TEL

Blog記事一覧 > 肩痛,首痛 > 首こり、肩こりは寒くなると辛くなるのはなぜ!??

首こり、肩こりは寒くなると辛くなるのはなぜ!??

2014.12.16 | Category: 肩痛,首痛

おはようございます!!

尾張旭市東山町のうの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、首こりや肩こりは寒くなると辛くなるのはなぜか!??

についてお話します。

 

首こりや肩こりは、頚や肩の血液の循環が悪くなり、

筋肉が硬くなってしまって起こるものですが、

冬になると当然、外は寒くなります。

 

人間は、体温を36~37℃の一定に保つために

立毛筋という皮膚の毛根部にある平滑筋を収縮させて、

鳥肌がたったり、身震いして、筋肉をあえて収縮させて、

筋肉を動かすことで、熱を発生させようとします!

 

これで、体温を一定に保とうとします。

ホメオスタシスと言います)

 

 

立毛筋を収縮させるのと同時に、血行が普段から悪くなっている

例えば、肩などの筋肉をズボめたりするとさらに筋肉が収縮しますので

コッた硬い筋肉をより硬くしてしまいます!!

 

 

また食べるお肉も人間の筋肉と同様に、

冷蔵庫などの冷えた場所におかれると硬くなります

 

 

このように寒くなりますと首こりや肩こりは、辛くなります!!

 

 

そうなった時は、普段より長めにお風呂につかってリラックスし、

筋肉を緩めてあげたり、セルフセルフストレッチなどを

入念にすると首こりや肩こりを和らげることができます!!

 

もし肩こりや首こりのストレッチなどが詳しく知りたい!!

っと、思われた方は、尾張旭市東山町のうの整骨院まで

お気軽にご相談くださいね!!