TEL ネット予約 LINE

オスグット病 | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 膝痛 > オスグット病

オスグット病

2014.08.01 | Category: 膝痛

こんにちは!!

尾張旭市 うの整骨院 宇野 彰男です!

本日は、「オスグット病」についてお話したいと思います!

 

「オスグット病」とは、正式名称は・・・

オスグット・シュレッター病と言います!

よく小学生から高校生に多い膝関節痛です。

特に10才~14才に多いと言われます。

 

スポーツでもサッカー、バスケット、バレー、テニスなど

ジャンプの多い競技をしている子供たちに起こりやすくなります。

ほぼスポーツの疲労の蓄積によって起こりやすいです。

 

症状としては、膝関節の脛骨粗面(膝のお皿の下部分)

という場所に付着している筋肉が過剰に引っ張られ

隆起(盛り上がり)し、膝が痛くなります。

 

この場合、どういった施術をしていくかと言いますと、

多くは、膝周りの筋肉がガチガチに硬くなっているのは

勿論なのですが、股関節や腰回りの筋肉も硬くなり

可動性を失っていることがほとんどです。

 

ですから、多くの施術は膝周囲のみ施術して終わりだと思われますが、

当院では、膝関節、股関節、腰など各関節と可動性を検査し、

全体をみて、施術致します!

 

当院が自信を持ってお勧めするAKA施術や、MTS施術で、

そういった子供たちの膝痛がとても楽になったと

お喜びの声を多数頂いております!!

 

ぜひオスグット病でお悩みの方は、

お気軽にうの整骨院までご相談ください!!