TEL ネット予約 LINE

整体、マッサージ、カイロプラティックなど、痛い施術の方が効果が高いか?それとも痛くないソフトな施術の方が効果が高いか? | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 手痛の記事一覧

整体、マッサージ、カイロプラティックなど、痛い施術の方が効果が高いか?それとも痛くないソフトな施術の方が効果が高いか?

2017.04.06 | Category: AKA施術,MTS施術,その他身体の問題,交通事故施術,手痛,手首痛,肘痛,股関節痛,肩痛,背部痛,腰痛,膝痛,足痛

整体、マッサージ、カイロプラティックなど

世の中には、多種多様の施術があります。

 

実際に施術を受けた事がある方は、

かなり痛い施術を受けた方もいれば、

これで本当に良くなるんですか?

 

っと、いうぐらい触っているだけのような

ソフトな施術も存在します。

 

 

 

実際に尾張旭市東山町うの整骨院でも、

腰痛、膝痛、足の痛み、首痛、肩痛など

全ての痛みやしびれに対して、

MTS施術やAKA施術を施し、

施術に当たっていますが、

とてもソフトで少し触っているだけでのような施術です!

 

 

僕の個人的な意見ですが、

施術は、お客様にソフトで軽い方が良いと思っています!

(刺激は弱くても、効力は深く効かせますが。。。)

 

 

痛い施術は、お客様に恐怖心をあおるだけでなく、

体に警戒心を与えてしまい

結果、筋肉、靭帯など緩めなければいけない体を

逆に硬くしてしまう可能性があります!

 

 

 

例えば、施術でなくても痛い事をされる瞬間は、

誰でも体を硬くして、防御し警戒しますよね!?

 

 

施術もせっかく良い刺激を与えられたとしても

痛くては、お客様がリラックス出来ず、

体を硬くしてしまうでしょう!

 

 

それでお客様の体に良い刺激を奥深くまで与えられるでしょうか!?

 

 

僕は、それは難しいと思っています!

 

 

確かに痛い刺激施術は、やられた感が強く残り、

いかにもしてもらったという感じが殘ります!

 

 

しかし、お客様がリラックスした状態で、

ソフトで柔らかい施術、施術を行った方が、

お客様の体の奥底に効果を響かせることが出来ます!

 

 

皆様も施術に関しては、様々な意見はあるかと思いますが、

僕の意見も頭の片隅に留めていただけると

良いと思います!

 

 

 

神経障害性疼痛

2015.03.01 | Category: 手痛,腰痛,足痛,首痛

おはようございます!!

尾張旭市東山町のうの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、神経障害性疼痛についてお話します。

 

神経障害性疼痛とは、痛みやシビレの原因が、

神経の障害や圧迫によって起こるものを言います。

 

障害や圧迫された神経の場所により、

「中枢性」と「抹消性」とに分けられます。

 

神経障害性疼痛には、

①坐骨神経痛

②腰痛症

③糖尿病神経障害

④帯状疱疹後神経痛

⑤三叉神経痛

⑥顔面神経痛

 

などがあります。

 

神経障害性疼痛は、神経の障害と圧迫ですので、

その障害を取り除くことで痛みなどが和らぎます。

 

尾張旭市東山町のうの整骨院では、

この神経障害性疼痛に関しては、

神経の障害と圧迫を骨盤の歪みなど、

身体のバランスを診て、施術していきます!!

 

湿布はどこに貼るのが良いと思いますか!??

2015.02.19 | Category: その他身体の問題,手痛,手首痛,肘痛,股関節痛,肩痛,背部痛,腰痛,膝痛,足痛,首痛

おはようございます!!

尾張旭市東山町のうの整骨院 宇野 彰男です。

 

 

今回は、湿布はどこに貼るのが良いのか!??

 

 

についてお話します!!

 

湿布は、もともと肌に直接貼るものなのですが、

湿布には、インドメタシン、ロキソニン、ボルタレンなど、

痛みを和らげる飲み薬とほぼ同じ成分が入っていますが、

その他にもスーっとして気持ちよくなる成分や

血行などを促進する成分などが、混在しています。

 

 

湿布は、飲み薬と違って、直接痛いところに貼りますので、

患部の皮膚から直接痛みのある部分に浸透して効かせますので、

効果があります。

 

 

痛み止めの薬も勿論、効果はあるのですが、

一度、体内の腸などで吸収され、

全身の血液として痛み止めの成分が流れますので、

副作用が起こったり、一番効いて欲しい箇所に

薬の成分が到達しにくかったりする可能性があります!!

 

 

ですから、湿布を貼る際には、

必ず痛みのある場所に直接貼る必要があります!!

 

 

中には、病院などで足の痛みが腰が原因で痛くなっているわけだから、

足が痛いのに、腰に湿布を貼る人がいます。

 

 

上記の説明からも

湿布を貼るのは、湿布に含まれる痛み止めなどの成分を

直接皮膚から浸透させて、痛みのある部分に

効かせるよう使用してください!!

 

 

もし湿布のことで分からないことがあったり、

貼り方や、どうして痛みが出るなどのアドバイスがほしいという方は、

尾張旭市東山町のうの整骨院までお気軽にご相談くださいね!!

 

 

 

 

肩甲骨と手指の関係ってご存知ですか!??

2014.11.22 | Category: 手痛,肩痛

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「肩甲骨と手指(ゆび)」の関係についてお話します!!

 

まずこの関係を話す前に、

 

人間とチーター、ライオン、ネコなどの動物と違う点はご存知ですか!??

 

それは・・・

 

人間 → 肩甲骨が肋骨と平行に位置しやすい(猫背の人に多い)

       肩甲骨は、肋骨と癒着しやすいので肩甲骨の可動性が失われやすい

       これは、人間はネコ科の動物と違って指先を使うので、

       肩甲骨と肋骨が癒着しやすく、手指が使いやすいそうです。

 

 

反対に、ネコ科は・・・

ネコ科 → 手先は、肉球になっており人間と違って細かい作業はいらない

        肩甲骨が人間と違って、肋骨に対して縦に立っています!!

 

 

この差って、何だと思いますか!??

 

 

よく人間は、肩こりや首こりが多いと言われますが、

ネコ科などの4足動物に肩こりや首こりがないと言われます!!

 

これは、人間のように指先に力が入る人は、

無駄に上半身に力が入るので、上半身の筋肉は硬くなりがちです。

しかし、ネコ科のように肩甲骨が肋骨に対して縦に立っていると、

肩甲骨から指先が一つのセットのように使うことができるので、

上肢のすべての筋肉を使って走ることができるので、

とても地面に対して、前進する力を伝えやすいそうです!!

 

 

逆に人間は、どうでしょうか!??

 

 

確かに人間は、ネコ科と違って、2本の足でしか走れないですので、

4本の手足で走れるネコより遅くなるのは、当たり前と思うかもしれませんが、

人間の走り方に多いのは、肩甲骨を使えない

本当の腕ふり(上腕骨→うでの骨)しかできない人が多いです。

 

 

走るという動作は、肩甲骨と骨盤の連動運動で

スムーズな走りが生まれます!!

 

 

人間にも勿論、肩甲骨を使いしっかり骨盤と連動した走りをした方もいらっしゃいますが、

ほとんどの方は、猫背になり肩甲骨が肋骨と平行にべったりくっつき

肩甲骨の可動性がない人がほとんどですl

 

ですから、ネコ科のように肩甲骨を立てるような動作が人間にもできると

指先に無駄な力が入りにくいので、上半身の力が抜け、

肩こりや首こりなどが起きにくくなります!!

 

ちなみに私は、ある先生より肩甲骨を立てる運動を教えてもらい

行えますが、出来る様になるまでにとても時間がかかりました。

 

しかし、おかげで肩こりや首こりなどはあまりありません!!

 

このように肩甲骨を自分で動かせるようになると

とても身体が楽になり、日常生活が楽になります!!

 

もしこのような肩甲骨の運動を教えてほしい!!!

っと、言われる方は、うの整骨院までお気軽にご相談くださいね!!

 

 

 

  

 

 

 

 

 

バレーボールのケガについて

2014.09.26 | Category: 手痛,腰痛,膝痛

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「バレーボールのケガ」についてお話します!

 

「バレーボール」というスポーツは、

トス、アタック、ブロック、レシーブなどの動作を行い、

それぞれの動作に関節など様々部分を痛めやすいです。

 

特に起こりやすいのは、

レシーブやブロックなどでの「突き指」

アタックなどで腰を捻る動きで起こる「腰痛」、

アタックにおける「肩痛」、

ブロック、アタックなどのジャンプ動作にて起こりやすい「膝痛」

があるかと思います。

 

「突き指」に関しては、第1関節部分に捻りの動きや、

過伸展(過度に伸ばされる)することにより、

靭帯損傷や骨折が起こることあります。

 

マレットフィンガーと言って、

第1関節が手のひら側に曲がったまま

伸びきらなくなる場合もありますので、

ケガをした場合は、早急に処置する必要がありますが、

自己判断に絶対に痛めた関節部分を引っ張ってはいけません。

 

次に「腰痛」ですが、アタックの動作をした場合、

右利きの人は左に腰を捻ります。

練習にて何回も何回もアタックをしていると

腰に過度な捻転力(捻り動作)が加わり、痛めることが多いです。

特に17、18歳あたりの子になりますと、

腰痛の中でも「腰椎すべり症」「腰椎分離症」が起こりやすくなります。

 

さらには、「肩痛」に関しては、

スパイク時の打点が後方にある場合は、肩を痛めるケースが高いので

フォームの修正も必要かもしれません。

 

また「膝痛」に関しては、

アタックなどによる度重なるジャンプ動作によってジャンパー膝や、

膝の内側の靭帯、内側側副靭帯や

膝のクッション作用をしている内側半月板、

また膝の前方向の動作を制御する前十字靭帯などを痛めやすくなります。

 

こういったバレーバールのケガには、

当院では、MTS療法や、AKA療法により、

痛みの根本原因である場所を探し出し、

施術することでとても痛みがとても和らぐと

おっしゃるお客様が多いです。

 

もしバレーボールのケガでお悩みの方は、

うの整骨院までお気軽にご相談ください!!

 

 

 

手足のシビレ

2014.09.21 | Category: 手痛,手首痛,足痛

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「手足のシビレ」についてお話します!

 

そもそも「シビレ」とは、大きく大別できるのですが、

・神経が原因のシビレ

・血管が原因のシビレ

に分けられます。

 

またホルモンバランスの崩れによって起こるものや

脳や精神的なものから起こるものまであります。

 

そして、ほとんど場合が痛みと伴っていることです!

 

一概には言えませんが、

上半身のシビレに関しては、首が原因になっていることが多く

また下半身においては、腰が原因でシビレを引き起こしている場合が多いです。

 

またホルモンや血管、脳などが原因の時は、

手足の両方にシビレが起こることもありますので、

そのようなときは、早急に病院などの医療機関行くことをお勧めいたします。

 

病院などを受診し、それでもなかなか症状が良くならない場合もあります。

手がシビれるからと言って、手だけをマッサージしていたり、

足がシビれるからと言って、足だけをマッサージしていても

大元の原因である首や腰を施術していかなければ

一向に良くなっていかないことが多いです。

 

当院では、

「シビレ」の施術といたしまして、

MTS療法やAKA療法において、

シビレの根本原因である箇所を突き止め

施術することでシビレの度合いが、

減少していくよう施術していきます!

 

もし「手足のシビレ」でお悩みの方は、

うの整骨院までお気軽にご相談ください!!