TEL ネット予約 LINE

顔面神経麻痺(ベル麻痺) | 尾張旭市で体に負担をかけない手技療法のうの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > その他身体の問題 > 顔面神経麻痺(ベル麻痺)

顔面神経麻痺(ベル麻痺)

2014.09.29 | Category: その他身体の問題

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「顔面神経麻痺」についてお話します!!

 

「顔面神経麻痺」は、ほとんどの場合原因が不明といわれています。

アレルギー、局所の浮腫、ウィルス感染、寒冷にさらされすぎたりといったものも

原因となることもあるといわれます。

 

顔面神経麻痺は、ベル麻痺とも呼ばれ

顔面の半分の筋肉が麻痺することにより、

顔にしわが寄らないとか、

目を閉じられない

よだれが止まらない

口笛がふけないなど様々な異常が現れます。

 

顔面神経麻痺は、ウィルスによっても起こる可能性があり、

ヘルペスウィルスの感染によって発症することもあります。

もし顔面神経麻痺が発症する前に

耳の中に痛みがあったり、水泡(みずぶくれ)が身体に起こるようでしたら

その可能性は高いと思われます。

 

顔面神経麻痺の施術と致しましては、

ヘルペスウィルスなどのウィルスが原因の場合は、

薬物療法によって改善することもあるかもしれませんが、

そうではない場合は、顔面の筋肉を緩めたり、

MTS療法により、脳脊髄神経機能を調整することにより

顔面神経麻痺が改善する可能性もあります!!

 

もし顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症状でお困りの方は、

うの整骨院までお気軽にご相談ください!!