TEL ネット予約 LINE

平成30年7月8日(日)開催!首の痛み、肩の痛み、股関節の痛み、足首の痛みが楽になるMTS施術東京勉強会に参加してきました! | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 股関節痛の記事一覧

平成30年7月8日(日)開催!首の痛み、肩の痛み、股関節の痛み、足首の痛みが楽になるMTS施術東京勉強会に参加してきました!

2018.07.08 | Category: MTS施術,股関節痛,肩痛,首痛

平成30年7月8日(日)に東京都新宿区にある

浦野大先生の「浦野施術室」で、

今回は浦野大先生の勉強会がありました!

 

 

今回の勉強会では、まず初めに僕は被検者として

どう身体が変位しているか、診て下さいました!

 

 

僕は特段痛みのある場所はないのですが、

右の外くるぶし、内くるぶしに歪みがあり、

それが股関節に影響を与えているようで、

右の恥骨が下がっていました!

 

 

それが頭蓋骨の右目の上眼窩(まぶたの上)、

下眼窩(目の下)に

繋がっており歪みをもたらしているのは、

驚きました!

 

 

そして、その歪みが開放され、

肩の痛みに関係がある肩の可動性検査で

肩の動きが良くなることで確認し、

首から下肢までの歪みが取れました!

 

 

しかし、首から頭蓋骨にかけた

さらにレベルの高い場所、

ジャグラ(頚静脈孔)には、頭蓋骨の中の

側頭骨と後頭骨という骨の関節があり、

副神経という神経が通ります!

 

 

首の痛みなど、首の回旋運動に関係性がある

胸鎖乳突筋という筋肉があるのですが、

そこを通る副神経にしっかり神経の伝達がされているか、

浦野大先生に診て頂いたのですが

僕は左のジャグラ(頚静脈孔)が閉じていて

歪みが生じ、神経伝達がされず筋力が抜けていました!

 

 

その頭蓋骨の中の側頭骨と後頭骨の関節で作る

ジャグラ(頚静脈孔)の歪みである

閉じを開放して頂くと、とても身体が楽になるようでした!

 

 

頭蓋骨には人間の司令塔である脳があり、

頭蓋骨を正しい位置に調整出来れば、

良い意味で身体に大きな変化が出ます!

 

 

今回は実際に被検者となり、

その効果を体感出来たのはとても良かったです!

 

 

また最後に浦野大先生が診て下さったのは、

施術者のアジャスト(調整)時の姿勢です!

 

 

アジャスト(調整)の際に、身体がブレたり

安定感が無くなると、アジャスト(調整)したい場所に

正確な刺激が加わらず、

お客様にアジャスト(調整)の効果が伝わりません!

 

 

そのアジャスト(調整)も身体の体重移動が重要で、

残余緊張が残ってしまうと

深い調整ができないと

浦野大先生は、おっしゃっていました!

 

 

アジャスト(調整)時に、

①固定指

②アジャスト(調整)指

③前

④後

⑤上→下

 

 

の順番に体重移動させると、

驚くほどアジャスト(調整)が安定します!

 

 

これは目から鱗でしたので、

明後日からの施術にしっかり活かし、

お客様の痛み等の不快な症状を少しでも

和らげられるよう還元したいと思います!

 

腰痛(脊柱管狭窄症)および股関節痛(変形性股関節症)お客様の施術例!!

2018.01.11 | Category: AKA施術,MTS施術,その他身体の問題,股関節痛,腰痛

本日は、先日【うの整骨院】にお越しいただいたお客様で、

腰痛(脊柱管狭窄症)および股関節痛(変形性股関節症)お客様のご紹介を致します!!

 

 

お客様は72才の男性お客様で、

1か月前からジッと座っていて立ち上がると必ず腰痛があり、

普段の生活でも何か動作をするだけで痛くなるという状況でした!

 

 

また股関節も15分~20分ほどあるくと右の股関節がうずくような痛みがあり、

歩行時にも少し困難になるほどの状態でした。

 

 

病院(整形外科)で検査をしたところレントゲンでは異常なし

最初は、薬とシップを渡されるだけという状態でした。

 

 

その後、リハビリも行っていたのですがあまり変化が感じられず、

当院にご相談されました!!

 

 

 

1回目の施術の際に写真を取らせていただいたのですが、

当院のカイロプラティック専用ベットで筋力検査と可動域検査を行い、

右の骨盤と左の首の骨に歪みがあることがわかり、

カイロプラティック専用ベットにてソフトに調整しました!!

 

 

 

施術後は、腰の動きもかなり改善されました。

 

基本的に当院の施術は、骨盤と首回りを調整するだけなのですが、

股関節の動きも楽になったとのことで、歩くのもスムーズになりました!!

 

 

その後、1週間に2回の施術を3週間、

その後経過が安定してきましたので、

2週間に1回の施術を行っていきました!!

 

 

現在では、痛みもほどんどなくなり、歩行も改善されてきたので、

定期メンテナンスということで、月1回程度の施術をさせていただいています!!

 

 

もし、腰痛(脊柱管狭窄症)や股関節痛(変形性股関節症)などの

痛みでお悩みの方は、一人で悩まず尾張旭市東山町【うの整骨院】まで、

お気軽に安心してご相談ください!!

☎052-768-6186

 

第75回箱根駅伝10区アンカーを走った時のテレビ編集動画!ランニングをしているランナーのお体の悩み(痛み・しびれ・練習方法・ランニングフォームなど)解決のお手伝いを日々している愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】院長 宇野彰男です!

2017.12.17 | Category: その他身体の問題,ランニング,股関節痛,腰痛,膝痛,足痛

ランニングをしているランナーは日々走っていると

足を痛めたり、腰が痛くなったり、膝が痛くなったりと

様々な場所が痛くなると思います!!

 

 

 

そういったランナーの体の様々なお悩み解決のお手伝いをしている

愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】院長の宇野彰男です!!

 

 

 

今回は、院長が現役時代さまざまなケガを克服して、

第75回箱根駅伝10区アンカーを走った時のテレビ編集動画を

公開してみました!!

 

 

第74回箱根駅伝を走った時のフォームを見てみると、

1年で走り方も変わるんだなぁ~!!

 

っと、思いました!!

 

 

この時は、ケガから復帰して間もない時期に走った時の

箱根駅伝10区アンカーを走った動画です!!

 

 

皆様のランニングフォームの参考になるかわかりませんが、

一度見ていただけると良いと思います!!

 

 

またランニングをするランナーで、

足の痛みや、腰の痛み、膝の痛みなど体の痛みに

今現在、お悩みになっている方は、

箱根駅伝3年連続10区アンカーを中央大学で走った

愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】院長の

宇野彰男ぜひご相談していただければと思います!!

 

医療国家資格者が教える【腰痛】【膝の痛み】【股関節の痛み】が楽になる体幹トレーニングであるバランスボールの紹介!(上級者編)

2017.12.13 | Category: その他身体の問題,股関節痛,肩痛,腰痛,膝痛,首痛

本日は、【腰痛】【膝の痛み】【股関節の痛み】

【肩の痛み】【首の痛み】など 楽になる体幹トレーニングとして、

バランスボールエクセサイズ 「四つん這いエクセサイズ」

についての紹介を以前した

 

   

      

         ↓こちらをクリック         

   バランスボールエクセサイズの紹介ブログ

 

 

のですが、今回はそれが、おおよそ1分ほど 余裕をもって

出来るようになった時に行ってほしい

バランスボールエクセサイズの紹介(上級者編)です!!

 

 

より体のバランスを整えたり、

体の使い方がよくなる バランスボールエクセサイズです!

 

さらに【腰痛】【膝の痛み】【股関節の痛み】

【肩の痛み】【首の痛み】が楽になるエクセサイズですが、

若干エクセサイズが高度になるため、

ケガをしないように十分気をつけて、

無理せず挑戦していただければと思います!!

 

 

上記動画を再生して頂いて、

【腰痛】【膝の痛み】【股関節の痛み】

【肩の痛み】【首の痛み】が楽になる

 

 

バランスボールエクセサイズの方法を知りたい!!

 

とか、

 

どうやってやるんだろう~!!

 

 

などなど疑問に思ったり・・・

 

レクチャーしてほしい!!

 

 

っと、いう方は愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】まで

お気軽に安心してご相談ください!!

 

医療国家資格者が教える【腰痛】【股関節の痛み】が楽になる「腸腰筋ストレッチ」教えます!

2017.10.14 | Category: 股関節痛,腰痛

本日は、【腰痛】や【股関節の痛み】に役立つ

「腸腰筋ストレッチ」についてお話ししたいと思います!

 

 

「腸腰筋」は、そもそも・・・

 

●腸骨筋

●大腰筋

●小腰筋

 

 

という筋肉の総称で、上記3つの筋肉をまとめて呼びます!

 

 

その「腸腰筋」特に大腰筋という筋肉は、とても重要です!

 

 

 

「腸骨筋」とともに骨盤・腰椎(腰骨)から

股関節に付着する筋肉ですので、

腿(ふともも)を上に持ち上げたり、

腰を前屈する時に働く筋肉です!

 

 

ですから・・・

 

 

姿勢を維持したり、

歩行にも、とても重要な筋肉です!!

 

 

この筋肉が硬くなると、

腰が丸まってしまうような

骨盤の後傾状態を作りやすくなりますので、

猫背を作りやすくし、腰痛が起こりやすくなります!!

 

 

 

また「小腰筋」という筋肉もあるのですが、

筋肉自体もとても細く、小さく、

約50%の人にない筋肉ですので、

あまり考えなくても良いと思います!!

 

 

では、実際の筋肉がどうなっていて、

どうするとしっかりストレッチできるか説明したいと思います!!

 

 

【「腸腰筋」の3つの筋肉】

 

●腸骨筋

 

  

 

『腸骨(骨盤) → 腿(もも)の骨』

 股関節の屈曲・・・腿(もも)上に持ち上げる

 

 

●大腰筋

 

  

 

『腰椎(腰骨) → 腿(もも)の骨』

 股関節の屈曲・・・腿(もも)上に持ち上げる

 体幹の屈曲・・・腰を前屈する

 

 

●小腰筋

 

  

 

『腰椎(腰骨) →  骨盤(腸骨・恥骨)』

 体幹の屈曲・・・腰を前屈する

 

 

そして、これら上記の筋肉をストレッチするには、

筋肉の作用の逆をするとストレッチ出来ますので・・・

 

 

 股関節の屈曲(腿を上に持ち上げる) ⇔ 股関節の伸展(腿を後ろに引く)

 体幹の屈曲(腰を前屈) ⇔ 体幹の伸展(腰を反る)

 

 

の2つを同時に行うことが出来れば、

しっかり「腸腰筋」をストレッチ出来ます!!

 

 

実際のストレッチは、下の写真のようになりますが、

ストレッチしているのは、左の「腸腰筋」になります!!

 

 

このストレッチのポイントは、

左足を後ろに引いていくときに、

腰がそれにともなって前屈してストレッチしやすいので、

しっかり、体の中心軸を意識した上で、

腰が前屈しないように、

つまり前のめりにならないように

(背筋をまっすぐにする)

ストレッチするのがポイントです!!

 

 

前のめり状態でのストレッチは、

ほとんど「腸腰筋」は、ストレッチできず、

左膝周辺の筋トレになってしまいますので、

注意が必要です!!

 

 

この「腸腰筋」ストレッチをしっかり行いますと、

腰が丸まりにくくなり、骨盤を立てることができるようになります。

 

 

つまり骨盤の前傾状態を作りやすくなりますので、

猫背になりにくく、【腰痛】【股関節の痛み】が起こりにくくなります!!

 

 

皆様も一度、試してみてはいかがでしょうか!??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える【腰痛】【股関節の痛み】に役立つ『臀筋ストレッチ』を教えます!

2017.10.02 | Category: 股関節痛,腰痛

本日は、【腰痛】や【股関節の痛み】に役立つ

『臀筋(でんきん)』ストレッチについて、

ご紹介したいと思います!

 

 

『臀筋(でんきん)』は、お尻についている3つの筋肉ですが、

その筋肉の走行は、

骨盤(腸骨)から股関節(大腿骨)

くっついています!

 

 

3つの筋肉はそれぞれ、

 

●大臀筋

●中臀筋

●小臀筋

 

があります!

 

 

●大臀筋(だいでんきん)

 股関節の伸展(足を後ろに下げる)の働きをする筋肉

 

 

 

●中臀筋(ちゅうでんきん)

 股関節の外転(足を横に上げる)の働きをする筋肉

 

 

 

●小臀筋(しょうでんきん)

 股関節の外転(足を横に上げる)と内旋(股関節を内側に回旋させる)の働きをする筋肉

 ほとんど中臀筋と作用は同じです。

 

 

 

という作用を持っており、

これら筋肉のストレッチを実践しますと、

腰や股関節の動きが良くなります!!

 

 

実際のストレッチは、下の写真の通りです!!

 

 

写真で説明しますと、上の写真のストレッチは、

左の臀筋(おしりの筋肉)を伸ばしています。

 

 

右股関節に対して、矢状面上に直線を引いた

(股関節からまっすぐ下に下ろした線)として

右足が身体の内側に入ってしまうと、

体幹(身体の)左回旋が入ってしまい、

しっかり左のお尻の臀筋にテンションがかかりません!!

 

 

どちらかというと右股関節に対して、

右足は外側に位置させてストレッチしますと

左の臀筋にしっかりテンションがかかりストレッチできます!!

 

 

また背中は、なるべく真っすぐにして出来ると、なお良いです!!

 

どうしても身体が硬かったり、臀筋の筋肉に柔軟性がないと

背中が曲がってしまい、しっかりお尻の筋肉に正しく

テンションがかかりません!!

 

 

この2点をしっかり注意して臀筋(おしりの筋肉)を

しっかりストレッチしてあげると

腰から股関節周りの筋肉に刺激が入り、

腰や股関節周りの動きが良くなりますので、

一度皆様も試してみてはいかがでしょうか!??

 

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える腰痛・股関節の痛み・膝の痛みに効果抜群!スクワットのやり方と注意点を教えます!

2017.06.11 | Category: その他身体の問題,ダイエット,ランニング,股関節痛,腰痛,膝痛

腰痛・股関節の痛み・膝の痛みに効果があるとされる

トレーニングは、数々あるかと思いますが、

正しいやり方で、膝の負担がかかりくい

上手なスクワットがやれるととても筋力トレーニングとして効果があります!

 

 

逆に間違ったスクワットのやり方を一生懸命実践すると

膝を痛めるだけでなく、股関節の痛みや腰痛を助長してしまうことも

ありますので注意が必要です!!

 

 

それでは、正しいスクワットはどうすれば良いのでしょうか!??

 

 

正しいスクワットのポイントは、

①顎を軽く引く

②骨盤が後傾しない(ソファーに、だらぁ~と座った時の腰の状態)

③背筋を真っ直ぐにする

④膝先が足のつま先より前に出ない

 

 

 

が大きなポイントとなります!!

 

通常の筋力トレーニングと一緒で、

スクワットも人間がもっている沢山の筋肉を使って、

スクワットをすることが重要です。

 

 

正しいスクワットができると、

膝周りの筋肉に負荷がかかるだけでなく

お尻の筋肉や腿裏の筋肉にも負荷がかかります!

(※スクワットをして膝が痛くなるようでは、やり方は間違っています!)

 

 

逆に間違ったスクワットは、

 

①顎が上がっている

②骨盤が後傾する(ソファーに、だらぁ~と座った時の腰の状態になる)

③背筋が曲がっている

④膝先が足のつま先より前に出ている

 

 

間違ったスクワットをしますと、

おおかた膝の内側が痛くなったり、

膝が内側に入った状態で、スクワットをすると、

X脚のような姿勢になり、

膝の外側が痛くなることが多くなります!!

 

 

このように正しいスクワットが実践できますと、

膝周り、骨盤周りの筋肉の強化ができますし、

骨盤の安定性も獲得することができます!!

 

 

このような状態になれば、身体全体の安定性が高まり

腰痛、股関節の痛み、膝の痛みなどが軽減する可能性が高くなります!!

 

 

もし、上記のようなスクワットトレーニングや、

その他の筋力トレーニングなどどうやったらいいかわからないなど

疑問がございます方は、尾張旭市東山町のうの整骨院まで、

お気軽に安心してご相談くださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整体、マッサージ、カイロプラティックなど、痛い施術の方が効果が高いか?それとも痛くないソフトな施術の方が効果が高いか?

2017.04.06 | Category: AKA施術,MTS施術,その他身体の問題,交通事故施術,手痛,手首痛,肘痛,股関節痛,肩痛,背部痛,腰痛,膝痛,足痛

整体、マッサージ、カイロプラティックなど

世の中には、多種多様の施術があります。

 

実際に施術を受けた事がある方は、

かなり痛い施術を受けた方もいれば、

これで本当に良くなるんですか?

 

っと、いうぐらい触っているだけのような

ソフトな施術も存在します。

 

 

 

実際に尾張旭市東山町うの整骨院でも、

腰痛、膝痛、足の痛み、首痛、肩痛など

全ての痛みやしびれに対して、

MTS施術やAKA施術を施し、

施術に当たっていますが、

とてもソフトで少し触っているだけでのような施術です!

 

 

僕の個人的な意見ですが、

施術は、お客様にソフトで軽い方が良いと思っています!

(刺激は弱くても、効力は深く効かせますが。。。)

 

 

痛い施術は、お客様に恐怖心をあおるだけでなく、

体に警戒心を与えてしまい

結果、筋肉、靭帯など緩めなければいけない体を

逆に硬くしてしまう可能性があります!

 

 

 

例えば、施術でなくても痛い事をされる瞬間は、

誰でも体を硬くして、防御し警戒しますよね!?

 

 

施術もせっかく良い刺激を与えられたとしても

痛くては、お客様がリラックス出来ず、

体を硬くしてしまうでしょう!

 

 

それでお客様の体に良い刺激を奥深くまで与えられるでしょうか!?

 

 

僕は、それは難しいと思っています!

 

 

確かに痛い刺激施術は、やられた感が強く残り、

いかにもしてもらったという感じが殘ります!

 

 

しかし、お客様がリラックスした状態で、

ソフトで柔らかい施術、施術を行った方が、

お客様の体の奥底に効果を響かせることが出来ます!

 

 

皆様も施術に関しては、様々な意見はあるかと思いますが、

僕の意見も頭の片隅に留めていただけると

良いと思います!

 

 

 

えっ!?【横座り】で身体は悪くなるの!??女性に多い【横座り】がもたらす身体への影響・・・

2017.01.20 | Category: 股関節痛,腰痛,膝痛,足痛

こんばんは!!

尾張旭市東山町のうの整骨院 宇野 彰男です。

 

先日、いらっしゃった女性のお客様で、

左膝と慢性的な腰痛、足の裏の痛みがある

ということでご来院頂きました。

 

こちらのお客様は、数か月前より

床に座って仕事をすることが多くなり、

特に座った状態で立ち上がると、

左膝が痛くなるという症状でした!!

 

よく骨盤の歪みが起こりやすくなる

「足を組んで座る」

「横座りをする」

などの行為が身体の歪みを作りやすい

とは聞かれますが、

実際に客観的に自分の姿を見てみないとわかりません!!

 

っということで、その方は床に座って仕事をすることが

多くなり、なおかつ【横座り】が多くなったとの情報を

頂いたので、実際に写真を撮影させて頂きました!!

 

【右横座り】

 

【左横座り】

 

上の写真を見て頂くと・・・

 

【右横座り】の方が、身体が真っすぐになり、

姿勢がピッと伸びています。

また身体の真ん中の線が、

頭のつむじまで真っすぐになっています。

 

【左横座り】になると、わずかではあるものの

身体が左に湾曲したような状態で、

身体の真ん中の線は、つむじより左側を通過しています。

(軸がズレている=身体が歪んでいる)

 

実際に、こちらのお客様は【左横座り】がとてもやりやすく、

いつも【左横座り】で床に座っている方が多かったとのことでした!

 

ですから、【左横座り】をなるべくしないで頂き、

どうしてもする場合は、なるべく【右横座り】でやってください!!

 

っと、お勧めしました!!

 

その後、当院での施術を受けて頂きながら、

座り方を気を付けて頂くことで、

治らないと思っていた慢性腰痛、左膝痛、

足の裏の痛みがすべて改善してしまいました!!

 

皆様も意外と自分では気が付いていないことが多いですが、

【横座り】をすることで、身体の歪みを

作っていないでしょうか!??

 

当院では、施術ももちろん、全力で行いますが、

日常生活の姿勢や身体の使い方など、

トータルでお客様を診ていくことで、

お身体の不調を改善していけるように

サポートさせて頂いております!!

 

もし、ご自分のお身体に気になることがございましたら、

お気軽に安心して尾張旭市東山町うの整骨院にご相談くださいね!!

 

医療の国家資格保持者が教える腰痛、股関節痛、膝痛にとっても効果的!!およそ1分で健康になるバランスボールトレーニングの紹介!!

2015.11.18 | Category: ダイエット,股関節痛,腰痛,膝痛

こんにちは!!

尾張旭市東山町のうの整骨院 宇野 彰男です!!

 

 

本日は、痛みに困っている方にとても参考になります

バランスボールの使い方の紹介をしたいと思います!!

 

腰痛、股関節痛、膝痛がある人にもっとも多いのが、

 

 

大腿(もも)部についている内転筋という筋力が弱い人がほとんどです!!

 

 

そう言った人が、片足で立ってもらうと

臀筋(お尻)の筋肉が使えませんので、

外側に荷重がかかり、腸脛靭帯や外側広筋など

足の外側の筋肉が張って、パンパンになります!!

 

 

そうなると、

O脚になり膝が痛くなったり、

骨盤が外側に開きやすくなり、

股関節が痛みやすかったり、

骨盤が後傾(うしろに傾く)して、

腰痛になりやすかったりしてしまいます!!

 

 

そこで、その腰痛、膝痛、股関節痛になりにくくするため

腿の内転筋、股関節のインナーマッスルなどの

骨盤周囲筋をバランスボールでトレーニングすると

腰痛や膝痛、股関節痛がとても楽になります!!

 

では、実際何をしたらよいでしょうか??

 

 

それは・・・

 

 

バランスボールの四つん這いエクセサイズです!!

 

 

少し難しい方もいるかもわかりませんが、

これをやっていただくととても症状が改善しやすかったり、

身体が痛みにくい状態を作ることが出来ます!!

 

 

では、実際にはどうやるのか・・・・

 

 

★バランスボール四つん這いエクセサイズ

 

DSCN0197

 

①バランスボールに両膝を乗せる。

 (この時、膝と膝の間は、コブシ1個半~2個あける)

 

②両足とバランスボールの隙間を作らず、

 両膝でバランスボールを床に押し付ける(骨盤から力を入れる)

 

③両手をバランスボールに置き、両手、両膝が

 ほぼ正方形を作るように配置する。

 

④バランスボールにかけた両膝の圧力を抜かずに、

 前方に体重移動させていく。

 

 

上記のやり方で約1分間トレーニングをするだけで

やった直後に直立した場合、

良い重心で立つことができ、

腰痛や膝痛、股関節痛がとても楽になります!!

 

 

当院では、上記のようなトレーニングをアドバイスしたり、

また症状に応じて効果的な様々なストレッチをアドバイスしています!!

 

 

皆様も、だまされたと思ってやってみてくださいね!!

 

 

〒488-0825

愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F

うの整骨院

☎052-768-6186(予約優先)