TEL ネット予約 LINE

「ぎっくり腰」「足首の捻挫」「膝の痛み」「肘の痛み」「手首の痛み」に効果的に効く施術、冷湿布お伝えします! | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 肘痛の記事一覧

「ぎっくり腰」「足首の捻挫」「膝の痛み」「肘の痛み」「手首の痛み」に効果的に効く施術、冷湿布お伝えします!

2018.08.13 | Category: MTS施術,手首痛,肘痛,腰痛,膝痛

先日、尾張旭市東山町【うの整骨院】に来ていただいたお客様で・・・

 

 

テニスをしている最中に、足下にテニスボールがあるのを気づかず、

テニスボールを右足で踏んでしまった瞬間に、

足首を内側に捻挫をした40代の女性の方がいらっしゃいました!!

 

 

右の足首の外くるぶしが腫れすぎていて、

普通に歩くこともままならず、

当然ながらビッコを引くというような歩行状態でした!!

 

 

お体を詳しく拝見させて頂きますと、

右の足首の外くるぶしが骨の形がみえないほど腫れ上がり、

当然、右足首を動かそうとすると激痛で

足首の可動性も悪く、動かしづらくなっていました!!

 

 

同時に熱感をもっていました!

 

 

検査をしたところ、右の立方骨という足の骨が

外旋(そとに回旋)することで、

右のPSIS(上後腸骨棘)といって、

右後ろの骨盤の場所が下に下がってしまっていました!

 

 

またさらに検査していくと、

右後ろの骨盤の歪みは、

右の5番の頚椎(首の骨)に影響を起こしており

軽く良い方向にアジャスト(調整)してみると、

腫れはすぐにはひきませんでしたが、

足首の可動性が検査前より幾分改善されたので、

右の首の頚椎(首の骨)で調整ベットで本アジャスト(調整)しました!!

 

 

 

最後に足首の捻挫やぎっくり腰、膝の痛み、肘の痛み、手首の痛みなど

急性(ケガ)の患部にMTS施術の浦野大先生よりお話があった

㈱吉田養真堂というところで販売されています

【クールパッチ】【クーリングパッチ】

という湿布を患部に貼りました!!

(※筋力テストでOKだったので・・)

 

 

 

すると2日後に当院に来ていただいた時には、

びっくりするほど腫れが引くのと同時に、

至って普通に歩行していました!!

 

 

 

お客様自身も日に日に腫れの引き具合と

痛みの減少具合にびっくりされたようで、

こちらの湿布の効力には驚きを隠せませんでした!!

 

 

その後、何回か施術させて頂きましたが、

2週間後のテニスの試合に出場したいとおっしゃっていて、

受傷当初の腫れ具合と痛み具合では難しいと思っていましたが、

テニスの試合に参加できたことに喜ばれていました!!

 

 

急性(ケガ)による施術は、他の施術院などでは、

ほとんど患部を触ることが出来ないため、

電気などの施術機器などを患部に軽くあてる程度で、

深い施術が難しいですが、MTS施術は違います!!

 

 

MTS施術は痛めた手や足、膝、手首などの

患部は直接アジャスト(調整)せず、

首や骨盤などで根本的な調整をすることで、

手や足、膝、手首を調整をします!!

 

 

MTS施術は、痛めた患部を調整するという対症療法ではなく、

骨盤、脊柱(背骨)、頭蓋骨を調整することで、

身体の深い場所を施術していき自然治癒力を高めていきます!!

 

 

もしお身体に不調があり、お困りの方は、

愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】まで、

お気軽に安心してご相談ください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整体、マッサージ、カイロプラティックなど、痛い施術の方が効果が高いか?それとも痛くないソフトな施術の方が効果が高いか?

2017.04.06 | Category: AKA施術,MTS施術,その他身体の問題,交通事故施術,手痛,手首痛,肘痛,股関節痛,肩痛,背部痛,腰痛,膝痛,足痛

整体、マッサージ、カイロプラティックなど

世の中には、多種多様の施術があります。

 

実際に施術を受けた事がある方は、

かなり痛い施術を受けた方もいれば、

これで本当に良くなるんですか?

 

っと、いうぐらい触っているだけのような

ソフトな施術も存在します。

 

 

 

実際に尾張旭市東山町うの整骨院でも、

腰痛、膝痛、足の痛み、首痛、肩痛など

全ての痛みやしびれに対して、

MTS施術やAKA施術を施し、

施術に当たっていますが、

とてもソフトで少し触っているだけでのような施術です!

 

 

僕の個人的な意見ですが、

施術は、お客様にソフトで軽い方が良いと思っています!

(刺激は弱くても、効力は深く効かせますが。。。)

 

 

痛い施術は、お客様に恐怖心をあおるだけでなく、

体に警戒心を与えてしまい

結果、筋肉、靭帯など緩めなければいけない体を

逆に硬くしてしまう可能性があります!

 

 

 

例えば、施術でなくても痛い事をされる瞬間は、

誰でも体を硬くして、防御し警戒しますよね!?

 

 

施術もせっかく良い刺激を与えられたとしても

痛くては、お客様がリラックス出来ず、

体を硬くしてしまうでしょう!

 

 

それでお客様の体に良い刺激を奥深くまで与えられるでしょうか!?

 

 

僕は、それは難しいと思っています!

 

 

確かに痛い刺激施術は、やられた感が強く残り、

いかにもしてもらったという感じが殘ります!

 

 

しかし、お客様がリラックスした状態で、

ソフトで柔らかい施術、施術を行った方が、

お客様の体の奥底に効果を響かせることが出来ます!

 

 

皆様も施術に関しては、様々な意見はあるかと思いますが、

僕の意見も頭の片隅に留めていただけると

良いと思います!

 

 

 

湿布はどこに貼るのが良いと思いますか!??

2015.02.19 | Category: その他身体の問題,手痛,手首痛,肘痛,股関節痛,肩痛,背部痛,腰痛,膝痛,足痛,首痛

おはようございます!!

尾張旭市東山町のうの整骨院 宇野 彰男です。

 

 

今回は、湿布はどこに貼るのが良いのか!??

 

 

についてお話します!!

 

湿布は、もともと肌に直接貼るものなのですが、

湿布には、インドメタシン、ロキソニン、ボルタレンなど、

痛みを和らげる飲み薬とほぼ同じ成分が入っていますが、

その他にもスーっとして気持ちよくなる成分や

血行などを促進する成分などが、混在しています。

 

 

湿布は、飲み薬と違って、直接痛いところに貼りますので、

患部の皮膚から直接痛みのある部分に浸透して効かせますので、

効果があります。

 

 

痛み止めの薬も勿論、効果はあるのですが、

一度、体内の腸などで吸収され、

全身の血液として痛み止めの成分が流れますので、

副作用が起こったり、一番効いて欲しい箇所に

薬の成分が到達しにくかったりする可能性があります!!

 

 

ですから、湿布を貼る際には、

必ず痛みのある場所に直接貼る必要があります!!

 

 

中には、病院などで足の痛みが腰が原因で痛くなっているわけだから、

足が痛いのに、腰に湿布を貼る人がいます。

 

 

上記の説明からも

湿布を貼るのは、湿布に含まれる痛み止めなどの成分を

直接皮膚から浸透させて、痛みのある部分に

効かせるよう使用してください!!

 

 

もし湿布のことで分からないことがあったり、

貼り方や、どうして痛みが出るなどのアドバイスがほしいという方は、

尾張旭市東山町のうの整骨院までお気軽にご相談くださいね!!

 

 

 

 

両テニス肘(上腕骨外側上顆炎)のお客様の症例

2014.11.10 | Category: 肘痛

こんばんは!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「両テニス肘」でご来院頂きました

お客様Aさんについてご紹介させて頂きます!

 

今年の6月あたりに重い旅行鞄を長い時間持ち歩いてから、

しばらくすると肘が痛くなったそうで、

当院にきて頂く前は、1か月前から

整形外科で肘の超音波施術と痛み止めの注射を

1か月間継続していたのですが、

一向に改善傾向にないため、どうにかしたいということで

ご相談に来られました。

 

お身体を拝見させて頂くと、

両肘のThomsen test 陽性、中指伸展テスト 陽性で

完全なテニス肘でした。

 

身体の土台である骨盤を診ますと、

腰を後ろに反った時に、左側に傾きますし、

腰の回旋も右に比べ左がとても行きやすくなっています。

また肩の可動域を検査した場合に、

左肩の挙上が明らかに悪く、ひっかかりがあります。

また前脛骨筋、長母趾伸筋の筋力テストをしますと、

左は、とても筋力が入りやすいのですが、

右は、ほとんど入っていなく、左右差がありました。

 

A様には、確かに肘は痛いかもしれませんが、

身体はバランスをとっていますので、

結果的に肘に痛みが来ているので、

本来の原因は、肘ではありません。

身体全体のバランスを整えていく中で、

肘の痛みは良くなっていきますよ!!

っと、お伝えしました。

 

しかし、Aさんはそんな馬鹿な!!

っと、いうような表情で半信半疑なようでした。

 

しかし、施術を継続していく中で、

ほとんど肘は触らず骨盤、頸椎の施術を繰り返していたのですが、

2回目から少し変化が出て、調子が良くなり、

5回目でかなり痛みが和らいだと喜んでいらっしゃいました。

 

整形外科等では、肘が痛いと

肘の超音波、マッサージのみのような対症療法が主ですが、

肘の痛いお客様でも結構、腰や肩が痛かったり、

可動性が悪かったりします。

ですから身体のバランスを崩している方がほとんどです。

 

当院では、勿論痛む部位も施術をしていきますが、

一部分だけに目をとらわれず、全体を診て施術していきます!!

 

もしテニス肘にて様々な施術院や、

病院等行ってもなかなか良くならないという方は、

一度当院へご相談くださいね!!

 

 

 

 

 

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)

2014.09.16 | Category: 肘痛

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「ゴルフ肘(上腕骨内側上炎)」について

お話しします!!

 

ゴルフ肘は、

テニスでフォアハンドでボールを打ち返した時に痛んだり、

ゴルフスイングのインパクトで肘に痛みが来たり、

包丁フライパンを使う時に肘が痛む

などの時に痛みます。

 

これは、主に肘の内側が痛むのですが、

肘の内側に付着する

 

尺側手根屈筋と内側上顆が擦れて

炎症を起こすことによって痛みます。

 

 

当院では、ゴルフ肘の施術として、

AKA療法、MTS療法で対処します。

肘に痛みがあるからと言っても必ずしも

原因の大元が肘にあるとは限りません。

 

仙腸関節やその他の椎間関節、胸鎖関節などから

肘の痛みを引き起こしている場合もあります。

 

筋力テスト等で原因の大元を探し出し、

施術することで痛みがとても和らぐことが多いです。

 

もしゴルフ肘の症状でお悩みの方は、

うの整骨院までお気軽にご相談下さい!!

 

 

野球肘の痛み(外側型と内側型、後方型があります!)

2014.08.27 | Category: 肘痛

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「野球肘」についてお話したいと思います!!

 

野球肘は、成長期(10歳~16歳)のピッチャーに多く発生しやすく

投げる動作にて肘の疼痛が起こります。

使い過ぎ(オーバーユース)、投げすぎによるものだと言われていますが、

肘の内側、外側、後ろ側に発生することがほとんどです。

 

内側型の痛みは、投球動作の時に回内屈筋(曲げる筋)によって牽引力が加わり、

回内筋群や尺骨神経、内側側副靭帯が伸ばされ、損傷が発生します。

酷くなると上腕骨内側上顆に屈筋群はほとんど付着していますので、

引っ張られることによって、剥離骨折することもあります。

 

外側型の痛みは、上腕骨小頭と橈骨頭に圧迫がかかり、

骨壊死、欠損、遊離体(骨の骨片など)の離断性骨軟骨炎が発生します。

 

後方型の痛みは、減速期(フォロースルー期)に肘を伸ばした状態で

尺骨肘頭に牽引力がかかり酷くなると剥離、疲労骨折などが発生します。

 

では、こういった症状に対して、どう施術していくか!??

 

当院では、AKA施術とMTS施術を駆使して、

①仙腸関節

②第1肋椎、第1胸肋関節

③胸鎖関節

④第2肋椎、第2胸肋関節

を施術していきます。

 

この施術を行っていきますと、

野球肘の痛みがとても緩和することが多いです。

炎症が強い場合は、すぐに痛みがなくなるわけではありませんが、

徐々に軽減していきます。

 

もし野球による肘の痛みでお困りの方は、

うの整骨院までお気軽にご相談ください!!

 

 

 

 

 

四十肩、五十肩(肩、肘、首、手首の痛み)

2014.08.17 | Category: AKA施術,肘痛,肩痛,首痛

こんばんは!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男 です。

 

今回は、

「四十肩、五十肩(肩、肘、首、手首の痛み)」

についてお話ししたいと思います!!

 

そもそも四十肩、五十肩は、肩に現れる症状で、

骨折、脱臼、捻挫、打撲、リウマチなど外的要因がないのに、

肩が痛くなったり、腕が挙上できなくなることを言います。

 

四十肩、五十肩は、40歳代、50歳代、60歳代によくなる

肩痛なので、四十肩、五十肩といい、病名ではありません!

病院で、仮に病名をつけるなら・・・

「肩関節周囲炎」と言われるのが多いと思います!!

 

また痛みは、肩だけにおさまらず、首や腕にも及ぶ場合があり、

夜間痛と呼ばれる夜寝ていて痛くて寝られないのも

一つに特徴になることがあります!!

 

 

この四十肩、五十肩ですが、当院の施術方針としては、

ほとんどの場合は、

①仙腸関節(仙骨と腸骨の関節)

②胸鎖関節(胸骨と鎖骨の関節)

③胸椎椎間関節(背骨の骨と背骨の骨の関節)

④肋椎関節(肋骨と椎骨(背骨の骨)の関節)

⑤胸肋関節(胸骨と肋骨の関節)

の機能異常としてとらえ、

MTS療法、AKA療法により施術していきます!!

 

施術を致しますと、

上がらなかった肩が上がりやすくなったり、

痛みがなく肩が上がったりすることが多いです!

 

しかし、この状態はすぐに悪い方へ戻りやすいですので、

何度も施術を繰り返していくことが必要です!!

 

皆さまも四十肩、五十肩でお悩みの方は、

ぜひうの整骨院までお気軽にご相談下さい!!

 

 

 

 

テニス肘(上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎)

2014.08.05 | Category: 肘痛

こんにちは!

尾張旭市うの整骨院 宇野 彰男です。

 

 

本日は、「テニス肘」(上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎)

についてお話したいと思います。

 

 

テニスには、バックハンドとフォアハンドがありますが、

バックハンドは、主に肘の外側の骨の出っ張り部分

またフォアハンドでは、肘の内側の骨の出っ張り部分が痛くなります!

 

 

特に、バックハンドで行う上腕骨外側上顆炎が多いです!!

この症状になりますと、

 

①物を掴んで持ち上げる動作

②水を含んだタオルを絞る動作をすると肘が痛みます

 

 

何もしていない時には痛くないのですが、

手首を背屈(そらす)方向に力を加えると痛みます。

 

 

これは、肘の外側(外側上顆)には

手首を反らす筋肉が集中して付着しています!!

そのため手首を反らす筋肉、

長橈側手根伸筋や短橈側手根伸筋、総指伸筋(指を反らす)の

使い過ぎが原因で痛くなっていると言われます。

 

 

一般的な施術では、シップを処方されたり

注射をしたり肘のバンドを処方されたりします。

中には少ないですが、手術をされる方もいます。

 

 

病院のリハビリでは、超音波施術にて患部を施術し、

肘周りの筋肉をマッサージするというのが一般的です。

 

 

しかし、なかなか肘の痛みが治らないと言う方が

沢山おられます!!

 

 

それは、なぜかといいますと・・・

 

 

肘の痛みの本当の原因が、肘にないからです!!

 

 

恐らくテニス肘で悩んでいらっしゃる方の大半が、

腰や股関節が痛かったり、肩や腕まで痛いことがあります。

 

 

実は、テニス肘の原因が、

腰の仙腸関節や他の関節の機能異常だったりすることがあります!

 

 

当院では、肘が痛いからと言ってほとんど肘は触りません!!

 

 

テニス肘の場合ですが、

AKA施術では、

①仙腸関節(腰)

②第1、2、5肋椎関節

③第1、2、5胸肋関節

④胸鎖関節

を施術します。

 

 

そこにしっかりアプローチ出来ますと、

肘の痛みがとても和らぎます!!

 

 

もしテニス肘(上腕骨外側上顆炎、上腕骨内側上顆炎)の痛みでお困りの方は、

お気軽にうの整骨院までご相談ください!!