TEL

AKA治療

AKA治療とは?

急性腰痛のぎっくり腰から慢性腰痛、慢性的な肩の凝り、腰の痛み、股関節のつっぱり、膝の痛みの原因の多くは、背骨と骨盤の関節である仙腸関節(せんちょうかんせつ:下図)の動きの障害によって起こるといわれています。AKA療法は、動きの小さくなった仙腸関節と痛みの出ている場所の関節を動かして、関節包内運動を正常化させて痛みをとる治療法です。

仙腸関節の説明図

腰痛の原因は不明?

腰痛の90%はもともとの原因がよくわからないといわれてきました。

姿勢の悪さや激しい運動、老化や精神的なストレスなど、さまざまな要因が考えられますが、それらは絡み合い、痛みの根源を突き止めるのは難しいといわれてきました。
そこで、AKAの理論は慢性的な腰痛・肩凝り・膝痛や急性腰痛のぎっくり腰などのほとんどは、背骨と骨盤の関節である『仙腸関節』の動きの障害によって起こっているというものです。

どんな治療においてもまず腰の治療から入る事が多いものです。
よって『仙腸関節』の改善は腰だけでなく、首や肩の治療にも有効となります。

仙腸関節とは?

どうしていままで腰痛の原因に仙腸関節が関わっているとわからなかったか?
それは仙腸関節は動かない関節であると信じられていたからです。
動かない関節は痛みを起こすはずがないというわけです。
死後硬直した仙腸関節が動かないことから長らく医師に動かない関節と信じられてきました。

AKA治療は仙腸関節の遊びを改善する

腰痛の患者様では腰を自由に動かすことが困難です。
AKAの開発者である博田節夫先生が実際に触診してみた結果、腰痛で動かなくなっている箇所の主体は仙腸関節であることがわかりました。
(椎間関節はごくわずか)
そこで関節運動学という最新の医学を応用して、関節の動きをよくする為に関節の遊びを改善するという結論に至りました。

まとめますと、仙腸関節の動きの障害によって生じている腰痛などを仙腸関節の隙間を手で広げたり、関節面同士を滑らることによって動かなくなっていた仙腸関節の動きをもとに戻し痛みをなくしていくというのがAKA治療です。

AKA治療の手順とは?

☆腰痛の場合

①ストレス検査 → 患者様に仰臥位(仰向け)になってもらう(Fadireテスト)

②仙腸関節、腰椎AKA離開法 → 後上部、後下部、前上部、前下部、前屈上方すべり

                       後屈下方すべり

③ストレス検査 → 施術前の検査時、痛みや筋の緊張が取れていることを確認する

④施術終了

 

☆首、肩痛の場合

  (※首、肩の痛みでも骨盤からの影響を診ますので腰も診ます。)

①ストレス検査 → 患者様に仰臥位(仰向け)になってもらう(Fadireテスト)

②首、肩の動き検査 → 患者様に坐位で、首の回旋や肩の上がり方を確認する

③仙腸関節、腰椎AKA離開法 → 後上部、後下部、前上部、前下部、前屈上方すべり

                       後屈下方すべり

④ストレス検査 → 施術前の検査時、痛みや筋の緊張が取れていることを確認する

⑤首、肩の動き検査 → 施術前の検査時、首、肩の痛みや筋の緊張の緩和を確認

⑥第1肋椎、胸椎AKA → 胸椎に関しては主に第2、6、7、8番を行います

⑦首、肩の動き検査 → 最後に腰、上半身のAKAの施術による効果を確認します。

⑧施術終了

AKA治療の適応症は?

腰痛、急性腰椎症、脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、変形性脊椎症、坐骨神経痛、腰痛症、変形性腰椎症、変形性頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、肩こり、四十肩、五十肩、首こり、むち打ち症(頸椎捻挫)、変形性股関節症、変形性膝関節症、膝内障、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)、ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)、足関節捻挫、シンスプリント、オスグット病、ジャンパー膝、腸脛靭帯炎、手根管症候群、頚肩腕症候群、肩関節周囲炎などで、内臓の痛み、骨折、脱臼、捻挫、打撲、感染症、腫瘍(ガンなど)の痛み、精神疾患(うつ病など)以外の痛みに効果があるとされています。

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ