TEL ネット予約 LINE

親が【腰痛持ち】だと、子供も将来【腰痛持ち】になる!!って、本当なの!?? | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷の記事一覧

親が【腰痛持ち】だと、子供も将来【腰痛持ち】になる!!って、本当なの!??

2018.02.19 | Category: 腰痛,骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷

本日は・・・

 

親が【腰痛持ち】だと、

子供も将来【腰痛持ち】になる!!

って、本当なの!??」

 

について、お話したいと思います!!

 

 

この発言を聞くと・・・

 

 

何だか「腰痛」は、

遺伝的な要素があるのではないか!??

 

 

っと、思ってしまうと思いますが・・・

 

 

結論から先に申し上げますと、

僕は、絶対にNO!

だと、思っています!!

 

 

確かに遺伝的に親と骨格的な要素は、

似る傾向にありますが、

それが直結して【腰痛持ち】などの症状が

遺伝するものではありません!!

 

 

【腰痛持ち】の人には、

【腰痛持ち】である原因が必ずあります!!

 

 

例えば、座り方であったり立ち方であったり、

物を持つときの身体の使い方など・・・

 

 

医療関係の勉強をしますと、解剖学的肢位というのがあります!!

 

 

これは、身体の骨格や筋肉、靭帯などすべてが中間位といって、

骨格や筋肉、靭帯などが適度な緊張感をもって、

緊張しすぎず、弛緩しすぎない良好な状態を体現しています!!

 

 

この解剖学的肢位からかけ離れてしまうと、

(猫背になりすぎたり、腰が曲がったり反らしすぎていたりなど・・・)

どうしても【腰痛持ち】などの症状が現れてしまいます!!

 

 

また体の使い方に関しても【腰痛持ち】には、ある特徴があります!!

 

 

それは、中腰姿勢で荷物を持ったりするときなど、

必ず股関節から二つ折り財布のように体を曲げて、

荷物を持つのではなく、腰から曲げて

荷物を持つ傾向にあります!!

 

  

 ↑【腰痛持ち】の持ち方↑      ↑【正しい持ち方】↑

 

こうならないためには・・・

ハムストリングス筋(半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋)といって、

腿(もも)の後ろの筋肉などにある程度の柔軟性がないと

股関節から二つ折り財布のように腰を曲げることができません!!

 

  

 

ですから・・・

 

正しい立ち方、座り方、体の使い方をマスターすれば、

親がいくら【腰痛持ち】でも子が必ず【腰痛持ち】になるというような

ことにはなりません!!

 

 

愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】では、

そういった正しい立ち方、座り方、体の使い方など

国家資格を持った施術者が適切かつ的確にわかりやすく

アドバイス致しますので、お気軽に安心してご相談くださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える「ジャンパー膝」「オスグッド病」など膝の痛みが出やすい人におすすめのストレッチ教えます!(大腿四頭筋)

2017.11.13 | Category: 膝痛,骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷

「ジャンパー膝」「オスグッド病」など

膝の痛みが出やすい人は、

ジャンプ動作やランニング動作など、

比較的膝の屈伸運動などで

使用される『大腿四頭筋』という筋肉が、

固くなってしまうことで起こりやすいです!!

 

 

この『大腿四頭筋』は、ももの裏の筋肉と違って、

使わないと衰えやすいという特徴があり、

弱まってしまうとトボトボした元気の出ない歩き方になります!

 

 

『大腿四頭筋』は、

●大腿直筋

●中間広筋

●外側広筋

●内側広筋

 

の4つの筋肉で構成されています!!

 

  

 

●大腿直筋

 股関節(骨盤)から膝に付着する筋肉

 股関節、膝関節という

 2つの関節をまたく2関節筋で、

 膝の動きにも勿論関与しますが、

 股関節の動きにも影響がある筋肉です!!

 作用は、股関節を曲げたり、膝関節を伸ばす働きがある。

 歩行の時に足を上げる動作で重要な筋肉

 

  

 

●中間広筋

 大腿骨(ももの骨)から膝に付着する筋肉

 作用は、膝関節を伸ばす働きがある。

 股関節を曲げた状態で膝関節を伸ばす筋として機能している

 

  

 

●外側広筋

 大腿骨(ももの骨)から膝に付着する筋肉

 作用は、膝関節を伸ばす働きがある。

 股関節を曲げた状態で膝関節を伸ばす筋として機能している

 

  

 

 

●内側広筋

 大腿骨(ももの骨)から膝に付着する筋肉

 作用は、膝関節を伸ばす働きがある。

 股関節を曲げた状態で膝関節を伸ばす筋として機能している

 

  

 

この『大腿四頭筋』をしっかりストレッチするためには、

下の画像のようにストレッチすると良いです!!

 

 

ポイントとしては、膝を伸ばすのと同時に

後ろに倒れるようにできると良いのですが、

『大腿四頭筋』の特に大腿直筋が硬い人は、

図のように膝を伸ばしながら、

後ろに倒れることが出来ません!!

 

 

あまり無理をして体を倒すことで、

『大腿四頭筋』を痛めてしまってはいけませんので、

体を倒して寝られない人は、

立位で伸ばすのも一つの方法です!!

 

 

このように『大腿四頭筋』は、膝の曲げ伸ばし運動にとても関係がありますので、

スポーツ競技など膝の運動を比較的伴う場合は、

運動前、運動後にしっかり『大腿四頭筋』を伸ばしていくと良いでしょう!!

 

 

皆様も一度試してみてはいかがでしょうか!??

 

 

 

 

医療国家資格者が教える【足首の捻挫予防に役立つトレーニング】を教えます!

2017.08.19 | Category: 足痛,骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷

足首という場所は、捻挫をしやすい場所の一つですが、

足首は捻挫のしやすい肢位、状態というのあります!

 

 

 

普段の生活で言えば、女性の方でハイヒールを履いている状態で、

つまり踵(かかと)が上がって、つま先立ちのような体勢で、

足首の捻挫は起こりやすいのです。

 

 

足首の捻挫は、さきほど説明した女性がハイヒールを履いた状態で、

起こりやすいのですが、いったん捻挫をすると、

外くるぶしの下あたりが痛くなることが多く、

足首が屈曲、内旋した状態(内反した状態)で起こりやすいと言えます!!

 

 

つまり、足首の捻挫の予防としたトレーニング、対処法は、

捻挫のしやすい肢位

→足首の屈曲、内旋(足首の内反)

 

の逆になる動き、

→足首の伸展、外旋(足首の外反)

方向の力をつけるトレーニングをすると効果的です!!

 

 

足首の伸展、外旋(足首の外反)をする筋肉は、

腓骨筋という筋肉があります!!

この筋肉のトレーニングをすると

足首捻挫の予防に役立ちます!!

 

 

実際のやり方ですが・・・

 

 

 

①セラバンドなどのチューブを1箇所結んで、わっかを作るようにします。

②両足をチューブのわっかに入れます。

③足を外側に開くように力を入れます。

 ※その時、膝や股関節が外側に開かないよう代償動作に気をつけます。

④10回を2セット行います!

 

 

以上のエクセサイズを実施しますと、

足首の安定性が高まり、足首の捻挫が防ぎやすくなりますので、

皆様も試してやってみてください!!

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える【接骨院】【整骨院】【ほねつぎ】【柔整院】の違いとは!??

2017.03.20 | Category: その他身体の問題,交通事故施術,骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷

よく尾張旭市東山町のうの整骨院にお電話にてお問い合わせがあったり、

お客様との施術中にも聞かれることが多いのですが、

 

「【接骨院】【整骨院】【ほねつぎ】【柔整院】など、

これらのものに違いはあるのですか??」

 

っと、聞かれることがあります。

 

単刀直入に言いますと・・・

 

 

「まったく違いはありません!!」

 

 

「【接骨院】【整骨院】【ほねつぎ】【柔整院】」もすべて、

一緒です!!

 

これらは、すべて国で認められた厚生労働省認定の施術所です。

(※健康保険、交通事故での自賠責保険、労災保険などの保険が使えるところです)

 

 

では、なぜ様々な名前がついているのでしょうか??

 

基本的には、施術所の名前は、開設者がどういった屋号をつけても構わないのですが、

 

最低限のルールとして、

 

「医者の【医】という名前を使わないこと!!」

 

っと、決められています。

 

例えば・・・

 

うの接骨医、うの整骨医、うの柔整医、うの整体医、うの医院など

 

 

「【接骨院】【整骨院】【ほねつぎ】【柔整院】」を開設するためには、

柔道整復師という国家資格を持っている人がいないと開設できません!!

 

 

ですが、柔道整復師というのは、医師(医者)ではありませんので

一般の方が、医師(医者)と間違えないように国が接骨院等の屋号の名前を付ける際に、

ルールを決めているわけです。

 

 

医療従事者の方達にとっては、当たり前の知識なのですが、

一般の人には、ほとんどと言っていいほど、その違いを理解している人がいません。

 

 

最近ではマッサージ屋、カイロプラティック院、整体院、施術院、接骨院、ほねつぎなど、

沢山の施術所や施術院が散在し、お客様自身がどういった時に

どこに行けば良いかわからない!!

 

 

っと、いった意見を耳にします!!

 

 

「【接骨院】【整骨院】【ほねつぎ】【柔整院】」にかかる場合で、

 

保険適用になる場合は、原因が明確にわかるような

ケガの場合のみです!!

 

 

例えば、ぎっくり腰、捻挫、脱臼、骨折、肉離れなどです。

 

 

ですから、慢性腰痛(いつ痛めたかわからないずっと痛むもの)、

肩こり、筋肉疲労などは、痛めた原因が不明であるため、

急性(ケガ)とはみなされず、保険適用にはなりません!!

(※保険外施術の自由受付<自費施術>なら施術は可能です!)

 

 

これで「【接骨院】【整骨院】【ほねつぎ】【柔整院】」の違いは、

お分かりになりましたでしょうか!??

 

 

またわからないことや、疑問になったことなどは、

尾張旭市東山町のうの整骨院にお気軽にご相談くだされば

ご不明点などを詳しくお伝えしますので、

いつでもご連絡いただけると良いです!!

 

 

 

 

 

 

接骨院、整骨院

2015.02.21 | Category: 骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷

おはようございます!!

尾張旭市東山町のうの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、接骨院と整骨院についてお話します!!

 

 

接骨院と整骨院は、どう違うのですか!??

 

 

と、施術中に聞かれることがあるのですが、

 

 

基本的に接骨院と整骨院は、まったく同じです!!

 

 

関西方面では、整骨院が多いですし、

東海、関東方面などでは、接骨院が多いです!!

 

基本的に接骨院や整骨院をしているところは、

柔道整復師という国家資格を持った人が必ず一人はいます。

 

国家資格ですので、保険施術を行えますし、

中には保険施術以外にも自費施術として、

特殊な施術で別途料金を頂くところもあります!!

 

接骨院、整骨院は、病院ではありませんので、

保険施術と自由受付(自費施術)の混合受付が認められていますが、

病院では、認められていません。

 

また接骨院、整骨院は、保険施術をしておりますが、

保険施術とは、ケガによる施術ですので、

 

1週間前に荷物を持ち上げた時に痛めたとか、

5日前にサッカーで足首を捻った

10日前に雑巾で窓ガラスを拭こうと、肩を上げて動かしたら痛くなった

 

などのケガには使用できますが、

慢性的な痛みに関しては、この限りではありません!!

 

もしお身体の痛みがあるけど、

これは保険がきくのか、きかないのか??

 

またこんな症状があるのですが、

接骨院や整骨院で施術を受けても良いのか??

 

などなどご不明でしたら、一人で悩まず、

お気軽に尾張旭市東山町のうの整骨院までご相談くださいね!!

 

 

 

【骨折】【脱臼】【捻挫】【打撲(打ち身)】【挫傷】!!

2014.09.15 | Category: 骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷

こんにちは!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷」についてお話します!

 

接骨院、整骨院を開業するには、

必ず柔道整復師という免許を所有した者が

施術所にいなければなりません!

 

当然、私も取得しているのですが、

柔道整復師が行える施術は、

【骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷】のみ

で、骨折、脱臼に関していえば、

最初の応急処置は行うことはできますが、

その後の施術に関しては、医者の同意書がなくては

継続して施術を行うことはできません!!

 

ここで言う、

【骨折】とは、「骨の損傷で、骨組織の連続性が

完全あるいは部分的に離団された状態」と定義されています。

 

【脱臼】とは、「関節を構成している関節端が解剖学的状態から

完全または不完全に転位して、関節面の生理的相対関係が

失われている状態」を言います。

 

【捻挫】とは、関節に関節の許容範囲を超えた動きが与えられたために

起きる損傷の一つです。ほとんどが患部に疼痛、腫脹、熱感を伴う。

 

【打撲】とは、身体をぶつけたり、打ったりし骨を除いた軟部組織のうち、

皮下組織を痛めたものを言います。

 

【挫傷】とは、打撃などの外力によって、内部の軟部組織が損傷し、

体表に創(傷)がないものを言います。

 

これらのケガに関しては、接骨院や整骨院にて

保険受付での施術を行えますが、

2~3か月前に起こったことでは

慢性的な痛みとなり、保険受付は行えません!!

 

あくまでも保険施術は、新鮮なケガによるものですので、

慢性の肩こりや腰痛は勿論ですが保険対象外になります。

 

(※ 慢性の疾患に関しては、保険外の施術も行っております!!)

 

上記を留意した上で、首、肩、腰、膝などの痛みやシビレなどにお困りの方、

またどんな小さなことでも結構ですので、うの整骨院までお気軽にご相談下さい!!