TEL

冷え症

2014.09.14 | Category: AKA治療,MTS治療,女性の問題

こんばんは!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

今回は、「冷え症」についてお話しします。

 

人間は、ホメオスタシス(恒常性の維持)といって、

細胞が最も働きやすい温度、

もしくは体外のウィルスや細菌などの外敵をやっつける

免疫機能が最も働きやすい37度という温度で、

深部体温は保たれています。

 

外の気温が低くなると、

脳や内臓などの生きていくために最も重要な器官を

第一に守るため深部体温を維持しようと、

手足や表皮の血管を収縮させて、

脳や内臓の深部に向けて血流を確保しようとします。

 

血液は、酸素と栄養を各器官に運ぶのと同時に、

熱を運んでいますので、手足などの抹消の血液を

脳や内臓に向けて流してしまうと、

抹消の血流が低下し、手足は冷たくなります。

 

この時、通常はすぐに元に戻るのですが、

女性に特に多いのが、手足を温めたとしても

なかなか温まらず、冷えたままの状態になってしまうことがあります。

 

これは女性が、男性より脂肪が比較的多いことで

脂肪は、熱を通しにくいことからも

女性に冷え症が多いことが言えると思います。

 

この冷え症を改善していくにはどうしたら良いか・・・!??

 

様々な事を取り入れることが出来ると思います。

一つは、毎日お風呂にじっくり温まること。

体全体を冷やさないこと、

適度な運動としてウォーキングやラジオ体操などで体を動かすこと

クーラーに使用は少しでも減らすことなど

挙げればきりがないほどありますが、

こと施術に関してお話しすれば、

冷えるということは、身体の代謝が上手くいっていないことが挙げられます。

身体の代謝の悪い人は、背筋が曲がり、

首が両肩より前方に位置するような姿勢の悪い人が多いです。

 

当院ではMTS療法やAKA療法などの手技を使って、

身体のバランスや姿勢を矯正することによって、

身体の代謝が上昇し、脂肪が燃焼しやすくなります。

 

脂肪が燃焼できると、熱を通しにくい脂肪は減少していきますので

身体自体は温まりやすくなると考えられます。

 

また手技だけでは、身体は日常生活などの姿勢や

身体の使い方で悪い方向に戻りやすいと思いますので、

当院では、できるだけ良い状態を維持できるように

簡単にできる体操やストレッチなどのアドバイスなどもしています。

 

もし冷え症でお悩みの方は、

お気軽にうの整骨院までご相談下さい!!

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ