TEL ネット予約 LINE

先日開催させて頂いた【ランニングフォーム改善教室(4)】のレポートです! | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ランニングの記事一覧

先日開催させて頂いた【ランニングフォーム改善教室(4)】のレポートです!

2018.05.15 | Category: ランニング,院長日記

先日、開催させて頂きました【ランニングフォーム改善教室(4)】のレポートです!

 

他のランニング教室にも参加されたことはあるのですが、

走り方の方法は教えてもらえるが、

 

「実際の自分のランニングフォームはどうなのか?」

 

っというのを知りたくて参加して頂きました。

 

〇「ランニングフォーム修正前」の問題点

①左と右の腕ふりの位置が高い

 →下腹を起点とした骨盤と肩甲骨が連動した腕振りができない

②全体的に体の前面(腹面)で腕ふりをしている

 →肘を後ろに引けていないため、肩甲骨を使った腕ふりがされていません

③肩甲骨と骨盤が自然に連動したフォームになっていない

④下腹の腹筋を使えたランニングフォームでないので、お尻がひけている。

 →後方に足が流れている=下腹の腹筋が弱い

 

〇「ランニングフォーム修正のための改善ポイント」

①両手を挙上し、肘を下げる肩甲骨エクセサイズ。

②両手を後ろに組んで走るエクセサイズ

③骨盤と肩甲骨のを連動させた骨盤ツイストエクセサイズ

④下腹の腹筋を意識するため、両足を伸ばした腹筋エクセサイズ

⑤腿(もも)あげエクセサイズ(リズムよく)

 

〇「ランニングフォーム修正後」のフォームの評価

①左右の腕ふりの位置が下がり、骨盤を起点にした腕振りが出来るように改善

②体の前面を意識した腕ふりから背面の肩甲骨を意識した腕ふりに改善

③肩甲骨と骨盤の連動が上手くできたランニングフォームに改善

③下腹部の腹筋を意識させることで、足が後ろに流れなくなり腰高フォームへ改善

 

【ランニングフォーム修正前 「前方」から】

【ランニングフォーム修正後 「前方」から】

【ランニングフォーム修正前 「後方」から】

【ランニングフォーム修正後 「後方」から】

【ランニングフォーム修正前 「側方」から】

【ランニングフォーム修正後 「側方」から】

平成30年4月29日(日)に開催させて頂いた【ランニングフォーム改善教室(3)】の改善レポートです!

2018.05.07 | Category: その他身体の問題,ランニング,院長日記

平成30年4月29日(日)に開催させて頂きました

【ランニングフォーム改善教室(3)】のレポートです!

 

マラソンも走られているそうですが、

膝や足首など足回りがすぐに痛くなってしまうそうです!

 

〇「ランニングフォーム修正前」の問題点

①左と右の腕ふりの仕方が違う

 →左は肘を後ろにまずまず引けているが、右の肘の後ろに引けていない

②全体的に体の前面(腹面)で腕ふりをしている

 →肩甲骨を使った腕ふりがされていません

③肩甲骨と骨盤が自然に連動したフォームになっていない

④若干、腰が落ちたランニングフォームになっている

⑤体の真下に足の着地がされておらず、ももの前面で体重を受けている。→膝や足周りを痛めやすい

 

〇「ランニングフォーム修正のための改善ポイント」

①両肘を同時に後ろに同じように引き、肩甲骨に伝えるエクセサイズ。

②下腹を意識した腹筋エクセサイズ

③骨盤と肩甲骨の連動を意識させた骨盤ツイストエクセサイズ

④ランニングフォームにて腰高を意識するエクセサイズ

 

〇「ランニングフォーム修正後」のフォームの評価

①左右の腕ふりの肘を引く動作が同じぐらいい改善

②体の前面を意識した腕ふりから背面の肩甲骨を意識した腕ふりに改善

③肩甲骨と骨盤の連動が上手くできたランニングフォームに改善

③下腹部の腹筋を意識させることで、腰高フォームへ改善

【ランニングフォーム修正前 「前方」から】

【ランニングフォーム修正後 「前方」から】

【ランニングフォーム修正前 「後方」から】

【ランニングフォーム修正後 「後方」から】

【ランニングフォーム修正前 「側方」から】

【ランニングフォーム修正後 「側方」から】

 

医療国家資格保持者開催【ランニングフォーム改善教室(2)】のレポート(動画付)です!

2018.05.04 | Category: ダイエット,ランニング,院長日記

平成30年4月29日(日)に開催させて頂きました

【ランニングフォーム改善教室(2)】のレポートです!

 

〇「ランニングフォーム修正前」の問題点

①両肩に力が入りすぎており、両肩が上がっています。

 ※マラソンを走ると30km過ぎると肩や腕がつかれるとの事

②腕ふりの位置が高いです。(みぞおちの辺りで腕ふりしています)

③腕ふりを肩でしている。(脇が締まらず、上半身がブレている)

④上に跳ねていて、腰が落ちたフォームになっている。

⑤体幹の前傾ができておらず、体が立った状態で走っている

 

〇「ランニングフォーム修正のための改善ポイント」

①両手を後ろに組みランニングしてもらい、上腕の位置を確認していただいた。

②下腹を意識した腹筋エクセサイズ

③骨盤と肩甲骨の連動を意識させた骨盤ツイストエクセサイズ

④骨盤の前傾および体幹の前傾を意識するエクセサイズ

 

〇「ランニングフォーム修正後」のフォームの評価

①両肩の位置が下に下がったフォームに改善

②腕ふりの位置が下がり、下腹部を起点とした腕ふりに改善

③肩甲骨と骨盤の連動ができたランニングフォームに改善

③下腹の腹筋を意識でき、腰高のフォームへ改善

④左右のブレや上下のブレが少なくなった

⑤体幹および骨盤の前傾が取れるランニングフォームに改善

 

【ランニングフォーム修正前 「前方」から】

【ランニングフォーム修正後 「前方」から】

【ランニングフォーム修正前 「後方」から】

【ランニングフォーム修正後 「後方」から】

【ランニングフォーム修正前 「側方」から】

【ランニングフォーム修正後 「側方」から】

医療国家資格保持者開催【ランニングフォーム改善教室(1)】のレポート(動画付)です!

2018.05.04 | Category: ダイエット,ランニング,院長日記

平成30年4月29日(日)に開催させて頂きました

【ランニングフォーム改善教室(1)】のレポートです!

 

〇「ランニングフォーム修正前」の問題点

①以前にランニングで痛めていたケガのせいもあって、

 足下がランニング時に気になることもあり、

 どうしても視線が下を向いてしまうこと。

②デスクワークの影響で、猫背姿勢のランニングフォームになる

③蛇行して走っている(→足下を見ているから)

 

〇「ランニングフォーム修正のための改善ポイント」

①肩回り、特に肩甲骨の柔軟性を高めるエクセサイズ

②下腹を意識した腹筋エクセサイズ

③骨盤と肩甲骨の連動を意識させるエクセサイズ

④15mほど前方を見て走るアドバイス

 

〇「ランニングフォーム修正後」のフォームの評価

①15m先を見て走ることで、蛇行の改善

②肩甲骨と骨盤の連動ができたランニングフォームに改善

③下腹が意識できたフォームで、腰の位置も高いフォームへ改善

④左右のブレが少なくなった

⑤中心軸が意識でき背筋が伸びたランニングフォームに改善

 

【ランニングフォーム修正前 「前方」から】

【ランニングフォーム修正後 「前方」から】

【ランニングフォーム修正前 「後方」から】

【ランニングフォーム修正後 「後方」から】

医療国家資格者が教える「ランニング」で速く楽に走れるのと同時に「ケガをしにくい動き作り」を一つ教えます!

2018.03.19 | Category: その他身体の問題,ランニング,腰痛,膝痛

今回は、「ランニング」でケガをしにくいエクセサイズを一つ教えます!

 

 

ランニング時の重要なポイントしていくつかあるのですが、

その一つとして骨盤の前傾を保ちながら走るというのがあります!

 

 

骨盤の前傾とは、極端に言いますと

出っ尻のようにお尻を後ろに突き出した時の状態です。

 

※personal body management ホームページ画像より抜粋

 

逆に骨盤の後傾とは、ソファーなどにダラぁ~っと、

座った時、猫背になった時の骨盤の状態です!

 

 

良いランニングフォームで言えば、

骨盤を前傾状態にしたほうが、

お尻の筋肉を使うことができるため、

腰高で上下動の少ないフォームになります!!

 

 

骨盤が後傾状態になってしまいますと、

お尻の筋肉が上手く使えないことで、

走った時に上下動が大きくなり、

膝や足など関節を痛めやすい状態になります!!

 

 

ランニング時の骨盤の前傾状態が出来ていますと、

下の動画のような動き作りが出来るとブレの少ない

腰高の良いランニングフォームで走れます!!

 

 

ポイントとしましては、動画で確認出来ると思いますが、

どうしても膝を上に上げる際に、

骨盤の後傾状態になったまま

膝を上げる方が多く見受けられます!!

 

 

骨盤の後傾状態で腿(もも)を上にあげると

体軸が無くなり、身体がふにぁ~となって軸がなくなり

足の力が骨盤に伝わりづらくなります!!

 

 

これを改善するためには、

膝を上げる時に「膝を上げることを意識するのは少なめに」

どちらかというと膝を上げる時の「後ろ足全体が伸びきっている」

という方を意識したほうが体軸を維持したまま

腿(もも)を上に上げることが出来ます!!

 

 

フルマラソンでも5時間、6時間かかってしまう方に

これができない方が多いような気がします!

(※練習量も少ないことに原因がある方もいますが・・・)

 

 

こちらの動画を参考にしていただき、

走る前のエクセサイズとして実践していただきますと

良いと思います!!

第75回箱根駅伝10区アンカーを走った時のテレビ編集動画!ランニングをしているランナーのお体の悩み(痛み・しびれ・練習方法・ランニングフォームなど)解決のお手伝いを日々している愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】院長 宇野彰男です!

2017.12.17 | Category: その他身体の問題,ランニング,股関節痛,腰痛,膝痛,足痛

ランニングをしているランナーは日々走っていると

足を痛めたり、腰が痛くなったり、膝が痛くなったりと

様々な場所が痛くなると思います!!

 

 

 

そういったランナーの体の様々なお悩み解決のお手伝いをしている

愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】院長の宇野彰男です!!

 

 

 

今回は、院長が現役時代さまざまなケガを克服して、

第75回箱根駅伝10区アンカーを走った時のテレビ編集動画を

公開してみました!!

 

 

第74回箱根駅伝を走った時のフォームを見てみると、

1年で走り方も変わるんだなぁ~!!

 

っと、思いました!!

 

 

この時は、ケガから復帰して間もない時期に走った時の

箱根駅伝10区アンカーを走った動画です!!

 

 

皆様のランニングフォームの参考になるかわかりませんが、

一度見ていただけると良いと思います!!

 

 

またランニングをするランナーで、

足の痛みや、腰の痛み、膝の痛みなど体の痛みに

今現在、お悩みになっている方は、

箱根駅伝3年連続10区アンカーを中央大学で走った

愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】院長の

宇野彰男ぜひご相談していただければと思います!!

 

第74回箱根駅伝10区アンカーを走る【うの整骨院】院長 宇野 彰男 のテレビ編集動画です!愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】にて、日々、ランニングをするランナーのお体のお悩み解決のお手伝いをしています!!

2017.11.30 | Category: その他身体の問題,ランニング,腰痛,膝痛,足痛

第74回箱根駅伝10区アンカーを中央大学で走る

【うの整骨院】院長 宇野 彰男 のテレビ編集動画です!

 

 

愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】にもランニングをする

ランナーのご来院が多く、走ることで腰痛を起こしたり、

膝が痛くなったり、足が痛くなったり・・・

 

様々な原因でお体のお悩みをお持ちの人がいらっしゃいます!!

 

 

 

愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】院長の宇野 彰男も現役時代は、

月間600kmから多い時で1,000km近く練習で走っていましたので、

膝が痛くなったり、腰が痛くなったり、

足の甲が痛くなったりなどしました!!

 

 

院長が走ってきたことで分かるランナーの体の痛みやしびれなどの症状、

またそれに対してどう対策を施し、予防していくかの方法など、

熟知しております!

 

 

もしランニングをするランナーで、今、

体のあちこちが痛くて、どうしたら良いのだろう~!??

何かランニングに役立つ筋トレやストレッチはないか!??

練習メニューは、どうしたら良いのか!??

 

 

 

などなど、ランニングをするランナーのお体のお悩みを解できるよう

日々尽力しています!!

 

 

もしランニングに関して少しでもお悩みの方は、

愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】まで、

お気軽に安心してご相談くださいね!!

 

 

医療国家資格者が教える腰痛・股関節の痛み・膝の痛みに効果抜群!スクワットのやり方と注意点を教えます!

2017.06.11 | Category: その他身体の問題,ダイエット,ランニング,股関節痛,腰痛,膝痛

腰痛・股関節の痛み・膝の痛みに効果があるとされる

トレーニングは、数々あるかと思いますが、

正しいやり方で、膝の負担がかかりくい

上手なスクワットがやれるととても筋力トレーニングとして効果があります!

 

 

逆に間違ったスクワットのやり方を一生懸命実践すると

膝を痛めるだけでなく、股関節の痛みや腰痛を助長してしまうことも

ありますので注意が必要です!!

 

 

それでは、正しいスクワットはどうすれば良いのでしょうか!??

 

 

正しいスクワットのポイントは、

①顎を軽く引く

②骨盤が後傾しない(ソファーに、だらぁ~と座った時の腰の状態)

③背筋を真っ直ぐにする

④膝先が足のつま先より前に出ない

 

 

 

が大きなポイントとなります!!

 

通常の筋力トレーニングと一緒で、

スクワットも人間がもっている沢山の筋肉を使って、

スクワットをすることが重要です。

 

 

正しいスクワットができると、

膝周りの筋肉に負荷がかかるだけでなく

お尻の筋肉や腿裏の筋肉にも負荷がかかります!

(※スクワットをして膝が痛くなるようでは、やり方は間違っています!)

 

 

逆に間違ったスクワットは、

 

①顎が上がっている

②骨盤が後傾する(ソファーに、だらぁ~と座った時の腰の状態になる)

③背筋が曲がっている

④膝先が足のつま先より前に出ている

 

 

間違ったスクワットをしますと、

おおかた膝の内側が痛くなったり、

膝が内側に入った状態で、スクワットをすると、

X脚のような姿勢になり、

膝の外側が痛くなることが多くなります!!

 

 

このように正しいスクワットが実践できますと、

膝周り、骨盤周りの筋肉の強化ができますし、

骨盤の安定性も獲得することができます!!

 

 

このような状態になれば、身体全体の安定性が高まり

腰痛、股関節の痛み、膝の痛みなどが軽減する可能性が高くなります!!

 

 

もし、上記のようなスクワットトレーニングや、

その他の筋力トレーニングなどどうやったらいいかわからないなど

疑問がございます方は、尾張旭市東山町のうの整骨院まで、

お気軽に安心してご相談くださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違ったランニングの腕振りをご存知ですか!??

2015.10.16 | Category: ランニング

こんばんは!!

尾張旭市東山町のうの整骨院 宇野 彰男です。

 

 

本日は、間違った【間違ったランニングの腕振り】について

お話したいと思います!!

 

 

ランニングの腕振りは。。。

 

 

肘から後ろに引かなくてはいけない!!

 

 

っと、言われますが、

肘を一生懸命振ることで、

身体の体幹の軸がブレブレで、

肩が前後に動いているような腕振りをしている人がいます!!

 

 

これは、間違った腕振りです!!

 

 

ランニングの腕振りは、

 

 

両脇を締めることによって、

両肩で腕振りならぬ肩振りをしないよう

制御しなくてはいけません!!

 

 

フォームの綺麗なランナーでも肩が前後しているような

腕振り(肩振り)に見えることがありますが、

 

 

それは、違って、体幹の軸はまっすぐの状態で、

両肩はそれほど動かず、肘を後ろに引くことで、

腰部(骨盤)の捻りを生み出します!

 

 

この時、体幹の軸はブレずにまっすぐの状態で、

上半身と下半身がツイストすることで、

上手く連動した綺麗なランニングフォームになるのです!!

 

 

これができない肩で振る腕振りになると、

上半身と下半身のツイスト運動が、

上手く連動しません。

 

 

よって、上半身の動きと、下半身の動きがちぐはぐな

ランニングフォームで無駄の多い(ロスの多い)

フォームになってしまいます!!

 

 

このようにランニングの腕振りなど

ランニングに関する疑問やフォームなど、

実業団を含め、約15年経験してきた体験をもとに

うの整骨院ではわかりやすくアドバイスさせていただいております!!

 

 

どんなことでも結構ですので、

尾張旭市東山町のうの整骨院まで

お気軽に安心してご相談くださいね!!

 

 

うの整骨院

愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F

TEL:052-768-6186

FAX:052-768-6186

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいランニングシューズで足が治った!!

2015.10.01 | Category: ランニング,院長日記

こんばんは!!

尾張旭市東山町のうの整骨院 宇野 彰男です!

 

本日は、新しいランニングシューズを履いて、

足の痛みが治ったというお話をしたいと思います!!

 

 

先日、ランニング中に特にダッシュしたわけでもないのですが、

 

15分ほど走っていると突然ふくらはぎが痛くなりました!

 

痛いのを無理して走っていたのですが、

なんとか60分走ったのですが、

その後3、4日痛くなっていましたが、

独自のトレーニングとストレッチで痛みを無くしました!

 

そして1週間後、また走ったら

同じような場所が15分走ったら痛くなり、

なんでだろう~??

 

っと、考えてしまったのですが、

 

ふと、思ったのが。。。

「シューズ」です!!

 

かなり草臥れていたので、そろそろ新調するか!!

 

っと、いうことでニューシューズを購入して走りました!!

 

image

 

そしたらどうでしょう~!!

 

走っても足のふくはぎの痛みはありません。

 

これは、現役時代も何回もありました!!

 

施術などの施術で体を整えてもらっても、

一番の足元であるシューズが体のバランスを

崩していたらどうでしょう~??

 

 

何度施術に行っても、治りません!!!!!!!!!

 

 

僕は、現役時代にシューズにとても悩み、

 

 

シューズにも体と一緒で【ゆがみ】があるのを

発見しましたっ!!

 

 

ですので、足の痛み等でどこの施術院に行っても治らない!!

 

っと、いう方はぜひシューズを疑ってみてください。。。

 

また尾張旭市東山町のうの整骨院では、

そういったバランスのとれたシューズの選び方なども

アドバイスしています!!

 

もしシューズの事でお悩みのかたは、

うの整骨院までお気軽にご相談くださいね!!