TEL

膝痛

膝痛は加齢によるもの、あるいはスポーツのしすぎによるものといわれてきました。その通りなのですが、他にも日々の生活の中で痛みを感じることがありますし、急激な体重の増加も痛みの要因の一つです。動くということだけで膝に負担をかけているのですから何をするにしても当然のことだと言えるでしょう。その痛みを緩和させること、そして根本治療をするために尾張旭市東山町のうの整骨院はがんばります。

身体のバランスから考えてみます

膝痛の原因は様々な要因が折り重なって特定できるものではありません。それでも一つだけ言えるのは歩き方です。歩き方が正しくないと膝の痛みが増すことが多々あります。それは膝が曲がっていることで余計な負担がかかりそれによって痛みが出るからです。尾張旭市東山町のうの整骨院では、骨盤のゆがみを矯正し、身体のバランスを整えることで、骨盤から伸びる足をまっすぐにします。そうすることで膝に対する負担は大きく軽減されることになります。

股関節のゆがみを矯正します

身体のバランスの最後の仕上げは股関節のゆがみです。ここを手技療法で正すことで膝痛は劇的に改善することができます。まずは尾張旭市東山町のうの整骨院にお越しください。

膝痛の種類

変形性膝関節症

ほとんどの場合が加齢による退行変性によるもので、特に肥満者に多く、関節の携帯に変化を来す疾患です。(第一次変形性膝関節症)。外傷や化膿性関節炎などの疾患から起こるものを二次性変形性膝関節症と言います。階段の昇り降りや立ち上がる時の疼痛に始まり、可動域制限による正座の不能などを主な症状とします。これが進むと関節腫脹(関節が腫れる)や関節水腫(関節に水がたまる)による膝蓋跳動なども出現します。また内反膝(O脚)を示します。膝関節の負担を軽減させるために体重の減少や、杖の使用をおこないます。

半月板損傷

膝関節が曲がった状態で荷重されているところに、回旋を強制されると、半月が脛骨と大腿骨の間にはさまって損傷されるものです。受傷直後の激痛に続き、関節の腫脹が現れます。損傷が重度の場合には関節内出血も起こります。断裂した半月が顆間窩に嵌頓(ロッキング)すると、膝を曲げたまま伸ばすのが不能となります。しかし、曲げる方向の運動は可能です。立った状態で伸ばした膝を後ろからガクッと曲げられたような感じの膝くずれも現れます。この症状は、マクマレー・テストやアプレー・テストが用いられ検査されます。半月の大部分は栄養血管が存在しないので、一度断裂すると修復は起こりません。断裂した場合は、関節鏡下で靭帯再建術を兼ね半月の部分切除を行います。

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯は、腸骨稜(腰の外側の触れる骨)から、脛骨のGerdy(ガーディー)結節(膝の外側の出っ張り)につく靭帯です。この靭帯と大腿骨外側上顆(ももの骨の膝に近い外側のでっぱり)との間で膝の曲げ伸ばしの時に擦れあうことによって腸脛靭帯と骨膜が直接刺激されるか、外側上顆上の滑液包に炎症を起こして生じます。腸脛靭帯炎は、走り始めでなく距離の増加とともに現れる痛みで、膝の曲げ伸ばし時に膝の外側の刺すような痛みがあるのが特徴です。大腿骨外側上顆の腸脛靭帯に圧痛、軽い腫れ、膝の曲げ伸ばし時の音がある場合もあります。検査としては、腸脛靭帯に圧迫を加えながら膝の曲げ伸ばしを行わせると、痛みが出るgrasping(グラスピング)テストで判断できます。

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)

膝蓋腱炎は、膝蓋靭帯炎、ジャンパー膝とも呼ばれます。大腿四頭筋(ももの前側の筋肉)をはじめとする膝の曲げ伸ばしの繰り返しのストレスで靭帯等の細かい損傷、断裂の繰り返しで起こると考えられます。よく発生する場所は、膝蓋骨(お皿の骨)下端の膝蓋腱付着部、脛骨粗面膝蓋腱接合部(すねの骨でお皿の骨のすぐ下)、膝蓋骨上端の大腿四頭筋腱の付着部です。膝蓋腱炎は、運動時の膝蓋腱の痛みと圧痛です。お腹を下にして寝かせて行う尻上がりテストで陽性となります。

鵞足炎

鵞足とは、縫工筋、薄筋、半腱様筋の脛骨(すねの内側の骨)内側部への腱付着部をまとめて言います。ここに発生する炎症を鵞足炎と言います。スポーツで言いますと、ランニング、ダッシュ動作が多いスポーツ選手によく起こります。鵞足炎については、ランニングの量の調整や、ランニングフォームの改良、練習前のウォーミングアップとハムストリングスのストレッチ、練習後のアイシングをしっかりやったほうが良いです。

内側ヒダ障害(棚障害)

膝関節内の内側滑膜ヒダによる障害で、スポーツ活動などにより滑膜ヒダが大腿骨(ももの骨)内顆と膝蓋骨間に挟まれることにより滑膜に炎症が発生します。膝蓋骨内側の痛みと圧痛、ひっかかり感があり、まれにロッキング(嵌頓症状)がある。軽く膝を曲げると索状物を触れる事がある。

有痛性分裂膝蓋骨

膝蓋骨は、大腿四頭筋の種子骨(小さい骨の事)として発生するが、その骨化過程において発生するものと思われる。この分裂部分は、外側上方に多いが、この分裂線に強いストレスが加わり痛みが発生し、有痛性分裂膝蓋骨となる。有痛性分裂膝蓋骨に関しては、運動などの練習前にウォーミングアップとストレッチをしっかりし、練習量を下げ痛みを少なくするよう努める。

オスグッド・シュラッター病

成長期の膝の曲げ伸ばしの使いすぎが原因の、反復性のけん引力による脛骨粗面部(すねの上部で膝蓋骨のすぐ下あたり)の裂離損傷が原因で起こります。よく発生する年齢は、13歳頃の男子に多く、脛骨粗面部の膨隆(もりあがり)、運動痛、圧痛がある。オスグッド・シュラッター病は、症状に応じた運動の制限や休止、運動後自発痛がある場合はアイシングしたほうが良いが、大腿四頭筋(ももの前側の筋肉)のストレッチがとても大切です。多くは、「シュラッテル・バンド」を使用し、痛みを和らげるため膝蓋靭帯の中央部を圧迫して止めることが多い。

膝蓋軟骨軟化症

膝蓋骨の軟骨が軟化変性するために、膝がスムーズに動かなくなります。青少年期の女性に多く見られます。歩行時に膝関節の痛みを訴えたり、階段の昇り降りの膝の轢音(バキっなどの音)、膝くずれ(膝の安定性が保たれず体重をかけた時、ガクッとなる)など起こります。原則的には膝に負担をかけない、大腿四頭筋(ももの前側の筋肉)訓練を行うなどします。

膝の痛みのある患者様例

   施術前(X脚)           施術後

膝施術前   膝施術後

上記などの膝関節の痛みでお悩みの方は、ぜひ尾張旭市東山町のうの整骨院までお気軽にご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ