TEL ネット予約 LINE

テニス肘(上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎) | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 肘痛 > テニス肘(上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎)

テニス肘(上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎)

2014.08.05 | Category: 肘痛

こんにちは!

尾張旭市うの整骨院 宇野 彰男です。

 

 

本日は、「テニス肘」(上腕骨外側上顆炎・上腕骨内側上顆炎)

についてお話したいと思います。

 

 

テニスには、バックハンドとフォアハンドがありますが、

バックハンドは、主に肘の外側の骨の出っ張り部分

またフォアハンドでは、肘の内側の骨の出っ張り部分が痛くなります!

 

 

特に、バックハンドで行う上腕骨外側上顆炎が多いです!!

この症状になりますと、

 

①物を掴んで持ち上げる動作

②水を含んだタオルを絞る動作をすると肘が痛みます

 

 

何もしていない時には痛くないのですが、

手首を背屈(そらす)方向に力を加えると痛みます。

 

 

これは、肘の外側(外側上顆)には

手首を反らす筋肉が集中して付着しています!!

そのため手首を反らす筋肉、

長橈側手根伸筋や短橈側手根伸筋、総指伸筋(指を反らす)の

使い過ぎが原因で痛くなっていると言われます。

 

 

一般的な施術では、シップを処方されたり

注射をしたり肘のバンドを処方されたりします。

中には少ないですが、手術をされる方もいます。

 

 

病院のリハビリでは、超音波施術にて患部を施術し、

肘周りの筋肉をマッサージするというのが一般的です。

 

 

しかし、なかなか肘の痛みが治らないと言う方が

沢山おられます!!

 

 

それは、なぜかといいますと・・・

 

 

肘の痛みの本当の原因が、肘にないからです!!

 

 

恐らくテニス肘で悩んでいらっしゃる方の大半が、

腰や股関節が痛かったり、肩や腕まで痛いことがあります。

 

 

実は、テニス肘の原因が、

腰の仙腸関節や他の関節の機能異常だったりすることがあります!

 

 

当院では、肘が痛いからと言ってほとんど肘は触りません!!

 

 

テニス肘の場合ですが、

AKA施術では、

①仙腸関節(腰)

②第1、2、5肋椎関節

③第1、2、5胸肋関節

④胸鎖関節

を施術します。

 

 

そこにしっかりアプローチ出来ますと、

肘の痛みがとても和らぎます!!

 

 

もしテニス肘(上腕骨外側上顆炎、上腕骨内側上顆炎)の痛みでお困りの方は、

お気軽にうの整骨院までご相談ください!!