TEL ネット予約 LINE

肩こりとは違う肩の痛み(上腕二頭筋長頭腱炎) | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 肩痛 > 肩こりとは違う肩の痛み(上腕二頭筋長頭腱炎)

肩こりとは違う肩の痛み(上腕二頭筋長頭腱炎)

2014.08.23 | Category: 肩痛

おはようございます!!

尾張旭市うの整骨院 宇野 彰男です。

 

 

今回は、「上腕二頭筋長頭腱炎」についてお話します。

 

 

肩の痛みに関しては、判断ができるものの一つとして、

「上腕二頭筋長頭腱炎」があります。

 

これは、肘を曲げる際に

二の腕に力こぶ(上腕二頭筋)ができますが、

これは、長頭、短頭に分かれています。

 

特に肩の痛みの原因になるのが長頭の方で、

上腕骨(肘より上の腕の骨)の

前側に結節間溝という骨の溝を通るのですが、

それが、擦れて炎症を起こし痛むことがあります!

 

比較的、若い世代20歳~40歳代に起こることが多いです。

特に物を運んだりするお仕事をする人達にも多いです。

 

あまりにも強烈な負担が上腕二頭筋にかかると

上腕二頭筋長頭腱断裂と言って、腱が断裂することもあります。

そうなると二の腕の力こぶは、通常の力こぶの位置より

少し肘側に移動します。

 

多少、肘を曲げる作用の筋肉の馬力は落ちるかもしれませんが、

その他の肘を曲げる筋肉(上腕筋、烏口腕筋など)の筋肉が

働きますので、それほど日常生活に困ることはありません。

 

 

上腕二頭筋長頭腱断裂は少し置いておいて・・・

 

 

「上腕二頭筋長頭腱炎」に対する施術として、

当院では、AKA施術やMTS施術にて

施術していきます!

 

施術ポイントは、

①仙腸関節

②胸鎖関節

③第1肋椎関節

④第2胸肋関節

⑤胸椎(背骨の骨)5番/6番椎間関節

です。

 

そこを施術致しますと、

炎症が酷い場合は、すぐさま痛みが全くなくなる

とまではいかないまでも、

とても痛みが楽になったと言われる方が多いです。

 

もし肩の前側の痛みで、上腕二頭筋長頭腱炎の症状かな!??

っと、思われる方はうの整骨院までお気軽にご相談ください!!