TEL

Blog記事一覧 > 腰痛 > 医療の国家資格者が教える!腰のコルセットや骨盤ベルトの使い方!!

医療の国家資格者が教える!腰のコルセットや骨盤ベルトの使い方!!

2014.11.16 | Category: 腰痛

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、腰のコルセットと骨盤ベルトについてお話します!!

 

まず腰のコルセットと骨盤ベルトは、いつつけたたら良いの!??

っと、思われるかと思いますが、

それは、腰の痛みが強い時で、動く時はなるべくつけた方が良いです!!

しかし、安静時、寝るときなど、あまり動かない時は、

外したほうが良いと思います!!

 

基本的に腰のコルセットや骨盤ベルトは、

腰の筋肉の替わりをしてくれていますので、

腰が痛くないのにずっとつけっぱなしですと、

腰の筋肉が弱ってしまいます!!

 

それから付ける位置も気になるところです!

 

コルセットや骨盤ベルトは、メーカーなどによって付け方が

若干異なるものもあると思いますが、

コルセットなどは、骨盤と胸郭(肋骨)にまたがる様につけるのが、

正しいつけ方です!!

 

 

たまにいるお客様で、痛む場所が尾てい骨の近くだから、

そこを中心にコルセットを巻かれている方がいらっしゃいました。

 

しかし、コルセットや骨盤ベルトをつける理由として、

まず腰を動かすと痛むわけですから、

コルセットを付けて動きづらくして痛みを少なくするのです!!

(腰の可動域を制限するわけです!)

 

 

間違ってもコルセットや骨盤ベルトを痛む位置につけるから

痛みがなくなり、治るわけではありません!!

 

 

このようにコルセットや骨盤ベルトは、付け方を間違えていたりすると

せっかくの効果が半減してしまうこともあります・・・

 

もし腰痛の方で、コルセットや骨盤ベルトの付け方や、

使用方法がわからないという方がいらっしゃっいましたら

うの整骨院までご相談くださいね!!