TEL

Blog記事一覧 > 膝痛,骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷 > 医療国家資格者が教える「ジャンパー膝」「オスグッド病」など膝の痛みが出やすい人におすすめのストレッチ教えます!(大腿四頭筋)

医療国家資格者が教える「ジャンパー膝」「オスグッド病」など膝の痛みが出やすい人におすすめのストレッチ教えます!(大腿四頭筋)

2017.11.13 | Category: 膝痛,骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷

「ジャンパー膝」「オスグッド病」など

膝の痛みが出やすい人は、

ジャンプ動作やランニング動作など、

比較的膝の屈伸運動などで

使用される『大腿四頭筋』という筋肉が、

固くなってしまうことで起こりやすいです!!

 

 

この『大腿四頭筋』は、ももの裏の筋肉と違って、

使わないと衰えやすいという特徴があり、

弱まってしまうとトボトボした元気の出ない歩き方になります!

 

 

『大腿四頭筋』は、

●大腿直筋

●中間広筋

●外側広筋

●内側広筋

 

の4つの筋肉で構成されています!!

 

  

 

●大腿直筋

 股関節(骨盤)から膝に付着する筋肉

 股関節、膝関節という

 2つの関節をまたく2関節筋で、

 膝の動きにも勿論関与しますが、

 股関節の動きにも影響がある筋肉です!!

 作用は、股関節を曲げたり、膝関節を伸ばす働きがある。

 歩行の時に足を上げる動作で重要な筋肉

 

  

 

●中間広筋

 大腿骨(ももの骨)から膝に付着する筋肉

 作用は、膝関節を伸ばす働きがある。

 股関節を曲げた状態で膝関節を伸ばす筋として機能している

 

  

 

●外側広筋

 大腿骨(ももの骨)から膝に付着する筋肉

 作用は、膝関節を伸ばす働きがある。

 股関節を曲げた状態で膝関節を伸ばす筋として機能している

 

  

 

 

●内側広筋

 大腿骨(ももの骨)から膝に付着する筋肉

 作用は、膝関節を伸ばす働きがある。

 股関節を曲げた状態で膝関節を伸ばす筋として機能している

 

  

 

この『大腿四頭筋』をしっかりストレッチするためには、

下の画像のようにストレッチすると良いです!!

 

 

ポイントとしては、膝を伸ばすのと同時に

後ろに倒れるようにできると良いのですが、

『大腿四頭筋』の特に大腿直筋が硬い人は、

図のように膝を伸ばしながら、

後ろに倒れることが出来ません!!

 

 

あまり無理をして体を倒すことで、

『大腿四頭筋』を痛めてしまってはいけませんので、

体を倒して寝られない人は、

立位で伸ばすのも一つの方法です!!

 

 

このように『大腿四頭筋』は、膝の曲げ伸ばし運動にとても関係がありますので、

スポーツ競技など膝の運動を比較的伴う場合は、

運動前、運動後にしっかり『大腿四頭筋』を伸ばしていくと良いでしょう!!

 

 

皆様も一度試してみてはいかがでしょうか!??