TEL

Blog記事一覧 > 手痛,腰痛,膝痛 > バレーボールのケガについて

バレーボールのケガについて

2014.09.26 | Category: 手痛,腰痛,膝痛

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「バレーボールのケガ」についてお話します!

 

「バレーボール」というスポーツは、

トス、アタック、ブロック、レシーブなどの動作を行い、

それぞれの動作に関節など様々部分を痛めやすいです。

 

特に起こりやすいのは、

レシーブやブロックなどでの「突き指」

アタックなどで腰を捻る動きで起こる「腰痛」、

アタックにおける「肩痛」、

ブロック、アタックなどのジャンプ動作にて起こりやすい「膝痛」

があるかと思います。

 

「突き指」に関しては、第1関節部分に捻りの動きや、

過伸展(過度に伸ばされる)することにより、

靭帯損傷や骨折が起こることあります。

 

マレットフィンガーと言って、

第1関節が手のひら側に曲がったまま

伸びきらなくなる場合もありますので、

ケガをした場合は、早急に処置する必要がありますが、

自己判断に絶対に痛めた関節部分を引っ張ってはいけません。

 

次に「腰痛」ですが、アタックの動作をした場合、

右利きの人は左に腰を捻ります。

練習にて何回も何回もアタックをしていると

腰に過度な捻転力(捻り動作)が加わり、痛めることが多いです。

特に17、18歳あたりの子になりますと、

腰痛の中でも「腰椎すべり症」「腰椎分離症」が起こりやすくなります。

 

さらには、「肩痛」に関しては、

スパイク時の打点が後方にある場合は、肩を痛めるケースが高いので

フォームの修正も必要かもしれません。

 

また「膝痛」に関しては、

アタックなどによる度重なるジャンプ動作によってジャンパー膝や、

膝の内側の靭帯、内側側副靭帯や

膝のクッション作用をしている内側半月板、

また膝の前方向の動作を制御する前十字靭帯などを痛めやすくなります。

 

こういったバレーバールのケガには、

当院では、MTS療法や、AKA療法により、

痛みの根本原因である場所を探し出し、

施術することでとても痛みがとても和らぐと

おっしゃる患者様が多いです。

 

もしバレーボールのケガでお悩みの方は、

うの整骨院までお気軽にご相談ください!!

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ