TEL

Blog記事一覧 > その他身体の問題 > パーキンソン病

パーキンソン病

2014.10.01 | Category: その他身体の問題

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「パーキンソン病」についてお話します!!

 

「パーキンソン病」とは、50才を越えると発症しやすく、

手足が震えたり、筋肉がこわばったり、動作が鈍くなったり、

突進現象といって、歩行時に足が身体に追い付かなくなったりします。

主な症状は以下の通りです。

 

①安静時振戦・・・安静時に意志とは無関係に手が震える

②歩行障害・・・前かがみになり、小刻みに歩行します

③鉛管現象・・・筋肉がこわばり、歯車がかみ合うようにガクガクなります。

④突進現象・・・歩行時に足が身体に追い付かなくなる

⑤仮面様顔貌・・・仮面のように表情がほとんど変わらない

⑥すくみ足・・・歩行時の第1歩が出にくくなります

などの症状があります。

 

原因としては、不明なのですが、

中脳の黒質にあるドーパミン性神経細胞が変性してしまうことにより

神経の伝達を担っているドーパミンが少なくなることに起こると考えられています。

 

このパーキンソン病の治療といたしましては、

現代の医学では、薬物療法が主となります。

 

当院では、パーキンソン病自体の疾患を改善することは

難しいかもしれませんが、身体がこわばることにより

腰痛や肩痛、首の痛みなどの症状に対して、

MTS療法やAKA療法を駆使して施術を行っていきます。

 

もしパーキンソン病に伴う腰痛、肩痛、首の痛み等の症状で

お悩みの方は、うの整骨院までお気軽にご相談ください!!

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ