TEL

Blog記事一覧 > 背部痛,腰痛 > 医療国家資格者が教える【腰痛】や【ぎっくり腰】【ぎっくり背中】を起こしやすい人の特徴と身体の使い方教えます!

医療国家資格者が教える【腰痛】や【ぎっくり腰】【ぎっくり背中】を起こしやすい人の特徴と身体の使い方教えます!

2017.06.05 | Category: 背部痛,腰痛

【腰痛】や【ぎっくり腰】【ぎっくり背中】を起こしやすい人は、

おおかた何年も前から慢性的な腰痛に悩まされていたり、

重い荷物を持った時など、ふとした時に

腰や背中が急に痛くなったりすることがあるかと思います!!

 

 

そういった【腰痛】や【ぎっくり腰】【ぎっくり背中】を起こしやすい人は、

どういった特徴があるのでしょうか!??

 

 

一般的に腰痛の患者様に、

「どうして腰がいつも痛くなると思いますか!??」

 

 

っと、質問すると90%以上の人から返ってくる答えが、

「体が硬いからでしょ!!」

 

 

 

っと、答える方が多いです。

 

 

確かに体硬いと腰痛だけでなく、膝や首、肩など

色々な場所が痛くなる可能性があるのですが、

【腰痛】や【ぎっくり腰】【ぎっくり背中】を起こしやすい人の

特徴は・・・

 

 

例えば床に重い荷物があり、中腰姿勢で荷物を持った場合、

必ずと言っていいほど、

 

 

腰【腰椎(腰骨)】から、体を曲げて荷物を持ち上げます!!

 

 

逆に腰、背中などを痛めにくい人の重い荷物の持ち上げ方は

 

 

股関節から体をガラ携の携帯電話のように、

股関節を起点にして、体をまっすぐにして、

腰を曲げています!!

 

 

物理的に見ると、側方から圧力がかかった場合に、

折れる場所というのは、曲がった頂点の一点に力が集中します!!

 

 

ですから床に重い荷物を中腰姿勢で持ち上げる場合に、

腰から体を曲げて持とうとすると、

腰の曲げた場所の頂点に重い荷物の重りが一点に力が集中することで、

【腰痛】や【ぎっくり腰】【ぎっくり背中】になることが多いのです!!

 

 

実際に、腰が痛くなりにくい人、つまり・・・

 

股関節から体をガラ携の携帯電話のように、

股関節を起点にして、体をまっすぐにして、

腰を曲げようとすると、

体が硬い人は曲げていく途中で、

ももの後ろの筋肉がツッパリすぎて、

途中で止まってしまいます!!

 

 

途中で止まってしまったら、

床にある重い荷物に手が届かなくなるため、

仕方なく腰椎(腰骨)から曲げざるをえなくない、

股関節からではなく、腰からまげてしまう状態になります!!

 

 

このような荷物の持ち方しますと、

調子や体調がよかった時には、

さほど腰痛はないかもしれませんが、

疲労していたり、体調が良くない時に

【腰痛】や【ぎっくり腰】【ぎっくり背中】に

なることが多くなります!!

 

 

もし、こういった腰痛の治療や、

体の使い方を知りたい、マスターしたいという方は、

尾張旭市東山町うの整骨院まで、

お気軽に安心してご相談くださいね!!

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ