TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰痛が辛い人に役立つ【長時間の車の運転】で気をつけることと対策!

腰痛が辛い人に役立つ【長時間の車の運転】で気をつけることと対策!

2017.07.23 | Category: 腰痛

梅雨も明け、夏休みで実家に帰る方も多いと思います。

 

 

実家に帰る交通手段として、

車に乗って帰省する方も多いと思います。

 

 

中には、長時間の車の運転を強いられ、

腰が痛くて調子が悪いのに、

腰痛が悪化して、「ぎっくり腰」にならないか・・・!?

 

 

などとても不安になるかと思います。

 

 

長時間の車の運転で、特に要注意なのが、

車の運転中に全く休憩をしない人です!

 

 

長時間の車の運転を強いられると

じっとしたまま動かない姿勢が続くため

腰回りの筋肉はガチガチに硬くなり、

血液の流れは、悪くなります。

 

 

腰だけに限らず、体の筋肉は動かされることで、

血液の循環は良くなり、筋肉は柔らかくなります!

 

車の長時間の運転で、

まったく筋肉が動かされない状態が続くと、

血流不全に陥り、腰回りの筋肉に酸素と栄養が行き渡らず

腰痛を引き起こす要因を作ってしまいます!

 

 

車の長時間の運転で気をつけなくてはいけないのは、

長時間同じ姿勢でいると腰の筋肉が固まってしまうので、

1時間毎に休憩し、腰を前屈したり回旋したり、

ゆっくり動かしてあげるのが良いです!

 

 

また長時間運転時の腰痛は、

ほとんど動かされない状態から、

車を降りる際に突然動かさる事で、

「ぎっくり腰」などを起こしやすくする為、

 腰痛ベルトを着用して運転すると良いです!

 

 

「ぎっくり腰」などの腰痛は、

体調が悪い時や普段の仕事などでの疲労を特に感じている時ほど

腰痛を引き起こす事が多いですので、

長時間の車の運転では、

上記のことに気をつけて見てください!