TEL

Blog記事一覧 > 股関節痛,腰痛 > 医療国家資格者が教える【腰痛】【股関節の痛み】に役立つ『臀筋ストレッチ』を教えます!

医療国家資格者が教える【腰痛】【股関節の痛み】に役立つ『臀筋ストレッチ』を教えます!

2017.10.02 | Category: 股関節痛,腰痛

本日は、【腰痛】や【股関節の痛み】に役立つ

『臀筋(でんきん)』ストレッチについて、

ご紹介したいと思います!

 

 

『臀筋(でんきん)』は、お尻についている3つの筋肉ですが、

その筋肉の走行は、

骨盤(腸骨)から股関節(大腿骨)

くっついています!

 

 

3つの筋肉はそれぞれ、

 

●大臀筋

●中臀筋

●小臀筋

 

があります!

 

 

●大臀筋(だいでんきん)

 股関節の伸展(足を後ろに下げる)の働きをする筋肉

 

 

 

●中臀筋(ちゅうでんきん)

 股関節の外転(足を横に上げる)の働きをする筋肉

 

 

 

●小臀筋(しょうでんきん)

 股関節の外転(足を横に上げる)と内旋(股関節を内側に回旋させる)の働きをする筋肉

 ほとんど中臀筋と作用は同じです。

 

 

 

という作用を持っており、

これら筋肉のストレッチを実践しますと、

腰や股関節の動きが良くなります!!

 

 

実際のストレッチは、下の写真の通りです!!

 

 

写真で説明しますと、上の写真のストレッチは、

左の臀筋(おしりの筋肉)を伸ばしています。

 

 

右股関節に対して、矢状面上に直線を引いた

(股関節からまっすぐ下に下ろした線)として

右足が身体の内側に入ってしまうと、

体幹(身体の)左回旋が入ってしまい、

しっかり左のお尻の臀筋にテンションがかかりません!!

 

 

どちらかというと右股関節に対して、

右足は外側に位置させてストレッチしますと

左の臀筋にしっかりテンションがかかりストレッチできます!!

 

 

また背中は、なるべく真っすぐにして出来ると、なお良いです!!

 

どうしても身体が硬かったり、臀筋の筋肉に柔軟性がないと

背中が曲がってしまい、しっかりお尻の筋肉に正しく

テンションがかかりません!!

 

 

この2点をしっかり注意して臀筋(おしりの筋肉)を

しっかりストレッチしてあげると

腰から股関節周りの筋肉に刺激が入り、

腰や股関節周りの動きが良くなりますので、

一度皆様も試してみてはいかがでしょうか!??