TEL

Blog記事一覧 > 首痛 > 変形性頚椎症

変形性頚椎症

2014.08.06 | Category: 首痛

おはようございます!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です。

 

 

本日は、「変形性頚椎症」について、お話したいと思います!

 

 

首の骨には、寝ているとき以外大体5~7kgぐらいの力がかかっていると言われています。

また両腕の重みも首に筋肉的なストレスを与えている場合がありますので、

その持続的な力が首に影響し、徐々に首が痛んでくる症状です。

 

 

主に変形性と名の付く病名は、加齢に伴う変化です。

この変形による変化によって、引き起こされる痛み、しびれ、筋力の低下の

症状が出現する場合があります。

 

 

通常、整形外科にて「変形性頚椎症」の症状で受診しますと、

まずレントゲンを撮影します。

MRI撮影は、よっぽど症状が改善しない場合や、

レントゲン所見によって得られた情報から、

骨以外の靭帯や椎間板等の軟部組織の状態を確認したい時に撮影します。

(ヘルニアを疑う場合など)

 

 

撮影後、症状が軽いものでしたらビタミン剤の薬を出しますし、

痛みが強ければ、痛み止めが処方されると思います。

 

 

そしてリハビリテーション科にて、首が痛いと

首回りを温めて、首をマッサージするといった流れになることが多いです。

 

 

しかし、それでなかなか症状が改善しないという方が多くいらっしゃいます!!

 

 

それは、なぜか!??

 

 

それは、首には板状筋、最長筋の一部や後頭直筋など

頭~首に付着している筋肉もあれば・・・

 

僧帽筋のように頭~首~肩~背中までついている筋肉もあります。

 

またデスクワークが多い人に痛めやすい肩甲挙筋、菱形筋なども

首~肩(肩甲骨)についています。

 

 

つまり何が言いたいかと言いますと・・・

 

 

単に首の筋肉と言えど、様々な場所(例えば、肩、背中、腰など)から

首まで筋肉がついていて、筋的ストレスを首に与えているので、

首だけ治療していても改善しないことが多いのです!!

 

 

そこで、当院では「変形性頚椎症」の施術といたしまして、

その原因が各関節の関節機能異常が原因だと思われる場合は、

影響が大きく考えられる場所の関節機能異常、

仙腸関節(腰)を始め、椎間関節(背骨)、肋椎関節、胸肋関節などの

関節をAKA治療により機能を異常を解消できるよう施術致します!!

 

もし、様々な接骨院、整体、カイロプラティックなどにて「変形性頚椎症」の症状が

なかなか改善しないと言われる方は、お気軽にうの整骨院までご相談ください!!

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ