TEL

Blog記事一覧 > ランニング > マラソンや駅伝を走っている時って、どんな事考えてるの??

マラソンや駅伝を走っている時って、どんな事考えてるの??

2014.12.06 | Category: ランニング

おはようございます!!

尾張旭市東山町のうの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、マラソンや駅伝などレースの時は、

どんな事考えて走ってるの??

についてお話します。

 

オリンピックを走る選手などはどんな事を考えて走っているかはわかりませんが、

私は、レースを走っているときは、どんな事を考えていたかというと、

実際は、ほとんど無心で走っていたと思います。

 

ほとんど答えになってないかもしれませんが、

考えるとすれば、スタートして1kmポイントで腕時計のタイムをみて

「あっ、少し速いから落とそう・・・」

「あっ、レースの入り速すぎた・・・」

など考えたり、レースの中盤では、

「あ~まだ中間点か・・・少し足が動かなくなってきたな・・・ヤバイ」とか、

「あ~もう中間点、ペース遅いから、少し上げようかな・・・」

など考えて走っていると思います。

 

大体の人達は、走っている最中は、上記のような自分の身体の状況の

実況中継を自らしながら走っていると思います。

 

出来れば、「あ~きつすぎる、またいつもの距離で失速するんだろうな・・・」

などとマイナス思考で走っていると、本当にそうなってしまうので、

プラス思考で、辛くてもまだまだいけると思って、

走っていた方が結果的に良い事が多かった気がします。

 

皆様は、走っている時、どんな事考えながら走っていますか!??

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ