TEL

Blog記事一覧 > AKA治療,MTS治療,腰痛 > 医療国家資格者が教える【ぎっくり腰】の原因と実際に起こってしまった時の対処法を教えます!!

医療国家資格者が教える【ぎっくり腰】の原因と実際に起こってしまった時の対処法を教えます!!

2017.05.08 | Category: AKA治療,MTS治療,腰痛

ぎっくり腰は、「魔女の一撃」と言って、

ドイツ語から来るそうですが、

正式名称は・・・

 

急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)と言います!!

 

 

ぎっくり腰の起こる場所は、様々ありますが、

ほとんどのぎっくり腰の原因は、

仙腸関節の関節炎が代表的です!!

 

 

仙腸関節は、下の図でもお分かりになるように、

脊柱(背骨)と頭蓋骨(頭の骨)や肩、腕、指など

上半身と下半身をつなぐ唯一の関節です!!

 

  

                 

                        

 

しかもその関節は、前仙腸靭帯、後仙腸靭帯などの靭帯で

その関節の安定性を保っており、解剖学的にはまったく動かない

不動関節と言われています!!

(※下の図で骨と骨の関節をつなぎとめている白いものが靭帯です)

 

 

 

しかしながら、

 

その仙腸関節は、わずかですが2mm~3mmほど

実際は動くと言われています!!

 

 

その仙腸関節が硬くなりすぎたり、緩みすぎたりすることで、

仙腸関節やその周囲の腰の筋肉に負担がかかり、

ぎっくり腰などの腰痛が起こりやすくなります!!

 

 

仙腸関節は、脊柱(背骨)と頭蓋骨(頭の骨)や肩、腕、指など

上半身と下半身をつなぐ唯一の関節ですから、

上半身にかかる荷重は、すべて仙腸関節にのしかかるため

その関節が機能的な異常をきたし、仙腸関節炎などの

ぎっくり腰などの腰痛を起こしやすくします!!

 

 

上記の説明で主に起こりやすい【ぎっくり腰】などの

腰痛の原因はわかったと思いますが、

では、実際に起こってしまった場合は、

どうすれば良いでしょうか!??

 

 

ぎっくり腰などの急性腰痛症になった場合は、

まず病院(整形外科、外科)でレントゲンをとってもらい

骨に異常がないか確認しましょう!!

 

 

お年寄りの方などで、時々、重い荷物を中腰姿勢で持ち上げた際に、

よろけて尻もちをついてしまい【ぎっくり腰】になった!!

 

 

っと、いう人がいますがその場合、

尻もちをついた時の衝撃で、

腰椎(腰骨)に軸圧がかり、

腰椎圧迫骨折になっている時があります!!

 

 

骨折の場合は、接骨院、整骨院、整体院、カイロプラティックなど

にいって、マッサージや矯正治療に行って、

筋肉をほぐしたところで、骨が折れているから痛みを発している

もしくは、骨折している場合は、とにかく動かさないのが重要なのに、

矯正治療でバキバキ調整したら、治るどころか酷くなります!!

 

 

一般的に病院(整形外科、外科)で、レントゲンで確認し、

骨に異常がない場合は、ほとんどの場合、

腰のコルセットや痛み止めのお薬を処方されます!!

 

 

その後、2、3日経っても痛みが変わらない

もしくはひどくなっている場合は、

接骨院、整骨院などの治療院に行くことをお勧めします!!

 

 

一般的に筋肉や関節に炎症反応があった場合は、

72時間(3日間)は、炎症が残る場合が多いです。

 

 

痛みがあるとどうしても早く良く治したいと

治療院に行かれる人が多いですが、

治療を受けることによって、

痛めた場所の血流が良くなると、

より炎症が加速し、

ひどくなることもあるからです!!

 

 

ぎっくり腰などの腰痛が起こり、

2~3日たった後であれば炎症反応も幾分おさまっていることも多く、

そこで、お身体の調整をするとすぐに良くなることが多いです!!

 

 

また【ぎっくり腰】などの急性腰痛症になった場合は、

もし持っているのでしたら、すぐに

腰痛ベルト(コルセット)を着用することをお勧めします!!

 

コルセットの付け方などは、こちらを参考にしてください!!

         ↓

http://uno-seikotsuin.com/post/post-5052

 

 

【ぎっくり腰】などの急性腰椎症は、痛めた部分の筋肉や靭帯に炎症が起こり、

痛くなっている場合が多く、腰などを動かすと痛くなるわけですから、

動きづらくする腰痛ベルト(コルセット)を着用することで、

腰の痛みはかなり楽になります!!

 

 

また冷シップなどのシップを腰痛などの痛みがある場所に、

直に貼っていただくことをお勧めします!!

 

 

シップは、インドメタシンなどの除痛効果のある成分が含まれています!!

 

痛みのある場所に直接貼ることことで痛みを取り除く効果があります!!

 

 

上記の対処法を実施していただき、2~3日経ってもまだ痛む場合は、

早急に尾張旭市東山町うの整骨院までご相談ください!!

 

 

病院(整形外科、外科)でレントゲンで骨に異常がなければ、

あとは筋肉や靭帯、骨格のバランスが原因で痛めているわけですから、

身体を正常な状態に調整することで、人間の治癒力を増進させ、

【ぎっくり腰】などの腰痛の早期回復が期待できます!

 

 

出来る限り早く対処したほうが早く治る可能性が高いですので、

寝れば治るといつまで待っていても痛みは良くなりませんから、

安心してお気軽にご相談くださいね!!
 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ