TEL

Blog記事一覧 > 膝痛 > 膝の痛みの関節注射

膝の痛みの関節注射

2015.02.15 | Category: 膝痛

おはようございます!!

尾張旭市東山町のうの整骨院 宇野 彰男です。

 

 

本日は、関節注射についてお話します!!

 

 

尾張旭市東山町のうの整骨院では、

病院ではありませんし、

私は医者ではありませんので、

膝の関節注射を打つことはできませんが、

関節注射について、本日の診療で聞かれましたので、

簡単なご説明をさせていただきます!!

 

 

膝の関節注射は、多くの方が、

1週間に1回、ないし継続注射の方は、

2週間に1回という人がいるかと思います。

 

 

膝関節注射の流れは・・・

 

 

だいたい

1回目は、ステロイド(副腎皮質ホルモン)を関節内に注射することで、

急速に関節痛や炎症を抑えるため打ちます。

 

 

その後、2回目からは、ヒアルロン酸といって、

関節内にある潤滑油(車で言う油)を注射することによって、

関節の滑りを良くして、痛みが出ないように処置する場合が多いです。

 

 

でも、よく考えてみれば1回目のステロイド(副腎皮質ホルモン)を

毎回やればすぐに治るんじゃないの!??

 

 

っと、思われる方もいるかもしれませんが、

ステロイド(副腎皮質ホルモン)は、万能薬で何でも効くのですが、

欠点もあります。

 

それは、長く使ってしまうと組織を破壊してしまうためです!

 

感染症であったり、潰瘍であったりなどなど

様々な副作用を起こす可能性があります!!

 

 

ですから、何度も何度も打つわけにはいかないのです。

 

 

私の勝手な見解なのですが、

膝の関節注射においては、

1回目で痛みや炎症の抑制に大きく作用しますので、

1回目で打って膝が治らなければ、

2回目以降例え何度も膝の注射を打っても

痛みや炎症に関しては大きな効果がないのでは

ないかと勝手に思っています。

 

 

ですから、膝の痛みは体全体を診て治療し、

膝が痛いからと膝だけ見るわけではなく、

人間の土台である骨盤などの歪みなどを診て、

整え、体の根本から治していくことが、

本来の膝痛を軽減させる有効な手立てではないでしょうか!??

 

 

しかしながら、歩行するのも痛くて歩けない、

いますぐ痛みをある程度取りたいと思われる方は、

1回目のステロイド注射を打っていただき、

あとは、整形外科のリハビリや、

尾張旭市東山町のうの整骨院での

AKA治療や、MTS治療によって、

骨盤(体の土台)の根本から施術していく中で、

膝痛を和らげていくと良いのではないかと思います!!

 

もし、どこの病院や接骨院、カイロプラクティックなどで、

なかなか痛みや炎症が治まらないという方は、

尾張旭市東山町のうの整骨院まで、

お気軽にご相談くださいね!!

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ