TEL

Blog記事一覧 > その他身体の問題 > アレルギー性ぜんそく

アレルギー性ぜんそく

2014.10.16 | Category: その他身体の問題

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「アレルギー性ぜんそく」についてお話します!!

 

「アレルギー性ぜんそく」は、遺伝が強く働く病気です。

本人が以前にアレルギー性鼻炎やアレルギー性皮膚炎などを

患っていたり、家族の中でアレルギー性の疾患を持っていることが

多く見られます!!

 

またアレルギー性ぜんそくは、小児に多く

部屋の中の「ダニ・ホコリ・ペットの毛」などの環境要因も

原因になることもあります!!

 

アレルギー性ぜんそくは、発生機序を話しますと

肥満細胞(炎症や免疫反応などの生体防御に重要な細胞)が、

ロイコトリエンという化学伝達物質を放出するのですが、

これが気管支などの平滑筋を収縮させ、炎症を起こします!!

この炎症が粘膜にむくみを生み、

さらに気管支の平滑筋の収縮によりさらに気管を狭くし、

ぜんそくの症状が悪化します!!

またそれに輪をかけて、ストレスが原因になり、

ぜんそく症状の悪化を招くこともありますので注意が必要です。

 

施術といたしましては、病院にて薬物療法による

気管支拡張剤やステロイド剤の注射があります。

 

当院でのアレルギー性ぜんそくの施術といたしましては、

MTS療法により、全身の身体のバランスを整え、

自然治癒力を最大限に発揮できるよう施術していきます!!

 

アレルギーは、本来ウィルスや細菌などの外敵対して、

免疫が働き、身体を正常な状態に保っているのですが、

花粉などの体外物質で人間の身体に害を及ぼさないものを、

免疫機能が誤って、外敵とみなし、量が蓄積されると

過剰反応として現れ症状が出ます!!

ですから、身体のバランスを整え、

その人個人の自然治癒力を増大させることにより

症状が軽減することもあります!!

 

もし専門の病院で検査を受け、

薬物療法等行っていてもなかなか改善しないという方は、

一度、うの整骨院までお気軽にご相談ください!!