた最初の時期)は、

筋肉や関節などの炎症が強いことが多く、

炎症は治まるまで72時間かかると言われています!

 

 

ですから通常【病院(整形外科)】に行くと、

シップやお薬とコルセットなどを処方して、

安静にして、炎症が治まるまで待っていてください!!

(自然治癒力に委ねてくださいとなるわけです)

 

 

 

そして、「まだ痛いようでしたら1週間後にまた診察を受けてください!!」

 

っとなるのが通常の流れです。

 

 

 

ぎっくり腰、ぎっくり背中、寝違いなどの

急性期(要は、痛めた最初の時期)に

マッサージや電気施術をする

【病院(整形外科)】は、ほぼありません!!

 

 

 

 

なぜなら、ただでさえ少しでも動くと痛む状態にも関わらず、

マッサージなどの手技療法や電気施術をして

痛めた場所(関節や筋肉など)に刺激を与えることで、

余計に炎症を増悪させてしまったり、

悪化させてしまう可能性があるからです!!

 

 

もし仮にリハビリなどで、ぎっくり腰、ぎっくり背中、寝違いなどの痛みで

手技をすることで自宅に帰ってから、痛みがひどくなった

なんてお客様に言われたらどうでしょう!??

 

 

恐らくお客様は色々な人に、

「あそこの病院(整形外科)に行ったら、余計に痛みがひどくなった!!」

 

なんて、悪い評判が立つ危険性もあるわけです。

 

 

それなら、病院(整形外科)側としては、

シップや痛み止めのお薬やコルセットを処方し、

様子をみてもらったほうが無難ですし、

今の状態から悪くなることは少ないでしょうから

安全パイを選択します!!

 

 

【病院(整形外科)】によっては、お客様の意向で

「痛くなっても知らないよ!!」

っと、医師に言われ、もしかしたら電気施術程度は

渋々応じるところがあるかもしれませんが、

基本、安静にしてシップと薬でしばらく様子をみてくださいとなるのが一般的です!!

 

 

 

当院では、【ぎっくり腰】【ぎっくり背中】【寝違い】などの

急性期(なったばかり)の疾患では、

MTS施術を中心にAKA施術を取り入れています!!

 

 

【ぎっくり腰】【ぎっくり背中】【寝違い】など、

上記にもお話ししましたが、

急性期の痛めた場所を直接、手技療法で調整するのは

さらに症状を悪化させてしまうため危険です!!

 

 

ロベット・ブラザーの法則というのがありますが、

首の骨は、腰の骨と互いに関係があることを示しています!!

 

 

 

これは、自分でやってみるとわかると思いますが、

例えば正面に対して、大きく首を右に向ける場合、

首の骨だけが単独でねじられているだけでなく、

腰の骨もそれに連動して動いていませんか??

 

 

このように首の骨と腰の骨は、

ロベットブラザーの法則によって、

首の骨と腰の骨は関係性を持っています!!

 

 

ですから、例えば【ぎっくり腰】で腰椎(こしぼね)が歪んで

痛みの原因を引き起こしていても首の骨を調整することで

腰の骨も連動して良い方向に調整することができ、

結果痛みも楽になるというわけです!!

 

 

これは、【寝違い】などの首の痛みも同様です!!

 

 

【寝違い】で頚椎(首の骨)が歪むことで痛みを引き起こしていても

腰の骨を調整することで、首の歪みを取り除くことで、

【寝違い】などの首の痛みが楽になることもあります!!

 

 

当院では、MTS施術を中心にAKA施術という

手技療法を駆使して、カイロプラティック専用ベットにて、

ソフトに頚椎(首の骨)や骨盤(腰の骨)を調整することで、

【ぎっくり腰】や【ぎっくり背中】、【寝違い】などの

急性期の疾患にも対応しています!!

 

 

【ぎっくり腰】【ぎっくり背中】【寝違い】などの急性疾患で、

病院(整形外科)に行ってもシップや痛み止めのお薬しかもらえず

何もしてもらえなかった!!

(※腰椎圧迫骨折のような骨折などの特殊な場合を除く)

 

っという方は、尾張旭市東山町うの整骨院までお気軽に安心して

ご相談くださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える交通事故施術をする場合【人身事故扱い】にしなくても問題はないか!?その後どうなるか教えます!

2017.05.22 | Category: 交通事故施術

交通事故施術で病院や接骨院、整骨院にて施術をする場合、

【人身事故扱い】にするかしないかで、迷うケースがあります!

 

 

そもそも交通事故にて【人身事故扱い】にすると、

どういう意味があるかを考えますと、

交通事故において「人のケガ」があったと証明するためです!!

 

 

よって通常ですと、病院や接骨院、整骨院で交通事故施術をする場合、

交通事故が起きた後、警察署に行き【人身事故扱い】にして、

交通事故施術をするのが通常な流れです!!

 

 

しかし、実際には警察署で【人身事故扱い】にせず、

【物損扱い】だけで処理された場合でも病院、接骨院、整骨院で

交通事故施術が行われているケースは、数々あります!!

 

 

このことは、被害者、加害者、担当保険会社、警察署のそれぞれの思惑がありますので、

そのあたりを中心にしてお話したいと思います!!

 

 

まず被害者が【人身事故扱い】にしないケースはどうかですが・・・

 

 

被害者が【人身事故扱い】にしなかった場合、2つの意味があります!!

 

 

1つは、【人身事故扱い】にしないと

交通事故の加害者に刑事罰や行政罰が与えられないという点です!!

 

 

要は、罰金や免許の減点がなくなるので、

免停にならずに済んだりします。

(※加害者側からしてみれば、ありがとうございます!!

  っと感謝されるかもしれません)

 

 

ですので、交通事故にあって、加害者の人がとても対応がよく、

誠心誠意悪かったです!!と謝ってもらうと

【人身事故扱い】にしなくても良いかなぁ~!??

 

 

っと、思ってしまいます!!

 

 

実際は、加害者側から個人的な交渉で【人身事故扱い】にはしないでください!!

 

っと、言ってくるケースは、こういった理由です!!

 

 

 

もう1つは、【人身事故扱い】にしない場合、

一番気になるのは、被害者側のおケガの状態です!!

 

 

基本的に【人身事故扱い】にしていないということは、

人のケガが発生しなかった事故であるということです!!

 

 

これは、施術の経過を見なくては判断できませんが、

おケガが酷い場合で施術が長期に渡りそうな場合、

もしくは施術を継続して6~9ヶ月を経過した場合、

しっかり治るまで施術が継続できないばかりか、

後遺障害認定というものがほぼ出来ません!!

 

 

なぜなら・・・

 

【人身事故扱い】にしていない=人のケガは発生していない!!

 

 

っという事故なのに、なぜ施術が長くなり、後遺症が発生するのか!??

 

 

っとなるからです!!

 

 

おケガの状況にもよりますが、あらかじめ軽微なむちうち症などの

軽い首の痛みで、3~4ヶ月程度で施術が終了しそうでしたら、

何も問題はない可能性は高いですが、

施術が長期になりそうな場合、保険会社の担当者様より

「もう来月から施術はできません!!」

 

っと、打ち切りされても仕方がありません。

 

 

ですから、交通事故施術でしっかりお身体を施術し、

しっかりサポートを受けられる体制を整えたいとお考えでしたら、

【人身事故扱い】にすることをお勧めします!!

 

 

次に加害者側においての思惑ですが、交通事故での加害者は、

まず積極的に【人身事故扱い】にすることはありません!!

 

 

なぜなら、さきほどもお話ししましたが、

刑事罰や行政罰が下されることになりますので、

罰金や免停になる可能性が高いため、

自ら率先して【人身事故扱い】にすることはありえません!!

 

 

加害者側からしてみれば、なんとか【人身事故扱い】にはしないでください!!

 

っとしたいところではあると思います。

 

 

次に保険会社の担当者様が【人身事故扱い】にしない場合の思惑ですが、

前述したとおり、

 

 

【人身事故扱い】= 人のケガがあった交通事故

 

 

の方程式が成り立ちますので、

交通事故施術が長期に渡りそうな場合や、

後遺障害認定になりそうな重度な交通事故のケガの場合、

早めに施術を打ち切れる理由が作れます!!

 

 

今までにそこまで酷い保険会社の担当者様は、

お目にかかったことはありませんが、

基本【人身事故扱い】にしていないのだから、

人のケガはなかった事故だから、

交通事故施術は長くできないんですよぉ~!!!

 

っと、言われ施術を打ち切りされても仕方がありません!

 

 

というより、施術を打ち切れる理由が作れます!!

(※早めに施術を止めさせる口実にもできます)

 

 

最後に警察が【人身事故扱い】にしない場合の思惑は、

交通事故の流れとして、

 

交通事故発生 → 直後に警察官が実況見分 

  → 日を改めて事故の実況見分 → 【人身事故扱い】で処理

 

 

っという流れになり、

 

【人身事故扱い】になる場合、

日を改めて被害者、加害者などに再度実況見分する手間と、

【人身事故扱い】にする処理の手間がさらにかかってくるため、

基本、軽微な交通事故で【人身事故扱い】にしたいと

被害者が警察署に申請する場合は、事務作業が増えるため嫌がります!!

 

 

その場合は、世間話みたいな感じで、

 

 

「あなた被害者だと思うけど、加害者によっぽど腹が立ったの??」とか、

「何か今回の交通事故でよっぽど不満があったの??」とか、

 

 

グチグチ言われます・・・

 

 

警察官も公務員ですので、毎月決まった給料をもらっているなら、

余計な仕事は増やしたくないはずですので、

【人身事故扱い】にする場合は、嫌な顔をされることもありますが、

そこは気にせず、しっかり手続きをされることをお勧めします!!

 

 

以上が【人身事故扱い】にした時としないケースのそれぞれの立場の思惑になります!!

 

 

僕の個人的な意見ですが、

 

 

交通事故を起こしてしまって、被害者になってしまった場合は、

交通事故施術を適切に受けるためにも、軽微な事故でも

【人身事故扱い】にしたほうが良いと思っています!!

 

 

もしかしたら、最初は大したケガではないと思っていても、

実は交通事故のケガが重症でなかなか良くならないケースに、

適切な施術や損害賠償が受けられない可能性がありますので。

 

 

もし、交通事故に不運にもあってしまい

交通事故施術などの相談をしたい!!

や、交通事故施術が受けたい!!

 

 

っと、お考えの方は、尾張旭市東山町のうの整骨院まで、

お気軽に安心してご相談くださいね!!  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える【肩こりと頭痛の関係】とその対処法を教えます!!

2017.05.11 | Category: AKA施術,MTS施術,肩痛,頭痛

一般的に【肩こり】になった場合に、

それを解消しようと試みる場合は、

左手、もしくは右手で首に近い肩を触り

肩を揉むしぐさをすると思います!!

 

 

【肩こり】の原因となる一般的に大きく関与している筋肉は、

「僧帽筋」という筋肉です!!

 

 

後頭部の中央に骨の出っ張りがありますが、

その出っ張りは、解剖学的に外後頭隆起と言われ、

その下が『盆の窪』(ぼんのくぼ)と言われるくぼみがあります!!

 

 

『盆の窪』の両脇を揉んで気持ち良い場所は、

天柱(てんちゅう)と言われる首コリや頭痛、眼精疲労に効く

ツボですが、指を上にあげていくと骨にあたる部分が

ちょうど外後頭隆起からすじ状にあるものがあると思います!!

 

 

それが、【肩こり】の原因となっている

左右の「僧帽筋」が骨についているところになります!!

 

 

「僧帽筋」は、肩から首、頭についているため、

【肩こり】、つまり「僧帽筋」がこり過ぎると

片頭痛になることも考えられます!!

 

 

よく後頭部がズキズキと痛くなる頭痛になる人がいますが、

何日か続き、心配になって脳神経外科で診てもらい

CT検査で調べてもらっても脳には、何も異常がみられない

ケースがあります!!

 

 

その場合は、

 

 

「首の骨が神経に触っているので、頭痛になっているのでしょう!!」

「大後頭神経痛です!!」

 

 

と、医師に診断される場合があります。

 

 

その頭痛の起こる場所は、上項線といって、

外後頭隆起からおおよそ頭の真横に線を引いた部分から、

上の部分で、首筋やうなじなどの場所と違い、

皮膚のすぐ下に骨が触れられる部分から

頭のてっぺんにかけて痛みます!!

 

 

そこには頭痛の原因である「大後頭神経」が走行しています!!

 

 

その「大後頭神経痛」の原因は、3つあります!!

 

【1】首の骨が変形して神経を圧迫している

【2】筋肉やその筋肉を包んでいる筋膜により、神経が締め付けられている

【3】神経そのものに腫瘍(できもの)などの病気がある

 

 

その中でも一番考えられる大きな原因としては、

【2】がもっとも多い原因であると考えられます!!

 

 

「大後頭神経」は、脊柱(せぼね)の中の頚椎(首の骨)の

1番(環椎)と2番(軸椎)の間から出て、

後頭部の皮膚に連結している神経です!!

 

 

出入り口になる骨の間で圧迫を受けると、

痛みやしびれなどが起きやすくなります!!

 

 

これらの骨の周囲には、頭を支えたり

頭を自由に動かすために、皮膚から表面に近い場所にある

「僧帽筋」をはじめとして、深部まで様々な筋肉が重なっています!!

 

 

その多くの筋肉の隙間を走行する「大後頭神経」は、

さきほども出てきました天柱(てんちゅう)のすぐ上のところで、

筋肉を貫いて頭の方に走行しています!!

(※筋膜も貫いている)

 

 

【肩こり】の原因である「僧帽筋」や

その周囲の筋肉が緊張しすぎると

とくに筋膜を貫く場所で神経が締め付けられ、

頭痛やしびれが起こりやすくなります!!

 

 

【肩こり】になる → 「僧帽筋」が緊張する

  → 「大後頭神経痛」が起こる → 「片頭痛」が起こる!!

 

 

っと、いう図式が成り立つのです!!

 

 

尾張旭市東山町うの整骨院では、

【肩こりからくる頭痛】の施術法としては、

MTS施術(脳脊髄神経機能調整施術)および

AKA施術(関節運動学的アプローチ法)にて、

施術にあたります!!

 

 

【肩こり】は、多くの場合、姿勢との因果関係があり、

MTS施術やAKA施術による施術で、骨格や神経を正常に整えることで、

筋肉の緊張を緩解し、頭痛などの症状の軽減に効果が期待できます!!

 

 

また当院では、日常でできる【肩こり】に効果がある

肩甲骨の体操や姿勢などをアドバイスし、

ご本人様にも自ら治すという気持ちをもっていただくようお伝えしています!!

 

 

こちらのブログ記事も参考にしていただけると良いです!!

(※【肩こり】を予防するための肩甲骨エクセサイズのやり方と

 注意点などの記事があります!)

          ↓

http://uno-seikotsuin.com/post/post-5060

 

もし【肩こり】からくる頭痛にお悩みの方は、

一人で悩まず尾張旭市東山町うの整骨院まで

安心してお気軽にご相談くださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える【ぎっくり腰】の原因と実際に起こってしまった時の対処法を教えます!!

2017.05.08 | Category: AKA施術,MTS施術,腰痛

ぎっくり腰は、「魔女の一撃」と言って、

ドイツ語から来るそうですが、

正式名称は・・・

 

急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)と言います!!

 

 

ぎっくり腰の起こる場所は、様々ありますが、

ほとんどのぎっくり腰の原因は、

仙腸関節の関節炎が代表的です!!

 

 

仙腸関節は、下の図でもお分かりになるように、

脊柱(背骨)と頭蓋骨(頭の骨)や肩、腕、指など

上半身と下半身をつなぐ唯一の関節です!!

 

  

                 

                        

 

しかもその関節は、前仙腸靭帯、後仙腸靭帯などの靭帯で

その関節の安定性を保っており、解剖学的にはまったく動かない

不動関節と言われています!!

(※下の図で骨と骨の関節をつなぎとめている白いものが靭帯です)

 

 

 

しかしながら、

 

その仙腸関節は、わずかですが2mm~3mmほど

実際は動くと言われています!!

 

 

その仙腸関節が硬くなりすぎたり、緩みすぎたりすることで、

仙腸関節やその周囲の腰の筋肉に負担がかかり、

ぎっくり腰などの腰痛が起こりやすくなります!!

 

 

仙腸関節は、脊柱(背骨)と頭蓋骨(頭の骨)や肩、腕、指など

上半身と下半身をつなぐ唯一の関節ですから、

上半身にかかる荷重は、すべて仙腸関節にのしかかるため

その関節が機能的な異常をきたし、仙腸関節炎などの

ぎっくり腰などの腰痛を起こしやすくします!!

 

 

上記の説明で主に起こりやすい【ぎっくり腰】などの

腰痛の原因はわかったと思いますが、

では、実際に起こってしまった場合は、

どうすれば良いでしょうか!??

 

 

ぎっくり腰などの急性腰痛症になった場合は、

まず病院(整形外科、外科)でレントゲンをとってもらい

骨に異常がないか確認しましょう!!

 

 

お年寄りの方などで、時々、重い荷物を中腰姿勢で持ち上げた際に、

よろけて尻もちをついてしまい【ぎっくり腰】になった!!

 

 

っと、いう人がいますがその場合、

尻もちをついた時の衝撃で、

腰椎(腰骨)に軸圧がかり、

腰椎圧迫骨折になっている時があります!!

 

 

骨折の場合は、接骨院、整骨院、整体院、カイロプラティックなど

にいって、マッサージや矯正施術に行って、

筋肉をほぐしたところで、骨が折れているから痛みを発している

もしくは、骨折している場合は、とにかく動かさないのが重要なのに、

矯正施術でバキバキ調整したら、治るどころか酷くなります!!

 

 

一般的に病院(整形外科、外科)で、レントゲンで確認し、

骨に異常がない場合は、ほとんどの場合、

腰のコルセットや痛み止めのお薬を処方されます!!

 

 

その後、2、3日経っても痛みが変わらない

もしくはひどくなっている場合は、

接骨院、整骨院などの施術院に行くことをお勧めします!!

 

 

一般的に筋肉や関節に炎症反応があった場合は、

72時間(3日間)は、炎症が残る場合が多いです。

 

 

痛みがあるとどうしても早く良く治したいと

施術院に行かれる人が多いですが、

施術を受けることによって、

痛めた場所の血流が良くなると、

より炎症が加速し、

ひどくなることもあるからです!!

 

 

ぎっくり腰などの腰痛が起こり、

2~3日たった後であれば炎症反応も幾分おさまっていることも多く、

そこで、お身体の調整をするとすぐに良くなることが多いです!!

 

 

また【ぎっくり腰】などの急性腰痛症になった場合は、

もし持っているのでしたら、すぐに

腰痛ベルト(コルセット)を着用することをお勧めします!!

 

コルセットの付け方などは、こちらを参考にしてください!!

         ↓

http://uno-seikotsuin.com/post/post-5052

 

 

【ぎっくり腰】などの急性腰椎症は、痛めた部分の筋肉や靭帯に炎症が起こり、

痛くなっている場合が多く、腰などを動かすと痛くなるわけですから、

動きづらくする腰痛ベルト(コルセット)を着用することで、

腰の痛みはかなり楽になります!!

 

 

また冷シップなどのシップを腰痛などの痛みがある場所に、

直に貼っていただくことをお勧めします!!

 

 

シップは、インドメタシンなどの除痛効果のある成分が含まれています!!

 

痛みのある場所に直接貼ることことで痛みを取り除く効果があります!!

 

 

上記の対処法を実施していただき、2~3日経ってもまだ痛む場合は、

早急に尾張旭市東山町うの整骨院までご相談ください!!

 

 

病院(整形外科、外科)でレントゲンで骨に異常がなければ、

あとは筋肉や靭帯、骨格のバランスが原因で痛めているわけですから、

身体を正常な状態に調整することで、人間の治癒力を増進させ、

【ぎっくり腰】などの腰痛の早期回復が期待できます!

 

 

出来る限り早く対処したほうが早く治る可能性が高いですので、

寝れば治るといつまで待っていても痛みは良くなりませんから、

安心してお気軽にご相談くださいね!!
 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える【交通事故後におケガをした場合、診断書はどこでもらえるか?】?

2017.05.04 | Category: 交通事故施術

交通事故後におケガをした場合に、

保険会社の担当者様より、おケガを証明する

【診断書】をもらってください!!

 

 

っと、言われる場合があります。

 

 

 

交通事故後は、物損関係の修理の会社や、

自分の入っている保険会社の担当者、

事故をした相手の保険会社の担当者など、

様々な人から電話がかかってきます!!

 

 

ただでさえ、交通事故でパニックになっているのに、

あちこちから電話がかかってきて対応に追われ、

頭がゴチャゴチャで、どうしたら良いかわからなくなることがあります!!

 

 

交通事故でのおケガをした場合の施術に、

必要になってくる【診断書】ですが、

どこでもらえば良いのでしょうか!??

 

 

交通事故のおケガの診断書は、

単刀直入に言いますと、

 

 

病院です!!

 

 

病院の中でも、内科や脳神経外科、産婦人科、泌尿器科とかではなく、

必ず整形外科か外科の名のつく病院にいくことが大切です!!

 

 

そもそも

 

 

交通事故だけでなく、

すべての痛みや病気などの

診断ができるのは医師(医者)だけです!!

 

 

接骨院や整骨院でも交通事故後のおケガの施術を行うことは可能ですが、

接骨院や整骨院の先生は、

柔道整復師という国家資格であって、

医師(医者)では、ありません!!

 

 

よって、柔道整復師は診断行為自体行えません!!

診断した場合は、医師法違反になり罰せられます!!

 

 

ですから、

 

【診断書】を貰う場合は、

必ず病院でもらってきてください!!

 

 

今までのご説明で【診断書】は、

病院でもらうことは理解できたはずですが、

さらにその中でも

 

 

整形外科または外科で【診断書】を出してもらうのが良いでしょう!!

 

 

内科や眼科、耳鼻科などの病院でも、医師がお客様を診ているわけですが、

交通事故に限らずケガに特化している専門外来は、

整形外科 または 外科 の医師(医者)です!!

 

 

内科や眼科、耳鼻科、歯科などの病院の先生も

医師(医者)には変わりありません!

 

 

医師(医者)は、医業といわれる医業全般を取り扱えますが、

医療は範囲が広い上に、医師(医者)の諸先生方にも分野によって、

得意、不得意分野があるはずです!!

 

 

やはり胃腸など内臓系専門にやっている内科の先生に、

交通事故などのおケガを語られても説得力がないですし、

外来にやってくるお客様も少ないでしょう!!

 

 

そのような内科の先生が、本当に交通事故でのおケガを

しっかり診れているかなど疑問が残ります!

 

 

よって、とどのつまり交通事故後のおケガで、

 

 

【診断書】をもらう場合は・・・

 

 

病院の中でも「整形外科」「外科」に

もらう必要があると思います!!

 

 

そして、【診断書】をもらった後は、

尾張旭市東山町うの整骨院で、

交通事故専門施術に特化した施術を受けていただき、

早期に交通事故でのおケガを

改善することをお勧めします!!

 

 

※ 参考ブログ記事は、こちらです

  ↓   ↓   ↓   ↓    ↓

http://uno-seikotsuin.com/post/post-5089

 

 

 

 

もし、交通事故後に交通事故施術を行う予定で、

どうしたら良いかわからなかったり、

疑問なことがありましたら、

尾張旭市東山町うの整骨院まで、

お気軽に安心してご相談ください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える交通事故施術での【病院(整形外科)】と【接骨院・整骨院】での違いとは!??

2017.05.01 | Category: AKA施術,MTS施術,交通事故施術,肩痛,腰痛,首痛

交通事故施術において自賠責保険を使用して施術する場合は、

厚生労働省が認定している病院(整形外科)または、

接骨院・整骨院でしか施術はできません!!

 

 

要は・・・

 

 

保険が使える=国が認定している機関【病院(整形外科)・接骨院、整骨院】

 

 

っと、いう図式が成り立ちます!!

 

 

しかし、

 

【病院(整形外科)】と【接骨院・整骨院】では、

交通事故の施術を行った場合、何が違うのか!??

 

 

っと、思われる方も多いと思います!!

 

 

ですので、本日は、その違いについてお伝えしたいと思います!!

 

 

まず

 

病院(整形外科)での施術を説明致します。

 

 

病院(整形外科)では、医師が診察を行い、

医師の指示のもと、リハビリテーション(※以下リハビリと略します)を行っています。

 

 

病院(整形外科)では、診察の情報(レントゲン)などをもとに

診断した結果、薬やシップなどの薬物療法を行います!!

 

 

それと同時にリハビリといって、

俗にいう電気施術と罨法療(温めたり、冷やしたりすること)

マッサージ、ストレッチなどの施術を行います!!

 

 

基本、リハビリは病院(整形外科)でも

接骨院や整骨院で開業するために必要な国家資格である柔道整復師や、

あんま・はり・灸・マッサージ師などの国家資格者が行うことが多いです。

 

 

病院(整形外科)にも理学療法士という国家資格者がいるのですが、

日赤や市大病院などの大きい病院を除いて、

ほとんどの個人クリニックは、交通事故施術で理学療法士が

施術に関与していることは少ないです!!

(理由は、またお話します)

 

 

これが個人クリニックなどの病院(整形外科)で行われている主な施術です!!

 

 

対して、【接骨院・整骨院】での施術は、

そもそも接骨院・整骨院の先生は、

柔道整復師という国家資格者を所有し、

医師ではないため、病名を診断したり、

薬やシップなどを処方したり出来ません!!

(※医師法や薬事法違反になるため)

 

 

接骨院・整骨院では、電気施術や罨法療マッサージ、ストレッチ、

矯正施術などの施術しか行えません!!

 

 

そこで、一つ思うのが・・・

 

 

「あれ!??病院(整形外科)でも接骨院・整骨院でも

 薬やシップを出すこと以外は、変わらないじゃん!?」

 

 

っと、思われる方が多いと思います。

 

 

確かに病院(整形外科)と接骨院・整骨院の違いとして、

接骨院・整骨院では薬やシップなどが出せないので、

病院(整形外科)だけで施術すれば良いのでは??

 

 

っと、思われる方も多いでしょう!!

 

 

しかし、病院(整形外科)と接骨院・整骨院との大きな違いは、

【手技にかけられる時間や質が違う

という点が一番大きいです!!

(※電気施術と罨法療は、病院(整形外科)と

  接骨院・整骨院でも一緒で大差ありません!)

 

 

 

どういうことかと言いますと・・・

 

 

病院(整形外科)での手技は、

とにかく痛めている場所をマッサージやストレッチなどで

緩めることで症状を軽減しようと試みるのみです!!

(対症療法です)

 

しかも、その時間は5分~10分、長くて15分以内です!!

 

 

施術の質としても病院(整形外科)に従事している

柔道整復師やあんま・はり・灸・マッサージ師の人は、

資格を所有して5~7年以内の人が多く、

本当に症状を改善できる、結果を出せる実力があるなら、

自分で開業して接骨院・整骨院なり

自分のお店を持って施術にあたっています!!

 

 

そもそも病院(整形外科)で雇われ従事者ということ自体で、

自分の腕だけで、ご飯を食べていける自信がないから、

雇われているわけです!!

 

 

一概には言えませんが、その時点で施術の質が疑われます!!

 

(※個人的な意見ですので、賛否両論あるとは

 思いますのでご了承ください!!)

 

 

また基本、病院(整形外科)では来患するお客数が、

接骨院・整骨院より圧倒的に多いのが特徴です!!

 

 

そうなるとお客様を手技する先生の人数は多くなるため、

お客様が満足していただくためには、

手技の質や時間は、どんな先生が行っても

ある程度一定でなくては、なりません!!

 

 

そうなると痛みのある場所のマッサージやストレッチなどの方法も

どんな人が来てもある程度同じ場所を同じように

マッサージしたり、ストレッチすることしか出来ません!!

(先生によって手技が違うと、あの人がいい!とか

 あの人は、やだ!とかクレームになるため・・・)

 

 

また基本、健康保険を使って施術を受けに来ている

(四十肩やぎっくり腰、腰痛、膝痛、肘痛など)

お客様とほとんど全く同じ手技と施術時間になることが多いです!!

(※沢山の他のお客様がいるので、交通事故お客様だけ特別に診れない!)

 

 

なぜなら症状が重症になりやすい交通事故お客様は、

特に入念に施術に当たらなくてはならないのですが、

1人のお客様に手技であまりに多くの時間をかけたり、

特定の1人~2人が特殊な手技をしてしまうと

1人にかかるリハビリ自体の時間が多くかかったり

手技の上手な「あの人にやってほしい!」という問題が発生し、

お客様の待ち時間がとても多くなり、クレームとなり、

リハビリ自体が回っていかなくなります!!

 

 

単純に言えば、

病院(整形外科)などのリハビリは、

とても沢山の多くのお客様が施術に来ることが多いので、

お客様を工場のライン作業のように

【同じ手技を同じ時間で、

淡々と行っているだけ とも解釈できます!!

 

 

その逆で、

接骨院・整骨院では病院(整形外科)ほど

お客様が来患することがありませんし、

先生自体も少ないことが多いです!!

 

 

それですと手技にばらつきが少なく、

お客様のどこが悪くてどのように促したら

症状が改善するかなどをじっくり検査し、

施術することができます!!

 

(注)接骨院・整骨院でも沢山の先生がいるところは、

   ほとんど病院(整形外科)とやってることは

   変わらないので注意が必要です!!

 

 

尾張旭市東山町うの整骨院では、先生は私一人で施術にあたっています!!

    

 

交通事故でのおケガは、首痛などのむちうち症、肩の痛み、

腰痛など、様々な不快な症状が奥に残ることが多いと認識しています!!

 

 

身体の全身のバランスや関節の動き、筋肉の状態などを

触診、視診、カウンセリングなどを含めて、入念に検査します!!

 

 

施術もAKA施術、MTS施術である特殊専門手技施術によって、

AKA施術では、骨などの関節機能異常の改善を促し、

MTS施術では、脳脊髄神経機能を調整することで、

痛みやしびれなどの知覚神経、筋力低下などの運動神経に働きかけることで、

人間が元来もっている自然治癒力を促す施術を行っています!!

 

 

 

当院で施術を継続していただきますと、交通事故を起こした前より

体調が良くなった!!とか、調子が良くなってる!!

 

 

っと、言われる方が多いです!!

 

 

もし、交通事故にあってしまい交通事故施術でどこに行ったらよいか!??

 

お困りの方は、尾張旭市東山町うの整骨院まで、

お気軽に安心してご相談ください!!