TEL

Blog記事一覧 > 肩痛 > 医療国家資格者が教える【肩が痛む】人に役立つストレッチ「三角筋」を教えます!

医療国家資格者が教える【肩が痛む】人に役立つストレッチ「三角筋」を教えます!

2017.09.23 | Category: 肩痛

今回は、【肩が痛む】人に役立つ

「三角筋」のストレッチについてお話ししたいと思います!!

 

 

 

「三角筋」は、写真でもお分かりになる通り、

肩の外側を大きく包む三角形をした筋肉で、

肩のアウターマッスル(皮膚表面に近い筋肉)です!!

 

 

 

「三角筋」という筋肉は、筋肉の付着する部位によって、

 

 

●鎖骨部(前部)

●肩峰部(中部)

●肩甲棘部(後部)

 

 

に分かれています!!

 

まず・・・

 

●鎖骨部(前部)

 

 

 

腕を下から上方にあげる時に働く

腕を肩の真横から前にもってくる時に働く

肩を内側にするときに働く

 

●肩峰部(中部)

 

 

 

腕を下から真横から上にあげていくときに働く

 

●肩甲棘部(後部)

 

 

 

腕を後ろに引くときに働く

前ならえの状態から外側に腕を引いていくときに働く

肩を外側にする時に働く

 

 

という作用があります!!

 

 

この筋肉をしっかりストレッチしますと、

肩のあらゆる動きがスムーズになり、楽になります!!

 

 

実際のストレッチの方法は、下の写真の通りで、

「三角筋」を伸ばす腕は、真っすぐに伸ばし、

もう片方の腕は曲げた状態で肘の関節のやや肩よりを固定し、

ストレッチします!!

 

 

ここでポイントなのが・・・

 

 

三角筋の鎖骨部(前部)肩峰部(中部)肩甲棘部(後部)

のそれぞれを伸ばす伸ばし方が、

腕の手のひらの向きによって変わることです!!

 

 

★鎖骨部(前部)の場合  → 手のひらを上に向けてストレッチ

★肩峰部(中部)の場合 → 写真の通り手の甲が正面を向くようにストレッチ

★肩甲棘部(後部)の場合 → 手のひらを外側に向ける(手のひらを正面にむける)

 

 

っというように、手のひらの向きを変えて

ストレッチすることで、3つの部分に分かれる

三角筋をそれぞれ重点的にストレッチすることが

可能になります!!

 

 

「三角筋」という筋肉は、肩のあらゆる動きに携わっている筋肉ですので、

この筋肉を入念にストレッチすることで、

とても肩周りの筋肉に良い刺激が加わり、

肩の動きが楽になります!!

 

 

皆様も一度試してみてはいかがでしょうか!??

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ