TEL

Blog記事一覧 > ダイエット,ランニング,院長日記 > 医療国家資格保持者開催【ランニングフォーム改善教室(2)】のレポート(動画付)です!

医療国家資格保持者開催【ランニングフォーム改善教室(2)】のレポート(動画付)です!

2018.05.04 | Category: ダイエット,ランニング,院長日記

平成30年4月29日(日)に開催させて頂きました

【ランニングフォーム改善教室(2)】のレポートです!

 

〇「ランニングフォーム修正前」の問題点

①両肩に力が入りすぎており、両肩が上がっています。

 ※マラソンを走ると30km過ぎると肩や腕がつかれるとの事

②腕ふりの位置が高いです。(みぞおちの辺りで腕ふりしています)

③腕ふりを肩でしている。(脇が締まらず、上半身がブレている)

④上に跳ねていて、腰が落ちたフォームになっている。

⑤体幹の前傾ができておらず、体が立った状態で走っている

 

〇「ランニングフォーム修正のための改善ポイント」

①両手を後ろに組みランニングしてもらい、上腕の位置を確認していただいた。

②下腹を意識した腹筋エクセサイズ

③骨盤と肩甲骨の連動を意識させた骨盤ツイストエクセサイズ

④骨盤の前傾および体幹の前傾を意識するエクセサイズ

 

〇「ランニングフォーム修正後」のフォームの評価

①両肩の位置が下に下がったフォームに改善

②腕ふりの位置が下がり、下腹部を起点とした腕ふりに改善

③肩甲骨と骨盤の連動ができたランニングフォームに改善

③下腹の腹筋を意識でき、腰高のフォームへ改善

④左右のブレや上下のブレが少なくなった

⑤体幹および骨盤の前傾が取れるランニングフォームに改善

 

【ランニングフォーム修正前 「前方」から】

【ランニングフォーム修正後 「前方」から】

【ランニングフォーム修正前 「後方」から】

【ランニングフォーム修正後 「後方」から】

【ランニングフォーム修正前 「側方」から】

【ランニングフォーム修正後 「側方」から】