TEL ネット予約 LINE

「首の痛み」「右肩の痛み」「ふらつき」「心臓のしめつけ」のある方のMTS施術の施術例(浦野先生編) | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 肩痛の記事一覧

「首の痛み」「右肩の痛み」「ふらつき」「心臓のしめつけ」のある方のMTS施術の施術例(浦野先生編)

2018.08.27 | Category: MTS施術,その他身体の問題,肩痛,首痛

先日、神奈川県横浜市青葉区美しが丘にあります

「浦野施術室」に行ってきました!

 

浦野施術室外観写真

 

そこで、MTS施術の創始者である

浦野喬義先生に・・・

 

「首の痛み」「右肩の痛み」

「ふらつき」「心臓のしめつけ」

 

に悩んでいるお客様の施術について勉強させていただきました!!

 

浦野施術室外観写真

 

まず最初にお客様の両手の親指と小指で筋力テストをしました!

 

お客様の首の左右の動きでは筋力が入っているものの、

首の前後の動きで筋力が抜けてしまっていました!!

 

 

お客様も下を向いて物を拾う動作や、

自分の背よりも高い場所にある洗濯物を干すなどの動作で、

ふらつき感がヒドイとおっしゃっていたので、

お客様の首の前後の動きで筋力が抜けているのも

そのためだからかなと感じました!!

 

めまいとふらつきの人

 

 

その後、浦野先生は助手の方を使って、

お客様の体の各部位を触って(TLと呼ぶ)筋力テストをするのですが、

最初に助手の方に首や右肩の痛みや

心臓のしめつけ感がどこから来るのか?

 

右肩肩こりの痛みがある女性

 

 

助手の方の右手TLで首、右肩のあたりを触ってもらい

浦野先生が筋力テストを行い、その場所の歪みを取った後に

助手の方の左手TLで心臓のしめつけがある場所を触ってもらい

再び浦野先生が筋力テストを行って歪みを確認した後、

その歪みをトムソンベットで調整していきました!!

 

 

 

様々な検査を浦野先生にして頂いたのですが、

首の歪みが原因で上記の不具合をしているのだと

診断されました!!

 

 

リスティング(不具合を起こしている原因)は、

C2(首の2番の骨)が、

WPS(左右両方が後上方)

-A(左右両方が前方)

 

に変位していました。

 

 

この歪みについて、浦野先生は

 

「幼い時に何かぶつけたとか、

何か首に強い衝撃を受けたとか、

何かないかな?」

 

と問われていました。

 

しかし、最初はお客様も

 

「そんな幼い時にそんなことはないです!」

 

っと、一点張りでしたが、

少し時間をおいてから思い出したようで、

 

 

「そういえば、幼い時に木登りをしたとき、

 そこから落ちてしまったのか

 その後、父は家の木を切っていました!」

 

 

とお客様はおっしゃっていました!

 

意外なところから、しかも今になってその時の衝撃が

出てくるなんて、信じられないですが、

そういうことは浦野先生も沢山症例を

診られていますのでわかってしまいます!

 

凄いですね!!

 

 

また、アジャスト(調整)については、

 

C1(首の1番の骨)R(右)のトラバース(横突起)の

AS(前上方)

R-Lat(右に側方へ)

CCW(反時計回り)

 

でした!

 

最後にお客様の筋力テストを行った際に、

お客様が首を前後した時に筋力は入っていたので

これでC2(首の骨の2番)の歪みが解消されました!

 

 

浦野先生が行うMTS施術は、

メジャー(主な原因1か所)での施術ですので

調整するのは、一か所です!!

(施術時間3~5分)

 

 

今回は、C1Rのトラバース1か所を施術することで、

お客様が良くなるという施術でした!

 

 

調整後はお客様が下を向いた状態でも

少し安定した状態になっていたような気がしました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

平成30年7月15日(日)に行われた首痛、肩の痛み、腰痛、膝の痛みが楽になるMTS施術大阪勉強会に行ってきました!

2018.07.17 | Category: MTS施術,肩痛,腰痛,膝痛,院長日記,首痛

平成30年7月15日(日)に行われた首痛、肩の痛み、

腰痛、膝の痛みの症状がやわらぐ

MTS施術大阪勉強会に行ってきました!

 

 

今回は、午前中、親指と小指で行う筋力テストを

午後からは、股関節の可動性の見方や、

ヒールテンション(アキレス腱の緊張)の見方、

恥骨の不可、アジャスト(調整)時の姿勢について

チェックをして頂きました!

 

 

午前中の筋力テストでは、お客様の親指と小指を引く際に、

自分の3指(中指)、4指(薬指)、5指(小指)の

一体感(はり感)をもって、

筋力テストをする意識が弱いようで、

そのあたりのチェックをして頂きました!

 

 

午後からは、まずは股関節の可動性について行ったのですが、

しっかり骨盤を固定した状態で、股関節の動きを見ないと

左、右の動きの確認をしても両方とも動いてしまい、

左右差の検査になりません!!

 

 

骨盤をしっかり固定した状態で股関節をみるよう

何度も練習しました!!

 

 

次に恥骨の負荷、調整(アジャスト)についてですが、

術者が恥骨の接触ポイントに触れる場合、

明確に自分の手のこの部分で、お客様の恥骨のここに触れると

意識することがとても重要だと感じました!!

 

 

 

術者がしっかり恥骨の接触ポイントに触れていると、

受けているお客(僕も被検者となりました)も触られている感じがあります!!

 

 

恥骨が触れていれば、あとは術者は上半身の力を抜いて、

体勢を入れる(丹田に入れる)だけで

勝手に調整(アジャスト)が出来てしまいます!

 

 

どうしても調整(アジャスト)時に触っている手など

上半身に力をいれて調整してしまいがちですが、

それだとお客様に術者の刺激が伝わりません!!

 

 

ランニングでもそうですが、やはりお腹の力(丹田)を使って調整することがとても重要ですし、それが出来ないとお客様もなかなか良くならないです!

 

 

恥骨の負荷をかけることはあるかもしれませんが、

恥骨で調整(アジャスト)することは、あまりないのですが、

正確で精度のある調整(アジャスト)をするためには、

今回の勉強会では良い勉強になりました!!

 

 

 

お客様が訴えられる首痛、肩の痛み、腰痛、膝の痛みは

大阪勉強会で今回学んだことの精度が上がれば、

今よりさらにお客様の症状の軽減につながるはずですので、

しっかり意識してお客様にこれから還元したいと思います!!

 

平成30年7月8日(日)開催!首の痛み、肩の痛み、股関節の痛み、足首の痛みが楽になるMTS施術東京勉強会に参加してきました!

2018.07.08 | Category: MTS施術,股関節痛,肩痛,首痛

平成30年7月8日(日)に東京都新宿区にある

浦野大先生の「浦野施術室」で、

今回は浦野大先生の勉強会がありました!

 

 

今回の勉強会では、まず初めに僕は被検者として

どう身体が変位しているか、診て下さいました!

 

 

僕は特段痛みのある場所はないのですが、

右の外くるぶし、内くるぶしに歪みがあり、

それが股関節に影響を与えているようで、

右の恥骨が下がっていました!

 

 

それが頭蓋骨の右目の上眼窩(まぶたの上)、

下眼窩(目の下)に

繋がっており歪みをもたらしているのは、

驚きました!

 

 

そして、その歪みが開放され、

肩の痛みに関係がある肩の可動性検査で

肩の動きが良くなることで確認し、

首から下肢までの歪みが取れました!

 

 

しかし、首から頭蓋骨にかけた

さらにレベルの高い場所、

ジャグラ(頚静脈孔)には、頭蓋骨の中の

側頭骨と後頭骨という骨の関節があり、

副神経という神経が通ります!

 

 

首の痛みなど、首の回旋運動に関係性がある

胸鎖乳突筋という筋肉があるのですが、

そこを通る副神経にしっかり神経の伝達がされているか、

浦野大先生に診て頂いたのですが

僕は左のジャグラ(頚静脈孔)が閉じていて

歪みが生じ、神経伝達がされず筋力が抜けていました!

 

 

その頭蓋骨の中の側頭骨と後頭骨の関節で作る

ジャグラ(頚静脈孔)の歪みである

閉じを開放して頂くと、とても身体が楽になるようでした!

 

 

頭蓋骨には人間の司令塔である脳があり、

頭蓋骨を正しい位置に調整出来れば、

良い意味で身体に大きな変化が出ます!

 

 

今回は実際に被検者となり、

その効果を体感出来たのはとても良かったです!

 

 

また最後に浦野大先生が診て下さったのは、

施術者のアジャスト(調整)時の姿勢です!

 

 

アジャスト(調整)の際に、身体がブレたり

安定感が無くなると、アジャスト(調整)したい場所に

正確な刺激が加わらず、

お客様にアジャスト(調整)の効果が伝わりません!

 

 

そのアジャスト(調整)も身体の体重移動が重要で、

残余緊張が残ってしまうと

深い調整ができないと

浦野大先生は、おっしゃっていました!

 

 

アジャスト(調整)時に、

①固定指

②アジャスト(調整)指

③前

④後

⑤上→下

 

 

の順番に体重移動させると、

驚くほどアジャスト(調整)が安定します!

 

 

これは目から鱗でしたので、

明後日からの施術にしっかり活かし、

お客様の痛み等の不快な症状を少しでも

和らげられるよう還元したいと思います!

 

医療国家資格者が教える肩がとっても楽になる肩のストレッチ教えます!(大胸筋編)

2017.12.25 | Category: その他身体の問題,肩痛

本日は、肩がとっても楽になる

肩のストレッチ(大胸筋編)についてお話します!

 

 

肩の筋肉といっても沢山あるのですが、

今回お話しする大胸筋という筋肉も

比較的大きい筋肉で肩の動きや呼吸の補助をする筋としても

関与していますので、この筋肉をストレッチしますと

とても肩が楽になるのと同時に呼吸も吸いやすくなります!!

 

 

この大胸筋という筋肉は・・・

 

○腕を横から内側につける動き(気をつけをする姿勢の時の腕)

○腕を内側に捻る動きに関わりがあります!

 

 

また筋肉のつき方をみますと

とても姿勢とも大きな関係があることがわかります!!

 

 

※姿勢についての記事は、こちらのブログをクリックしてください!!

          

     姿勢の記事の紹介

 

 

 

それは、どういう事かといいますと・・・

 

 

大胸筋は、胸の前から上腕(うで)につく筋肉です!!

 

 

 

ですから、この筋肉が縮み続けるとどうなるか・・・

 

 

それは、

巻き肩といって首に対して両肩が前に出てきてしまい

猫背姿勢に近くなってしまいます!!

 

 

 

猫背姿勢になると両肩は、内側に入ってしまい

その状態で腕を上に上げる(挙上)すると

当たり前ですが、肩は上に上げづらくなります!!

 

 

やってみればわかると思うのですが、

猫背姿勢で腕を上に上げる(挙上する)のと

姿勢を正した状態で腕を上に上げる(挙上)するのとでは、

明らかに姿勢を正した状態で腕を上げたほうが

絶対に楽に無理なく行うことが出来ます!!

 

 

肩が上がらない=腕が上がらないのを

無理に上げようとすれば肩、特に肩の関節周囲が痛くなります!!

 

 

こんな状態にならないためにも大胸筋という胸の筋肉をストレッチして、

両方が内側に入らないようにしっかりストレッチすると

姿勢も改善され、肩の動きも楽になります!!

 

 

それでは、実際に大胸筋のストレッチはどうやるのか

お伝えしたいと思います!!

 

 

下の写真のように右の大胸筋をストレッチするのですが、

大胸筋は、下の筋肉の写真でもわかるように

大きい筋肉で、上部、中部、下部というように

扇型のようについている筋肉です!!

 

 

 

ですから、腕を上に持ってきてストレッチすると

大胸筋の下部がストレッチされます!

 

 

また腕を肩に対して水平に持ってきてストレッチすると

大胸筋の中部がストレッチされます!!

 

 

最後に腕を下に持ってきてストレッチすると

大胸筋の上部がストレッチされます!!

 

 

この大胸筋のストレッチをして、

胸の前の筋肉をストレッチすることで、

肩を後ろに引けるようになりますので、

猫背、巻き肩が緩和されます!!

 

 

皆様も一度試してみてはいかがでしょうか!??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える【腰痛】【膝の痛み】【股関節の痛み】が楽になる体幹トレーニングであるバランスボールの紹介!(上級者編)

2017.12.13 | Category: その他身体の問題,股関節痛,肩痛,腰痛,膝痛,首痛

本日は、【腰痛】【膝の痛み】【股関節の痛み】

【肩の痛み】【首の痛み】など 楽になる体幹トレーニングとして、

バランスボールエクセサイズ 「四つん這いエクセサイズ」

についての紹介を以前した

 

   

      

         ↓こちらをクリック         

   バランスボールエクセサイズの紹介ブログ

 

 

のですが、今回はそれが、おおよそ1分ほど 余裕をもって

出来るようになった時に行ってほしい

バランスボールエクセサイズの紹介(上級者編)です!!

 

 

より体のバランスを整えたり、

体の使い方がよくなる バランスボールエクセサイズです!

 

さらに【腰痛】【膝の痛み】【股関節の痛み】

【肩の痛み】【首の痛み】が楽になるエクセサイズですが、

若干エクセサイズが高度になるため、

ケガをしないように十分気をつけて、

無理せず挑戦していただければと思います!!

 

 

上記動画を再生して頂いて、

【腰痛】【膝の痛み】【股関節の痛み】

【肩の痛み】【首の痛み】が楽になる

 

 

バランスボールエクセサイズの方法を知りたい!!

 

とか、

 

どうやってやるんだろう~!!

 

 

などなど疑問に思ったり・・・

 

レクチャーしてほしい!!

 

 

っと、いう方は愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】まで

お気軽に安心してご相談ください!!

 

医療国家資格者が教える【首こり】【肩こり】が治った!!っと、評判のストレッチポールを使用した肩甲骨のエクセサイズを教えます!

2017.12.04 | Category: その他身体の問題,肩痛,首痛

一般的に【首こり】【肩こり】は、

普段の立ち方、座り方などの「姿勢」がとても重要なのですが、、、

 

 

本日は、「姿勢」のお話はなしにしまして・・・

(※姿勢に関しては、下のブログ記事をご参考にしてください!)

             

 http://uno-seikotsuin.com/post/post-1582

 

 

尾張旭市東山町「うの整骨院」に通われているお客様で、

 

 

「【首こり】【肩こり】が治った!!」

 

 

っと、おっしゃって頂けた

 

『ストレッチポールを使用した肩甲骨のエクセサイズ』

 

をお伝えしたいと思います!!

(※ちなみに僕も毎日行っています!)

 

 

そもそも肩こりとは・・・

 

僧帽筋肩甲挙筋という筋肉の過緊張によって、

首や肩の緊張が強くなり、血流が悪くなって、

筋肉が酸素不足になることで、

【首こり】や【肩こり】を引き起こします!!

 

 

 

上の図を見てみますと・・・

 

【首こり】【肩こり】の原因となる筋肉である

「僧帽筋」「肩甲挙筋」は、それぞれ

肩甲骨についていることに気づきませんか!??

 

 

 

頭または首 → 肩甲骨

 

に【肩こり】【首こり】の原因筋は付着している!!

 

 

っと、いうことは

 

肩甲骨をしっかり動かしてあげれば、

【首こり】【肩こり】はとても楽になる!!

ということになります!!

 

 

それでは、実際のやり方に関してですが、

 

ストレッチポールエクセサイズ<その1>

 

①ストレッチポールの上に仰臥位(あおむけ)になります。

 (※この時、腰と背中とストレッチポールの間に隙間がなくなるようにします)

 

 

②両手を挙上し、万歳した姿勢をとります。

 (※この時、腰と背中とストレッチポールの間にできるだけ隙間がなくなるようにします)

 

 

③なるべく床に沿って、肘から下に下げるように動かします。

(※指先から肘まではなるべく脱力して行います!)

 

 

これを10回ほど行います!!

 

ストレッチポールエクセサイズ<その2>

 

①ストレッチポールの上に仰臥位(あおむけ)になります。

 (※この時、腰と背中とストレッチポールの間に隙間がなくなるようにします)

 

 

②手のひらを内側にして気をつけの姿勢をとります

 

 

③肘を伸ばしたままなるべく床を沿って挙上していきます

 (※床を沿って挙上するときに手の平を上に返さないように気を付ける)

 

 

④手の甲と手の甲がくっついたら、再度気をつけの姿勢に戻ります

 

 

これを5回繰り返します。

 

ストレッチポールエクセサイズ<その3>

 

①ストレッチポールの上に仰臥位(あおむけ)になります。

 (※この時、腰と背中とストレッチポールの間に隙間がなくなるようにします)

 

 

②両手の手の平と手の平を胸の前に合わせ、肘を伸ばします

 

 

③両腕を一本の棒であると意識して、肘を曲げずに両手をさらに前に突き出すようにします

 

 

④前に突き出した両手を肘を曲げずに肩甲骨を後ろに下げるように戻します

 

 

これを5回繰り返します。

 

上記でお伝えした3つのストレッチポールエクセサイズですが、

それぞれのエクセサイズには3つの重要なポイントがあります!

 

 

(1)ストレッチポールに仰臥位(あおむけ)になった際は、

   絶対に腰と背中がストレッチポールにくっつけてください!!

   (腰・背中とストレッチポールの間に指が入らないようにする)

 

(2)腕を動かすときには必ず指先からではなく、肘から動かす!!

 

(3)指先から肘は力が入らないようにしっかり脱力する

 

上の3つの共通したポイントをおさえた上で、

このストレッチポールを使用した肩甲骨エクセサイズを行いますと、

【首こり】【肩こり】が良くなるのはもちろんのこと、

頭まで血流が流れるように感じますので、

頭の中もスッキリします!!

 

 

 

僕も毎日行うことで効果をとても実感していますので、

ぜひ皆様も実践していただけると良いと思います!!

 

 

またストレッチポールなどの使い方がよくわからないなど

肩こり・首こり・姿勢などでどうしたら良いのか!?

 

 

 

などお困りの方は、尾張旭市東山町【うの整骨院】まで

お気軽に安心してご相談くださいね!!

 

 

 

 

医療国家資格者が教える【腰痛】【肩の痛み】【首の痛み】など痛みによる【不眠】に役立つ情報教えます!

2017.10.07 | Category: その他身体の問題,肩痛,腰痛,首痛

皆様も今まで【腰痛】【肩の痛み】【首の痛み】が強く、

何日間も眠れないといった状態が続いてしまったことがあります!

っと、いう方もいらっしゃると思います!!

 

 

 

通常、【腰痛】【肩の痛み】【首の痛み】が強く

眠れないという方は、

自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが

崩れている状態が多いです!!

 

 

そもそも自律神経である交感神経副交感神経の作用は、

お互いに相反する作用を持っており、

 

 

●交感神経 → 主に活動時に働く神経

●副交感神経 → 主にリラックスしている時に働く神経

 

 

という作用になります!!

 

 

 

通常、正常な人は、この活動的に働く自律神経と

リラックするしている時に働く副交感神経のバランスが整っています。

 

 

しかし、【腰痛】【肩の痛み】【首の痛み】で

おちおち夜も眠れないという人たちは、

おおかた活動的に働く交感神経が、

リラックス時に働く副交感神経より

比較的長く働いてしまうことで、

常に興奮状態が継続し、眠ることができない!!

 

 

っと、いった状態になることが多いです!!

 

 

 

そこで、【腰痛】【肩の痛み】【首の痛み】で眠れないという人に、

少しでも眠れるような効果を与えるものとして、

 

『色』

 

を、うまく部屋の一部に取り入れると

痛みを伴う【不眠】に役立つ効果が期待できます!!

 

 

まず1番眠りに良い効果を与えるという結果になったのが、

「ブルー(青)」

です!!

 

 

優しい「ブルー(青)」は、鎮静効果が高く、

興奮した神経を鎮めていく作用があります!!

 

 

また・・・

 

 

「グリーン(緑)」も良く

(※尾張旭市東山町【うの整骨院】もこの色を基調としています!!)

自然を連想させ、心と身体のバランスを整える

リラクゼーション効果の高い色です!!

 

目への負担も少なく、気分を落ち着かせたり、血圧を下げたり、

疲れを癒す効果もあり、安眠効果も期待できます!!

 

 

 

さらに・・・

 

「イエロー(黄色)」も良く

睡眠ホルモンの分泌を促してくれる作用があります!!

 

 

それから・・・

 

 

淡い「ピンク(桃色)」癒し効果、安眠効果、リラックス効果が高く

女性ホルモンにも影響を与え、眠っている間に可愛くなれる

嬉しい効果もあるようです!!

 

 

 

最後に上記のような眠りやすい効果の色とは真逆の

眠りにくい色なのですが・・・

 

 

それは・・・

 

 

「パープル(紫色)」で、精神を刺激し、リラックスするのが難しい色のようです!!

 

 

このように【腰痛】【肩の痛み】【首の痛み】で、ここ最近、ほとんど夜も眠れない!!

 

 

っと、いう方は、『色』をうまく寝室に取り入れることで、

【不眠】を解消する一つの手立てとして取り入れてみてはいかがでしょうか!??

 

医療国家資格者が教える【肩が痛む】人に役立つストレッチ「三角筋」を教えます!

2017.09.23 | Category: 肩痛

今回は、【肩が痛む】人に役立つ

「三角筋」のストレッチについてお話ししたいと思います!!

 

 

 

「三角筋」は、写真でもお分かりになる通り、

肩の外側を大きく包む三角形をした筋肉で、

肩のアウターマッスル(皮膚表面に近い筋肉)です!!

 

 

 

「三角筋」という筋肉は、筋肉の付着する部位によって、

 

 

●鎖骨部(前部)

●肩峰部(中部)

●肩甲棘部(後部)

 

 

に分かれています!!

 

まず・・・

 

●鎖骨部(前部)

 

 

 

腕を下から上方にあげる時に働く

腕を肩の真横から前にもってくる時に働く

肩を内側にするときに働く

 

●肩峰部(中部)

 

 

 

腕を下から真横から上にあげていくときに働く

 

●肩甲棘部(後部)

 

 

 

腕を後ろに引くときに働く

前ならえの状態から外側に腕を引いていくときに働く

肩を外側にする時に働く

 

 

という作用があります!!

 

 

この筋肉をしっかりストレッチしますと、

肩のあらゆる動きがスムーズになり、楽になります!!

 

 

実際のストレッチの方法は、下の写真の通りで、

「三角筋」を伸ばす腕は、真っすぐに伸ばし、

もう片方の腕は曲げた状態で肘の関節のやや肩よりを固定し、

ストレッチします!!

 

 

ここでポイントなのが・・・

 

 

三角筋の鎖骨部(前部)肩峰部(中部)肩甲棘部(後部)

のそれぞれを伸ばす伸ばし方が、

腕の手のひらの向きによって変わることです!!

 

 

★鎖骨部(前部)の場合  → 手のひらを上に向けてストレッチ

★肩峰部(中部)の場合 → 写真の通り手の甲が正面を向くようにストレッチ

★肩甲棘部(後部)の場合 → 手のひらを外側に向ける(手のひらを正面にむける)

 

 

っというように、手のひらの向きを変えて

ストレッチすることで、3つの部分に分かれる

三角筋をそれぞれ重点的にストレッチすることが

可能になります!!

 

 

「三角筋」という筋肉は、肩のあらゆる動きに携わっている筋肉ですので、

この筋肉を入念にストレッチすることで、

とても肩周りの筋肉に良い刺激が加わり、

肩の動きが楽になります!!

 

 

皆様も一度試してみてはいかがでしょうか!??

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える【肩が痛い】【腕(上腕)が痛い】人に役立つストレッチ(上腕三頭筋)を教えます!

2017.09.17 | Category: 肩痛

本日は、【肩が痛い】【腕(上腕)が痛い】人に役立つ

「上腕三頭筋」という筋肉のストレッチをお伝えします!!

 

 

「上腕三頭筋」とは、よく腕立て伏せの腕を伸ばす時に使う

上腕の後ろの筋肉になります!!

 

 

 

そこで思うのが・・・

 

 

腕のストレッチをしたって、

肩が楽になるわけないでしょっ!!

 

 

っと、思われる方も多い事でしょう!!

 

 

しかし・・・

 

 

「上腕三頭筋」という筋肉は、

 

 

 

 

●長頭

●外側頭

●内側頭

 

 

っと、3つの部分にわかれているのですが、

この[長頭]と呼ばれる筋肉がミソでして、

[長頭]は唯一、肘から肩甲骨にまたがっています!!

 

 

 

この[長頭]は、2関節筋と呼ばれる筋肉になっていて、

2関節、つまり肘の関節と肩関節の二つの関節をまたがっている

特殊な筋肉なのです!!

(※他の内側頭と外側頭は、肘から上腕までしかついていません)

 

 

よって、[長頭]は肩甲骨に付着していますので、

肩の動きにも関与する上腕(うで)の筋肉なのです!!

 

 

「上腕三頭筋」のおもな動きは、2つの作用があります!!

 

 

●長頭(肘から肩甲骨 → 肘から肩についている)

 腕を後ろに引く動作で働く(肩の伸展)

 腕を横から下におろす動作で働く(肩の内転)

 

 

 

 

●外側頭&内側頭(肘から上腕 → 肘から腕についている)

 肘を伸ばす動作で働く(肘の伸展)

 

 

 

 

 

この「上腕三頭筋」をストレッチして伸ばすためには、

筋肉の逆の作用の動きをすれば、行えます!!

 

 

つまり・・・

 

 

肘を伸ばす → 肘を曲げる

腕を後ろに引く → 腕を前にあげる

 

 

下の写真のような形になります!!

 

 

 

この時のストレッチのポイントは・・・

肘を曲げた後は、

指先を肩にくっつけたままにすることです!!

 

 

やってみるとわかると思いますが、

肘を曲げる際に、指先を肩にくっつけていないと、

腕の後ろの筋肉がストレッチされている感覚がありません!!

 

 

どっちかというと肩関節を内側に入れるような

肩関節の可動域を広げるストレッチになってしまい、

純粋に「上腕三頭筋」を伸ばすストレッチにならなくなります!!

 

 

このストレッチを実施しますと、

肩を後ろに引く動作が楽になり、

腕の曲げ伸ばしまで楽になります!!

 

 

 

皆様も一度試してみていかがでしょうか??

 

 

 

医療国家資格者が教える【腰痛】【肩が痛い】が辛い人におススメするバランスボールで行う「腰方形筋」「広背筋」ストレッチ!

2017.09.11 | Category: 肩痛,背部痛,腰痛

【腰痛】や【肩が痛い】が辛い人におススメする

バランスボールのストレッチを本日は、紹介したいと思います!!

 

 

基本、ストレッチはバランスボールを使わなくても

できるのであれば、バランスボールをわざわざ使用して

行わなくても良いと思います。

 

 

っが、今回は、バランスボールを使用することで、

なかなかストレッチできない方向に伸ばすことができますので、

バランスボールを使うからこそできるストレッチご紹介したいと思います!

 

 

 

今回、バランスボールを使ってストレッチする対象の筋肉ですが、

 

 

「腰方形筋」

「広背筋」

 

 

です!!

 

 

「腰方形筋」の作用は、

腰を前に曲げたり、横に倒す動きで働きます!!

 

 

 

 

「広背筋」の作用は、

肩を後ろに引く(腕の後方挙上)動作や

肩を上から下に下げたり、内側に捻る動きで働きます!!

 

 

 

 

やり方としては、下の図のような形でストレッチを行います!!

 

 

 

ポイントとしては、骨盤でしっかりバランスボールをとらえ、

一番、身体とボールが安定して落ち着くポジションがあるので、

バランスボールを床に押し付けながら、そのポジションをキープして、

ストレッチを行うことが重要です!!

 

 

どうしてもお腹が上を向いてしまい、ストレッチしたい対象の筋肉である

「腰方形筋」「広背筋」にしっかりストレッチできていない人が多いので、

そのあたりを気を付けて行うと良いです!!

 

 

このストレッチを行うと腰が楽になるのはもちろんですが、

肩も同時に楽になりますので、とても僕は気に入ってストレッチをよく行っています!!

 

 

皆様も一度試してみてはいかがでしょうか??

 

 

 

またもし・・・

 

 

このストレッチ方法が知りたい・・・

どうやったらうまくやれるのだろう・・・

もっと腰痛や肩が楽になるストレッチがしりたい・・・

腰痛や肩が楽になる自宅でのトレーニング方法が知りたい・・・

 

 

 

など、わからないことがあれば、

尾張旭市東山町【うの整骨院】まで、

お気軽に安心してご相談くださいね!