TEL ネット予約 LINE

腰痛、膝の痛み、首の痛みを和らげる【MTS施術】平成30年6月10日(日)大阪勉強会に参加してきました! | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

腰痛、膝の痛み、首の痛みを和らげる【MTS施術】平成30年6月10日(日)大阪勉強会に参加してきました!

2018.06.11 | Category: MTS施術,腰痛,膝痛,首痛

平成30年6月10日(日)に【MTS施術】大阪勉強会に参加してきました!

 

 

今回の勉強会では、午前中は母指、小指で作る筋力テストの練習と、

午後からは、6月3日(日)4日(月)5日(火)に行われていた

6月研修会の内容の検証と頚椎(けいつい)1番『首の骨の1番』の

アジャスト(調整)について学びました!

 

 

午前中の筋力テストの練習では、

お客の親指と小指の把持の仕方や手掌の張り感を作って、

引く大切さについて学びました!

 

 

午後からは、

午後からは、6月3日(日)4日(月)5日(火)に行われていた

6月研修会の内容の検証について行われたのですが、

例え腰痛、膝の痛み、首の痛みがあったとしても、

その痛みの患部は、結果的に痛みの症状があるにすぎません!

 

 

その体の不調の原因は、人によりそれぞれなのですが、

指と顔面の骨との関係がある。。。

 

 

細かく言いますと、

「手のMP関節(指先から第3関節)と顔面骨」に変位が起こっているようで、

研修会で浦野先生に検査、確認して頂いた方の体で

実際に浦野先生と同じように変位しているか検証してみました!

 

 

実際に練習で検証してみますと、指の関節の変位を作るのは

大変難しく、骨をしっかり把握し、正しい方向に作らないと

その変化が出ることはありません!

その練習を何度も繰り返しました!

 

 

最後は、頚椎(けいつい)1番『首の骨の1番』の

アジャスト(調整)について行いました!

 

 

頚椎(首の骨)のアジャスト(調整)は、

とても難しい調整なのですが、通常MTS施術では、

頚椎5番、6番、4番をアジャスト(調整)することが多いのですが、

今回は、上部頚椎1番のアジャスト(調整)について学びました!

 

 

上部の頚椎1番(首の骨の1番)は、

側方(Lateral)

後下方(PI)または前上方(AS)

 ⇒通常姿勢でアゴがあがることが多いので前上方(AS)変位が多い

後方(P)または前方(A)

にそれぞれの変位が認められます!

 

 

これは、様々な痛み、腰痛や膝の痛み、首の痛みがあったとしても

この3つのパターンで変位が起きており、

その頚椎1番(首の骨1番)を調整すると、

身体の歪みが整うことで、腰痛や膝の痛み、首の痛みが和らぎます!!

 

 

ここでアジャスト(調整)については、

変位が起きている逆の方向にアジャスト(調整)していくのですが、

調整する人は、頚椎1番(首の骨の1番)の触れている部分は動かさず、

下腹と肘を上手く使い身体全体で調整(アジャスト)する

ご指導がありました!!

 

 

 

普段は、頚椎1番(首の骨の1番)は、

アジャスト(調整)することはないのですが、

調整後は、頚椎1番(首の骨の1番)の出っ張り感や、

首や腰の筋肉の緊張に緩みが出来ていましたので、

今後、尾張旭市東山町【うの整骨院】での施術で、

痛みやしびれなどに苦しんでいるお客様に

施術すると症状もさらに緩和するだろうと感じました!

 

 

またこれからのお客様のお身体のお役に立てるよう

明日からまた施術したいと思います!!

 

 

 

H30年5月27日(日)開催【弁護士法人心主催 平成30年 新・交通事故勉強会】に参加してきました!

2018.05.28 | Category: お知らせ,交通事故施術,院長日記

H30年5月27日(日)に開催されました

「弁護士法人心」が主催されました

【 平成30年 新・交通事故勉強会】

に参加してきました!

 

 

 

弁護士法人心さんの勉強会は、

数年前にも1年間で5回参加するコースがあり、

こちらの勉強会にすべて参加して、

交通事故施術についてとても詳しくなり、

勉強させていただきました!!

 

 

今回の勉強会の内容は、接骨院や整骨院で、

交通事故施術を行うことが難しくなってい現状や、

そういった現状でも多くの交通事故お客様を施術している

接骨院や整骨院の事例なども含めて、

具体的な方法や参考例などを紹介して頂きました!

 

 

 

また数年前から勉強会に参加している内容と

重複している部分も多かったのですが、

交通事故施術の部分以外にも経営に対する心構えなど

流行っている接骨院や整骨院の具体的事例や

お客様に対して満足感を得てもらうためには、

どのように意識していったらよいか!??

 

 

など西尾先生の独自の観点でお話されていて、

面白い勉強会でした!!

 

 

交通事故施術においては、

①整形外科など病院との連携の重要性

②接骨院でも交通事故施術ができるという院内POP等の周知

 

経営のお話については、

施術の技術でお客様を良くするのは当然のことで、

それ以外にも、お客様と痛みや辛さなどを共感することの重要性!

 

お客様の立場にたって、その人のためになることを

施術であったり、一緒に考えた悩んだり考えたり、

役立つ情報を提供したり・・・

 

などなどそういった積み重ねが重要なんだなと実感しました!!

 

 

 

いろいろな意味で勉強になりましたので、

明日からのお客様の対応に生かしていきたいと思います!!

 

 

先日開催させて頂いた【ランニングフォーム改善教室(4)】のレポートです!

2018.05.15 | Category: ランニング,院長日記

先日、開催させて頂きました【ランニングフォーム改善教室(4)】のレポートです!

 

他のランニング教室にも参加されたことはあるのですが、

走り方の方法は教えてもらえるが、

 

「実際の自分のランニングフォームはどうなのか?」

 

っというのを知りたくて参加して頂きました。

 

〇「ランニングフォーム修正前」の問題点

①左と右の腕ふりの位置が高い

 →下腹を起点とした骨盤と肩甲骨が連動した腕振りができない

②全体的に体の前面(腹面)で腕ふりをしている

 →肘を後ろに引けていないため、肩甲骨を使った腕ふりがされていません

③肩甲骨と骨盤が自然に連動したフォームになっていない

④下腹の腹筋を使えたランニングフォームでないので、お尻がひけている。

 →後方に足が流れている=下腹の腹筋が弱い

 

〇「ランニングフォーム修正のための改善ポイント」

①両手を挙上し、肘を下げる肩甲骨エクセサイズ。

②両手を後ろに組んで走るエクセサイズ

③骨盤と肩甲骨のを連動させた骨盤ツイストエクセサイズ

④下腹の腹筋を意識するため、両足を伸ばした腹筋エクセサイズ

⑤腿(もも)あげエクセサイズ(リズムよく)

 

〇「ランニングフォーム修正後」のフォームの評価

①左右の腕ふりの位置が下がり、骨盤を起点にした腕振りが出来るように改善

②体の前面を意識した腕ふりから背面の肩甲骨を意識した腕ふりに改善

③肩甲骨と骨盤の連動が上手くできたランニングフォームに改善

③下腹部の腹筋を意識させることで、足が後ろに流れなくなり腰高フォームへ改善

 

【ランニングフォーム修正前 「前方」から】

【ランニングフォーム修正後 「前方」から】

【ランニングフォーム修正前 「後方」から】

【ランニングフォーム修正後 「後方」から】

【ランニングフォーム修正前 「側方」から】

【ランニングフォーム修正後 「側方」から】

医療国家資格者が教える【車のドアを開けた際、後ろから来たバイクにぶつかり、相手にケガをさせてしまった時】は、自賠責保険で交通事故施術はできるのか??教えます!

2018.05.14 | Category: 交通事故施術

【車のドアを開けた際、

後ろから来たバイクにぶつかり、

相手にケガをさせてしまった時】

のケガは、自賠責保険で

交通事故施術はできるのでしょうか!??

 

 

意外と車を運転していた時に交通事故を起こしてしまった場合なら

自賠責保険を使ってケガの施術はできると想像がつきますが、

車を運転する前のドアの開け閉めにおいて、

これが交通事故の一つに入るとは、

なかなか想像ができないと思います!!

 

 

上記の例の場合、自賠責保険の定めによると、

「車のドアの開け閉めなども自動車の運行に含まれる」ため、

この事故によりケガをした相手の人には、

自賠責保険から保険金が支払われることになります!

 

 

基本的に自賠責保険の目的は、被害者救済の制度であり、

人が関わった事故において、相手のケガに支払われるものです!!

 

ですから、

車やバイクの修理代は、

人のケガとは関係がありませんので、

自賠責保険から修理代が支払われることは

絶対にありません!!

 

 

もしこのような交通事故の場合や、不注意にも起こしてしまった

交通事故でこの場合に交通事故施術はできるのか??

 

など、わからないこと等の疑問点や不安に思う点があれば、

尾張旭市東山町【うの整骨院】まで、

お気軽に安心してご相談くださいね!!

 

平成30年4月29日(日)に開催させて頂いた【ランニングフォーム改善教室(3)】の改善レポートです!

2018.05.07 | Category: その他身体の問題,ランニング,院長日記

平成30年4月29日(日)に開催させて頂きました

【ランニングフォーム改善教室(3)】のレポートです!

 

マラソンも走られているそうですが、

膝や足首など足回りがすぐに痛くなってしまうそうです!

 

〇「ランニングフォーム修正前」の問題点

①左と右の腕ふりの仕方が違う

 →左は肘を後ろにまずまず引けているが、右の肘の後ろに引けていない

②全体的に体の前面(腹面)で腕ふりをしている

 →肩甲骨を使った腕ふりがされていません

③肩甲骨と骨盤が自然に連動したフォームになっていない

④若干、腰が落ちたランニングフォームになっている

⑤体の真下に足の着地がされておらず、ももの前面で体重を受けている。→膝や足周りを痛めやすい

 

〇「ランニングフォーム修正のための改善ポイント」

①両肘を同時に後ろに同じように引き、肩甲骨に伝えるエクセサイズ。

②下腹を意識した腹筋エクセサイズ

③骨盤と肩甲骨の連動を意識させた骨盤ツイストエクセサイズ

④ランニングフォームにて腰高を意識するエクセサイズ

 

〇「ランニングフォーム修正後」のフォームの評価

①左右の腕ふりの肘を引く動作が同じぐらいい改善

②体の前面を意識した腕ふりから背面の肩甲骨を意識した腕ふりに改善

③肩甲骨と骨盤の連動が上手くできたランニングフォームに改善

③下腹部の腹筋を意識させることで、腰高フォームへ改善

【ランニングフォーム修正前 「前方」から】

【ランニングフォーム修正後 「前方」から】

【ランニングフォーム修正前 「後方」から】

【ランニングフォーム修正後 「後方」から】

【ランニングフォーム修正前 「側方」から】

【ランニングフォーム修正後 「側方」から】

 

医療国家資格取得者が教える【車の運転中、わき見運転をしてしまい電柱にぶつかってしまった時】に自賠責保険の補償はうけられるのか?

2018.05.07 | Category: 交通事故施術

車を運転中に、気になるお店が道路沿いにあり、

ふとそちらに目をやってしまった時に、

電柱や家の塀や壁など構築物に

ぶつかった事がある人もいると思います!

 

 

この場合の交通事故のケガは、

自賠責保険でケガの施術はできるのでしょうか??

 

 

結果から言いますと…

 

 

この場合は自賠責保険から

交通事故のケガの施術費等のお金は

支払いを受けられません!!

 

 

根本的に自賠責保険は、対人賠償と言って、

加害者、被害者など相手がいる場合のケガの補償ですので、

人として相手がいない、

物との交通事故では

自賠責保険の補償は受けられません!!

 

 

もし電柱など構築物等の物にぶつかってしまって、

ケガをしてしまった場合は、

ケガの施術は受けられないのか??

 

 

っと、思われるかもしれませんが、

強制保険である自賠責保険では補償は、受けられませんが、

任意保険であるご自分でご加入されている

【人身傷害保険】にご加入されていれば、

交通事故でのケガの補償は受けられます!!

 

 

しかしながら、【人身傷害保険】は任意保険であり、

ご加入すると毎月の保険料の支払いも増えるため、

ご加入されていない方もいらっしゃいます!!

 

 

仮に【人身傷害保険】に入っていない場合の

交通事故のケガの施術費は、すべて自己負担になりますので

お車の運転はお気を付けてくださいね!!

 

 

もし、交通事故にあってしまった場合、

ケガの施術費はどうなるか??

 

また交通事故の施術はどのようなことをするのだろう??

 

など、もしご不明点や疑問点等ございましたら、

愛知県尾張旭市東山町【うの整骨院】に

お気軽に安心してご相談くださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療国家資格保持者開催【ランニングフォーム改善教室(2)】のレポート(動画付)です!

2018.05.04 | Category: ダイエット,ランニング,院長日記

平成30年4月29日(日)に開催させて頂きました

【ランニングフォーム改善教室(2)】のレポートです!

 

〇「ランニングフォーム修正前」の問題点

①両肩に力が入りすぎており、両肩が上がっています。

 ※マラソンを走ると30km過ぎると肩や腕がつかれるとの事

②腕ふりの位置が高いです。(みぞおちの辺りで腕ふりしています)

③腕ふりを肩でしている。(脇が締まらず、上半身がブレている)

④上に跳ねていて、腰が落ちたフォームになっている。

⑤体幹の前傾ができておらず、体が立った状態で走っている

 

〇「ランニングフォーム修正のための改善ポイント」

①両手を後ろに組みランニングしてもらい、上腕の位置を確認していただいた。

②下腹を意識した腹筋エクセサイズ

③骨盤と肩甲骨の連動を意識させた骨盤ツイストエクセサイズ

④骨盤の前傾および体幹の前傾を意識するエクセサイズ

 

〇「ランニングフォーム修正後」のフォームの評価

①両肩の位置が下に下がったフォームに改善

②腕ふりの位置が下がり、下腹部を起点とした腕ふりに改善

③肩甲骨と骨盤の連動ができたランニングフォームに改善

③下腹の腹筋を意識でき、腰高のフォームへ改善

④左右のブレや上下のブレが少なくなった

⑤体幹および骨盤の前傾が取れるランニングフォームに改善

 

【ランニングフォーム修正前 「前方」から】

【ランニングフォーム修正後 「前方」から】

【ランニングフォーム修正前 「後方」から】

【ランニングフォーム修正後 「後方」から】

【ランニングフォーム修正前 「側方」から】

【ランニングフォーム修正後 「側方」から】

医療国家資格保持者開催【ランニングフォーム改善教室(1)】のレポート(動画付)です!

2018.05.04 | Category: ダイエット,ランニング,院長日記

平成30年4月29日(日)に開催させて頂きました

【ランニングフォーム改善教室(1)】のレポートです!

 

〇「ランニングフォーム修正前」の問題点

①以前にランニングで痛めていたケガのせいもあって、

 足下がランニング時に気になることもあり、

 どうしても視線が下を向いてしまうこと。

②デスクワークの影響で、猫背姿勢のランニングフォームになる

③蛇行して走っている(→足下を見ているから)

 

〇「ランニングフォーム修正のための改善ポイント」

①肩回り、特に肩甲骨の柔軟性を高めるエクセサイズ

②下腹を意識した腹筋エクセサイズ

③骨盤と肩甲骨の連動を意識させるエクセサイズ

④15mほど前方を見て走るアドバイス

 

〇「ランニングフォーム修正後」のフォームの評価

①15m先を見て走ることで、蛇行の改善

②肩甲骨と骨盤の連動ができたランニングフォームに改善

③下腹が意識できたフォームで、腰の位置も高いフォームへ改善

④左右のブレが少なくなった

⑤中心軸が意識でき背筋が伸びたランニングフォームに改善

 

【ランニングフォーム修正前 「前方」から】

【ランニングフォーム修正後 「前方」から】

【ランニングフォーム修正前 「後方」から】

【ランニングフォーム修正後 「後方」から】

医療国家資格者が教える「交通事故施術の自賠責保険」で【父(車所有者)の車で、母(運転者)が事故を起こした場合、兄、妹(家族同乗者)など、どこまで補償がされるのか?】教えます!

2018.04.27 | Category: 交通事故施術

交通事故施術において自賠責保険で、

 

父の名義の車で、母(運転者)が運転中に

交通事故を起こしてしまった場合、

兄、妹など同乗者していた場合、

どこまで補償がされるのでしょうか?

 

 

こういったケースは、良くあると思いますが、

自賠責保険において、補償されないのは、

①運転者

②自動車の持ち主(車の所有者)

になります!

 

 

ですから、上記の例でいきますと、

 

①運転者 → 母

②自動車の持ち主(車の所有者) → 父

が人身事故で負ってしまった

ケガについては、補償されません!!

 

 

ですから・・・

 

それ以外にあたる

③同乗者 → 兄

④同乗者 → 妹

⑤相手の被害者

の人身事故で負ってしまった

ケガについては、自賠責保険から

保険金が支払わられます!!

 

 

上記例でいくと・・・

 

①運転者 → 母

②自動車の持ち主(車の所有者) → 父

が人身事故で負ってしまった

ケガの施術費はどこから支払われるの??

 

 

って、疑問が沸くと思うのですが、

 

①運転者 → 母

②自動車の持ち主(車の所有者) → 父

の人身事故で負ってしまったケガについては、

10対0(過失で全部自分が悪い事故)以外の事故については、

 

 

相手が加入している自賠責保険で

施術をすることになります!!

 

 

仮に10対0(過失で全部自分が悪い事故)で、

交通事故施術を受けたいと思われる場合は、

自賠責保険を使うことが出来ませんので、

自分の入っている任意保険である

人身傷害保険を使用して、

交通事故施術を行うことが可能です!

 

 

相手に1でも非があるならば、

(相手が加入している)自賠責保険を使用して、

交通事故施術を受けることが可能ですので、

心配しないで頂きたいと思います!!

 

 

また交通事故施術において、

ご不明な点や疑問点があれば、

尾張旭市東山町【うの整骨院】にて、

わかりやすく丁寧にご説明いたしますので、

お気軽に安心してご相談ください!!

 

 

 

 

 

医療国家資格者が教える交通事故施術における【症状固定】とは何か?教えます!

2018.04.16 | Category: 交通事故施術

本日のブログは、交通事故施術における

「【症状固定】とは何か?」

について、お話します!!

 

 

交通事故施術において、【症状固定】になりますと、

賠償関係から考えますと、それは・・・

 

 

賠償期間の終わりの時期を示します!

 

 

 

どういう事かといいますと、

【症状固定】を医師から診断されると、

施術期間が確定されることになります!!

 

 

ですから・・・

 

 

今後の施術費、通院にかかる交通費、

休業損害、入通院慰謝料等は、

基本的に請求することができなくなります!!

 

 

では、交通事故施術における【症状固定】は、

どういった時にそのように診断されるのでしょうか??

 

 

【症状固定】とは、ケガ(痛みやしびれ等)の症状が安定し、

一般的に医学で認められた施術を受けていても、

(原則、実験段階や研究過程にある施術方法は除く)

施術の効果が期待できなくなっている状態を言います!!

 

<例>首の痛みが続いているが、1ヶ月間良くも悪くも変わっていない

   腕のしびれが、2ヶ月まったく変化なく良くならない

 

上記の<例>のように、

交通事故でのケガの回復、改善が

ほぼ期待できなくなっている状態を言います!!

 

 

ですので、交通事故でのケガの痛みやしびれ等が、

改善せず一進一退になっている状態でもあります!!

 

 

この【症状固定】の決定は、必ず病院の医師であり、

保険会社の担当者、接骨院や整骨院、

鍼灸師や理学療法士の先生でもありません!!

 

 

ですから、お電話などで保険会社の担当者様から、

 

「痛みがかわらなければ【症状固定】ですので、

交通事故施術はもう出来ません!!」

 

と、言われても施術を必ずしも止めるべきではありません!!

 

 

 

っと、いうより症状固定】などと医師以外の者が

発言した場合は、診断行為となりますので、

「医師法」違反となり法律で罰せられます!!

 

 

このようにもし交通事故施術でわからないこと、

ご不明な点、まったく交通事故施術について知識がない

などお困りの方は、尾張旭市東山町【うの整骨院】まで、

お気軽に安心してご相談くださいね!!