TEL

Blog記事一覧 > MTS治療,その他身体の問題,肩痛,首痛 > 「首の痛み」「右肩の痛み」「ふらつき」「心臓のしめつけ」のある方のMTS治療の治療例(浦野先生編)

「首の痛み」「右肩の痛み」「ふらつき」「心臓のしめつけ」のある方のMTS治療の治療例(浦野先生編)

2018.08.27 | Category: MTS治療,その他身体の問題,肩痛,首痛

先日、神奈川県横浜市青葉区美しが丘にあります

「浦野治療室」に行ってきました!

 

 

そこで、MTS治療の創始者である

浦野喬義先生に・・・

 

「首の痛み」「右肩の痛み」

「ふらつき」「心臓のしめつけ」

 

に悩んでいる患者様の治療について勉強させていただきました!!

 

 

まず最初に患者様の両手の親指と小指で筋力テストをしました!

 

患者様の首の左右の動きでは筋力が入っているものの、

首の前後の動きで筋力が抜けてしまっていました!!

 

 

患者様も下を向いて物を拾う動作や、

自分の背よりも高い場所にある洗濯物を干すなどの動作で、

ふらつき感がヒドイとおっしゃっていたので、

患者様の首の前後の動きで筋力が抜けているのも

そのためだからかなと感じました!!

 

 

 

その後、浦野先生は助手の方を使って、

患者様の体の各部位を触って(TLと呼ぶ)筋力テストをするのですが、

最初に助手の方に首や右肩の痛みや

心臓のしめつけ感がどこから来るのか?

 

 

 

助手の方の右手TLで首、右肩のあたりを触ってもらい

浦野先生が筋力テストを行い、その場所の歪みを取った後に

助手の方の左手TLで心臓のしめつけがある場所を触ってもらい

再び浦野先生が筋力テストを行って歪みを確認した後、

その歪みをトムソンベットで調整していきました!!

 

 

 

様々な検査を浦野先生にして頂いたのですが、

首の歪みが原因で上記の不具合をしているのだと

診断されました!!

 

 

リスティング(不具合を起こしている原因)は、

C2(首の2番の骨)が、

WPS(左右両方が後上方)

-A(左右両方が前方)

 

に変位していました。

 

 

この歪みについて、浦野先生は

 

「幼い時に何かぶつけたとか、

何か首に強い衝撃を受けたとか、

何かないかな?」

 

と問われていました。

 

しかし、最初は患者様も

 

「そんな幼い時にそんなことはないです!」

 

っと、一点張りでしたが、

少し時間をおいてから思い出したようで、

 

 

「そういえば、幼い時に木登りをしたとき、

 そこから落ちてしまったのか

 その後、父は家の木を切っていました!」

 

 

と患者様はおっしゃっていました!

 

意外なところから、しかも今になってその時の衝撃が

出てくるなんて、信じられないですが、

そういうことは浦野先生も沢山症例を

診られていますのでわかってしまいます!

 

凄いですね!!

 

 

また、アジャスト(調整)については、

 

C1(首の1番の骨)R(右)のトラバース(横突起)の

AS(前上方)

R-Lat(右に側方へ)

CCW(反時計回り)

 

でした!

 

最後に患者様の筋力テストを行った際に、

患者様が首を前後した時に筋力は入っていたので

これでC2(首の骨の2番)の歪みが解消されました!

 

 

浦野先生が行うMTS治療は、

メジャー(主な原因1か所)での治療ですので

調整するのは、一か所です!!

(治療時間3~5分)

 

 

今回は、C1Rのトラバース1か所を治療することで、

患者様が良くなるという治療でした!

 

 

調整後は患者様が下を向いた状態でも

少し安定した状態になっていたような気がしました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ