TEL ネット予約 LINE

顔面神経麻痺(ベル麻痺) | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2014 9月の記事一覧

顔面神経麻痺(ベル麻痺)

2014.09.29 | Category: その他身体の問題

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「顔面神経麻痺」についてお話します!!

 

「顔面神経麻痺」は、ほとんどの場合原因が不明といわれています。

アレルギー、局所の浮腫、ウィルス感染、寒冷にさらされすぎたりといったものも

原因となることもあるといわれます。

 

顔面神経麻痺は、ベル麻痺とも呼ばれ

顔面の半分の筋肉が麻痺することにより、

顔にしわが寄らないとか、

目を閉じられない

よだれが止まらない

口笛がふけないなど様々な異常が現れます。

 

顔面神経麻痺は、ウィルスによっても起こる可能性があり、

ヘルペスウィルスの感染によって発症することもあります。

もし顔面神経麻痺が発症する前に

耳の中に痛みがあったり、水泡(みずぶくれ)が身体に起こるようでしたら

その可能性は高いと思われます。

 

顔面神経麻痺の施術と致しましては、

ヘルペスウィルスなどのウィルスが原因の場合は、

薬物療法によって改善することもあるかもしれませんが、

そうではない場合は、顔面の筋肉を緩めたり、

MTS療法により、脳脊髄神経機能を調整することにより

顔面神経麻痺が改善する可能性もあります!!

 

もし顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症状でお困りの方は、

うの整骨院までお気軽にご相談ください!!

 

 

 

 

足底筋膜炎(足底腱膜炎)

2014.09.28 | Category: 足痛

おはようございます!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「足底腱膜炎(足底筋膜炎)」についてお話します!

 

「足底筋膜炎(足底腱膜炎)」とは、足の裏(土踏まず)が痛くなる症状です。

特にマラソンや走るスポーツなどで起こりやすく

踵骨(かかとの骨)と足底腱膜のつなぎ目で痛みを感じます。

これは、足底の運動によって踵骨(かかとの骨)と足底腱膜との間で、

牽引力(ひっぱる力)がかかり、炎症が起きるのです。

 

また朝起きた時の第一歩目で痛くなることが多いです!

 

足底筋膜炎の施術としては、

身体のバランスを診ながら、

施術していくことが大切です!!

 

MTS療法やAKA療法により、身体のバランスを整え、

痛みの根本原因を探していき、

調整することでとても症状が和らぐというお客様が

多くいらっしゃいます。

 

また当院では、

足底筋膜炎に効果的なストレッチなど

をアドバイスさせて頂いております!!

 

もし足底腱膜炎の症状でお困りの方は、

うの整骨院までお気軽にご相談ください!!

 

 

 

サッカーのケガについて

2014.09.27 | Category: 腰痛,膝痛,足痛

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「サッカーのケガ」についてお話します!!

 

「サッカーのケガ」については、

様々あるかと思いますが、

 

①足関節捻挫・・・他の選手との接触にてバランスを崩し、足首を捻ったりします。

②打撲・・・接触プレーも多いのでぶつかることで痛めます。

③腰痛症・・・ヘディングやスローイングで腰を反った際に痛めやすいです。

④肉離れ・・・特に腿(もも)やふくらはぎの筋肉に起こりやすいです。

⑤鵞足炎・・・長距離を走ったり、サッカーボールを蹴った時に起こりやすいです。

⑥中足骨骨折・・・第2、第3、第5中足骨(足の甲の骨)に起こりやすいです。

⑦膝関節の靭帯損傷・・・十字靭帯や側副靭帯に起こりやすいです。

                特に前十字、内側側副靭帯に多いです。

⑧膝蓋靭帯炎・・・膝のお皿のすぐ下に圧痛や腫れがある。

⑨オスグット病・・・成長期にみられるお皿と下腿骨とをつなぐ靭帯が

            下腿の骨を引っ張ることで起こる剥離により、

            お皿の下がボコッと隆起(でっぱり)しやすい

⑩ランナー膝・・・膝蓋靭帯炎、膝蓋骨軟化症、腸脛靭帯炎、鵞足炎などの膝の痛み

などが考えられます。

 

当院では、そういったサッカーのケガに対しては、

MTS療法やAKA療法により、痛みの根本原因を見つけ出し

アジャスト(調整)することにより、痛みの緩和を促します!!

 

もし、サッカーのケガについてお困りの方は、

うの整骨院までお気軽にご相談ください!!

 

 

バレーボールのケガについて

2014.09.26 | Category: 手痛,腰痛,膝痛

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「バレーボールのケガ」についてお話します!

 

「バレーボール」というスポーツは、

トス、アタック、ブロック、レシーブなどの動作を行い、

それぞれの動作に関節など様々部分を痛めやすいです。

 

特に起こりやすいのは、

レシーブやブロックなどでの「突き指」

アタックなどで腰を捻る動きで起こる「腰痛」、

アタックにおける「肩痛」、

ブロック、アタックなどのジャンプ動作にて起こりやすい「膝痛」

があるかと思います。

 

「突き指」に関しては、第1関節部分に捻りの動きや、

過伸展(過度に伸ばされる)することにより、

靭帯損傷や骨折が起こることあります。

 

マレットフィンガーと言って、

第1関節が手のひら側に曲がったまま

伸びきらなくなる場合もありますので、

ケガをした場合は、早急に処置する必要がありますが、

自己判断に絶対に痛めた関節部分を引っ張ってはいけません。

 

次に「腰痛」ですが、アタックの動作をした場合、

右利きの人は左に腰を捻ります。

練習にて何回も何回もアタックをしていると

腰に過度な捻転力(捻り動作)が加わり、痛めることが多いです。

特に17、18歳あたりの子になりますと、

腰痛の中でも「腰椎すべり症」「腰椎分離症」が起こりやすくなります。

 

さらには、「肩痛」に関しては、

スパイク時の打点が後方にある場合は、肩を痛めるケースが高いので

フォームの修正も必要かもしれません。

 

また「膝痛」に関しては、

アタックなどによる度重なるジャンプ動作によってジャンパー膝や、

膝の内側の靭帯、内側側副靭帯や

膝のクッション作用をしている内側半月板、

また膝の前方向の動作を制御する前十字靭帯などを痛めやすくなります。

 

こういったバレーバールのケガには、

当院では、MTS療法や、AKA療法により、

痛みの根本原因である場所を探し出し、

施術することでとても痛みがとても和らぐと

おっしゃるお客様が多いです。

 

もしバレーボールのケガでお悩みの方は、

うの整骨院までお気軽にご相談ください!!

 

 

 

ドライアイ

2014.09.25 | Category: その他身体の問題

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「ドライアイ」についてお話します!!

 

「ドライアイ」とは、涙の分泌量が減少したり、

涙の量は十分でも質が悪くなったりして、

目の表面を潤すような力が低下している状態を言います。

 

最近では、パソコンやスマートフォン、ゲームなどの

大幅な普及によって、特にドライアイの人口は増加しています。

 

「ドライアイ」の症状は、

①目の乾燥

②目の痛み

③目の異物感

④目の疲労

⑤まぶしくなる

などの様々な慢性の不快感が起こります。

 

簡単な「ドライアイ」の検査としては、

10秒間瞬きせずに目を開けていられるか??

をご自分で検査すると良いかと思います。

 

また病院での検査では、

涙の量を調べるために「シルマー検査」というものを行います。

これは、ろ紙を使用し、瞼のふちに挟み

5分間どれぐらいの長さの涙が流れるかの検査です。

 

「ドライアイ」の施術と致しましては、

眼科などの病院へ行くと、

点眼薬や涙の生理的排出を防ぐような

涙点プラグをする施術をする場合もあります。

 

当院では、「ドライアイ」の施術と致しましては、

自然治癒力の増大を図るため

MTS療法にて施術をしております!

MTS療法にて身体のバランスを調整し、

身体が整ってくると、とても症状が楽になる方もいらっしゃいます。

もしそいった症状でお悩みの方は、

お気軽にうの整骨院にご相談ください!!

 

 

リウマチ

2014.09.24 | Category: その他身体の問題,女性の問題

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野彰男です。

 

今回は、「リウマチ」についてお話します!

 

「リウマチ」とは、自己免疫疾患であり、

通常は、ウィルスや細菌などの外敵をやっつける

免疫というものが人間には備わっているのですが、

攻撃対象が外敵ではなく、

自分を敵だと勘違いして攻撃してしまうことにより

関節、または関節周囲の骨、筋肉、腱などが痛む病気です。

総称してリウマチや、リウマチ性疾患と呼びます。

特に女性の30代~50代に多く、

関節におけるリウマチが最も多いです。

 

リウマチの特徴としましては、

主に手足の関節が腫れたり痛んだりします!

また朝に手足がこわばったりするのも特徴です。

進行していきますと、手足だけにかかわらず

全身に痛みが出てくることもあります。

酷くなってきますと、手首から下が小指側に曲がってしまうような

変形も起こすことがあります。

 

施術法と致しましては、

薬物療法が主になると思われます。

 

当院では、自己免疫疾患に対しては、

自然治癒力を最大限に向上させるために

MTS療法で施術をし、身体が間違った方向に

進まないよう正常な状態にしていけるよう施していきます。

 

もしリウマチなどの自己免疫疾患にて

お困りの方は、うの整骨院までお気軽にご相談ください!!

 

 

 

 

マラソン

2014.09.23 | Category: ランニング

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「マラソン」についてお話します!!

 

一言で、「マラソン」と言ってもとても幅広いのですが、

一般的なマラソンは、皆様ご存知の通り、

42.195kmのマラソンです。

 

最近では、市民ランナーの方が、

とても街に見かけるようになり、

ランニングをする方が多いですが、

マラソンなどの長い距離を走るには、

やはりそれなりの練習をしていないと走り切ることができません。

 

ほとんど走っていない人が、

明日マラソンを走ろう~!!

っと、言っても恐らく10kmいくかいかないかあたりで

走れなくなってしまうと思います。

 

私の考えと致しましては、

マラソンを走るための練習を今日からすると言うのでしたら、

まずマラソンを走り切るのが目標で、

そのマラソンのレースを走る日が、一つの目標とすると、

ゼロスタートですと、6か月あたりみたほうが

ケガをすることなく、順調に走り切れるのではないかと思います!

 

練習の例と致しましては、

1~2か月で、10kmのレースを走る走力をつける

3~4か月で、ハーフマラソンを走る走力をつける

5~6か月で、マラソンを走り切る走力をつける

 

こういった感じで、徐々に距離を増やす練習を組み立てていきます。

 

もしマラソンをこれから始めようと考えていて、

どうしたら良いのかわからないという方は、

うの整骨院までお気軽にご相談ください!!

メニエール病

2014.09.22 | Category: その他身体の問題

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「メニエール病」についてお話します。

 

「メニエール病」とは、耳の内耳性のめまいのことを言います!

 

「メニエール病」は、女性に多く、30代終から40代前半に多い病気です。

また几帳面な性格で、神経質な面を持つ方が多いようです。

精神的、また肉体的な疲労が多い人や、ストレスや睡眠不足などの人に

多くなりやすいとの統計が出ています。

 

この病気の症状は、

突然発生するグルグル回るような

回転性のめまいが特徴です!

 

めまいは、およそ30分から数時間続くこともあります。

まためまいのほかに、吐き気、冷や汗、嘔吐、脈が速くなる、顔面蒼白などの

症状が出る場合もあります。

 

西洋学的施術としては、主に薬物投与です。

内耳の神経の細胞、神経活動の改善を目的として、

ビタミン剤(ビタミンB12)や末梢血流改善剤を用いることもあります。

また手術療法という手段もあるようです。

 

当院では、メニエール病の施術といたしましては、

MTS療法やAKA療法において、

身体のバランスを整えるのと同時に、

頭蓋骨(蝶形骨など)も施術対象として

調整(アジャスト)していきます!!

 

もしメニエール病の症状で、お困りの方は

うの整骨院までお気軽にご相談ください!!

 

手足のシビレ

2014.09.21 | Category: 手痛,手首痛,足痛

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「手足のシビレ」についてお話します!

 

そもそも「シビレ」とは、大きく大別できるのですが、

・神経が原因のシビレ

・血管が原因のシビレ

に分けられます。

 

またホルモンバランスの崩れによって起こるものや

脳や精神的なものから起こるものまであります。

 

そして、ほとんど場合が痛みと伴っていることです!

 

一概には言えませんが、

上半身のシビレに関しては、首が原因になっていることが多く

また下半身においては、腰が原因でシビレを引き起こしている場合が多いです。

 

またホルモンや血管、脳などが原因の時は、

手足の両方にシビレが起こることもありますので、

そのようなときは、早急に病院などの医療機関行くことをお勧めいたします。

 

病院などを受診し、それでもなかなか症状が良くならない場合もあります。

手がシビれるからと言って、手だけをマッサージしていたり、

足がシビれるからと言って、足だけをマッサージしていても

大元の原因である首や腰を施術していかなければ

一向に良くなっていかないことが多いです。

 

当院では、

「シビレ」の施術といたしまして、

MTS療法やAKA療法において、

シビレの根本原因である箇所を突き止め

施術することでシビレの度合いが、

減少していくよう施術していきます!

 

もし「手足のシビレ」でお悩みの方は、

うの整骨院までお気軽にご相談ください!!

 

 

不眠症

2014.09.20 | Category: その他身体の問題

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「不眠症」についてお話致します!!

 

「不眠症」とは、その名の通り、眠れないことを言うのですが、

不眠症には、4つの不眠症状に分けられます。

 

①なかなか寝付けない(入眠困難)

②思っていたより早く目が覚める(早朝覚醒)

③睡眠維持ができない(中途覚醒)

④なかなか身体の回復感がない、質の悪い睡眠が続く(熟眠障害)

 

の4つが挙げられ、週に3回程度経験し、1か月以上続くに

不眠症が疑われます。

 

では、なぜこのような不眠症になるのか・・・

 

①環境・・・ 寒すぎたり、暑すぎたり、周りがうるさすぎて眠れないなど

②体調が悪い・・・咳が止まらなくなる、かゆすぎて眠れないなど

③ストレス・・・うつ病や不安障害、悩み事や不安などにより眠れないなど

④生理的要因・・・看護師など昼夜の勤務時間が日によってバラバラなどで眠れないなど

⑤疾患によるもの・・・睡眠時無呼吸症候群やむずむず症候群などで眠れない

 

などがあります。

 

では、こういった症状が出た場合にどうするか??

 

施術に関していえば、

不眠障害は、自律神経系の影響が大きいですので、

当院では、MTS療法やAKA療法によって調整していきます!

 

調整していきますと

とても不眠症が楽になったと言われる方が多いです。

 

もし不眠症でお困りの方は

うの整骨院までお気軽にご相談ください!!「