TEL

Blog記事一覧 > MTS施術,その他身体の問題 > 【テラヘルツ波】の性質と人の体に与える良い作用と体の痛みの不調の施術にどう活かす?

【テラヘルツ波】の性質と人の体に与える良い作用と体の痛みの不調の施術にどう活かす?

2018.06.24 | Category: MTS施術,その他身体の問題

先日、MTS 施術の浦野先生による勉強会に参加したのですが、

その勉強会の中で【テラヘルツ波】についての紹介がありました!

 

 

【テラヘルツ波】とは、1秒間に1兆回振動している電磁波です!

 

 

「光」と「電波」の中間帯で両方の性質をもつ電磁波で、

最大の特徴は、「物質を壊さずに透過できる」事です!

※他にX線があるが、細胞を破壊します!

 

 

【テラヘルツ波】は透過性があり、

(透過性するもの)

プラスチック、紙、コンクリート、布、木材、陶磁器、ガラス

(透過しないもの)

水、金属

 

液体には吸収されやすいという特徴があります!

 

 

ここで【テラヘルツ波】と人の体との関係ですが、

実は人体も【テラヘルツ波】という生命光線を放っており、

赤ちゃんの放射が多く、年齢と共に生命力が衰えると

その放射量は減るようなのです!

 

人体を作り上げている有機高分子の構造があり、乱れ、

その有機高分子の振動が低下するからだと考えられています!

 

人間の体の60%、脳の85%以上が水分だと言われています。

 

【テラヘルツ波】は、水だけでなく蓄積されて

更に【テラヘルツ波】を再放射します!

 

蓄積と再反射の共振作用で電磁波障害で損傷した

DNAや細胞を元に戻すことで、

体の不調である腰痛、膝痛、首の痛み、肩の痛みを発している

傷んだ細胞を甦らせ、健康な状態に導くと言われています!

また高分子活動が活発になれば細胞の活動も活発になるので

体も暖まったり、代謝も良くなったりします!

 

ちなみに浦野先生がおっしゃるには、

【テラヘルツ波】を発する鉱石を施術で

体の負荷として使用し、アジャスト(調整)出来ると

側脳室といった頭蓋骨の中の大脳の中にある中枢や

CSF(脳脊髄液)といって、脳を保護したり

栄養している髄液を調整出来ます!

 

 

この調整が出来れば、小児のアトピーや、

子供などで物が言えなくなってしまった子などが

しゃべれるようになったり出来るそうです!

そこまで施術できると本当に素晴らしいですよね!?

 

少しでもそういった施術が出来るように

日々自分の体のレベルを向上させ、

それを痛み等に苦しんでいるお客様に良い刺激を伝えられる

技術を身に付け、お客様に還元出来るように

頑張りたいと思います!