TEL ネット予約 LINE

湿布はどこに貼るのが良いと思いますか!?? | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > その他身体の問題,手痛,手首痛,肘痛,股関節痛,肩痛,背部痛,腰痛,膝痛,足痛,首痛 > 湿布はどこに貼るのが良いと思いますか!??

湿布はどこに貼るのが良いと思いますか!??

2015.02.19 | Category: その他身体の問題,手痛,手首痛,肘痛,股関節痛,肩痛,背部痛,腰痛,膝痛,足痛,首痛

おはようございます!!

尾張旭市東山町のうの整骨院 宇野 彰男です。

 

 

今回は、湿布はどこに貼るのが良いのか!??

 

 

についてお話します!!

 

湿布は、もともと肌に直接貼るものなのですが、

湿布には、インドメタシン、ロキソニン、ボルタレンなど、

痛みを和らげる飲み薬とほぼ同じ成分が入っていますが、

その他にもスーっとして気持ちよくなる成分や

血行などを促進する成分などが、混在しています。

 

 

湿布は、飲み薬と違って、直接痛いところに貼りますので、

患部の皮膚から直接痛みのある部分に浸透して効かせますので、

効果があります。

 

 

痛み止めの薬も勿論、効果はあるのですが、

一度、体内の腸などで吸収され、

全身の血液として痛み止めの成分が流れますので、

副作用が起こったり、一番効いて欲しい箇所に

薬の成分が到達しにくかったりする可能性があります!!

 

 

ですから、湿布を貼る際には、

必ず痛みのある場所に直接貼る必要があります!!

 

 

中には、病院などで足の痛みが腰が原因で痛くなっているわけだから、

足が痛いのに、腰に湿布を貼る人がいます。

 

 

上記の説明からも

湿布を貼るのは、湿布に含まれる痛み止めなどの成分を

直接皮膚から浸透させて、痛みのある部分に

効かせるよう使用してください!!

 

 

もし湿布のことで分からないことがあったり、

貼り方や、どうして痛みが出るなどのアドバイスがほしいという方は、

尾張旭市東山町のうの整骨院までお気軽にご相談くださいね!!