TEL

Blog記事一覧 > その他身体の問題,肩痛 > 医療国家資格者が教える肩がとっても楽になる肩のストレッチ教えます!(大胸筋編)

医療国家資格者が教える肩がとっても楽になる肩のストレッチ教えます!(大胸筋編)

2017.12.25 | Category: その他身体の問題,肩痛

本日は、肩がとっても楽になる

肩のストレッチ(大胸筋編)についてお話します!

 

 

肩の筋肉といっても沢山あるのですが、

今回お話しする大胸筋という筋肉も

比較的大きい筋肉で肩の動きや呼吸の補助をする筋としても

関与していますので、この筋肉をストレッチしますと

とても肩が楽になるのと同時に呼吸も吸いやすくなります!!

 

 

この大胸筋という筋肉は・・・

 

○腕を横から内側につける動き(気をつけをする姿勢の時の腕)

○腕を内側に捻る動きに関わりがあります!

 

 

また筋肉のつき方をみますと

とても姿勢とも大きな関係があることがわかります!!

 

 

※姿勢についての記事は、こちらのブログをクリックしてください!!

          

     姿勢の記事の紹介

 

 

 

それは、どういう事かといいますと・・・

 

 

大胸筋は、胸の前から上腕(うで)につく筋肉です!!

 

 

 

ですから、この筋肉が縮み続けるとどうなるか・・・

 

 

それは、

巻き肩といって首に対して両肩が前に出てきてしまい

猫背姿勢に近くなってしまいます!!

 

 

 

猫背姿勢になると両肩は、内側に入ってしまい

その状態で腕を上に上げる(挙上)すると

当たり前ですが、肩は上に上げづらくなります!!

 

 

やってみればわかると思うのですが、

猫背姿勢で腕を上に上げる(挙上する)のと

姿勢を正した状態で腕を上に上げる(挙上)するのとでは、

明らかに姿勢を正した状態で腕を上げたほうが

絶対に楽に無理なく行うことが出来ます!!

 

 

肩が上がらない=腕が上がらないのを

無理に上げようとすれば肩、特に肩の関節周囲が痛くなります!!

 

 

こんな状態にならないためにも大胸筋という胸の筋肉をストレッチして、

両方が内側に入らないようにしっかりストレッチすると

姿勢も改善され、肩の動きも楽になります!!

 

 

それでは、実際に大胸筋のストレッチはどうやるのか

お伝えしたいと思います!!

 

 

下の写真のように右の大胸筋をストレッチするのですが、

大胸筋は、下の筋肉の写真でもわかるように

大きい筋肉で、上部、中部、下部というように

扇型のようについている筋肉です!!

 

 

 

ですから、腕を上に持ってきてストレッチすると

大胸筋の下部がストレッチされます!

 

 

また腕を肩に対して水平に持ってきてストレッチすると

大胸筋の中部がストレッチされます!!

 

 

最後に腕を下に持ってきてストレッチすると

大胸筋の上部がストレッチされます!!

 

 

この大胸筋のストレッチをして、

胸の前の筋肉をストレッチすることで、

肩を後ろに引けるようになりますので、

猫背、巻き肩が緩和されます!!

 

 

皆様も一度試してみてはいかがでしょうか!??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ