TEL

Blog記事一覧 > 交通事故施術 > 医療国家資格者が教える【車のドアを開けた際、後ろから来たバイクにぶつかり、相手にケガをさせてしまった時】は、自賠責保険で交通事故施術はできるのか??教えます!

医療国家資格者が教える【車のドアを開けた際、後ろから来たバイクにぶつかり、相手にケガをさせてしまった時】は、自賠責保険で交通事故施術はできるのか??教えます!

2018.05.14 | Category: 交通事故施術

【車のドアを開けた際、

後ろから来たバイクにぶつかり、

相手にケガをさせてしまった時】

のケガは、自賠責保険で

交通事故施術はできるのでしょうか!??

 

 

意外と車を運転していた時に交通事故を起こしてしまった場合なら

自賠責保険を使ってケガの施術はできると想像がつきますが、

車を運転する前のドアの開け閉めにおいて、

これが交通事故の一つに入るとは、

なかなか想像ができないと思います!!

 

 

上記の例の場合、自賠責保険の定めによると、

「車のドアの開け閉めなども自動車の運行に含まれる」ため、

この事故によりケガをした相手の人には、

自賠責保険から保険金が支払われることになります!

 

 

基本的に自賠責保険の目的は、被害者救済の制度であり、

人が関わった事故において、相手のケガに支払われるものです!!

 

ですから、

車やバイクの修理代は、

人のケガとは関係がありませんので、

自賠責保険から修理代が支払われることは

絶対にありません!!

 

 

もしこのような交通事故の場合や、不注意にも起こしてしまった

交通事故でこの場合に交通事故施術はできるのか??

 

など、わからないこと等の疑問点や不安に思う点があれば、

尾張旭市東山町【うの整骨院】まで、

お気軽に安心してご相談くださいね!!