TEL ネット予約 LINE

超音波施術 | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

超音波施術

超音波とは?

通常、人間が音として聴くことが出来る周波数(可聴周波数)は、20~20,000Hzとされていますが、年齢を重ねていくと徐々に上限は低くなる傾向があり、成人で16,000Hz程度、高齢者では、12,000Hz程度まで低下すると言われています。

ここで言う超音波とは、可聴周波数を越える(音として聴き取れない)20,000Hz以上の周波数域を超音波(ultrasound)と言います。

 

image

※2008年北京オリンピック 銀メダルの太田雄貴選手(写真中央)

 2012年ロンドンオリンピック フルーレ団体 銀メダルの千田健太選手(写真左端)

 2012年ロンドンオリンピック フルーレ団体 銀メダルの三宅諒選手(写真右端)

 も超音波施術で身体のケアをしています。

 超音波施術器

 

超音波施術の対象

骨折後の骨癒合の促進

筋膜、靭帯、腱などの軟部組織

超音波施術の効果

超音波は、超音波の振動エネルギーが熱に変えられ深部から表層まで組織の温度を上昇させ、超音波の温熱効果によって、疼痛と痙縮(簡単に言うと、筋肉の緊張がかなり強い状態)の軽減、循環改善(血流増大)、神経伝達の速度の増大、代謝の促進、軟部組織(筋肉、靭帯、腱など)伸展性増大(筋肉などが柔くなり、ストレッチしてもやりやすくなる状態になる)などがあります。

非温熱効果としては、骨折後の骨癒合の促進、1秒間に何百万回もの振動によるマイクロマッサージ効果により軟部組織等を緩める。

1MHzでは、体表より5cmまで組織の温熱効果を発揮し、3MHzでは、体表より1~2cmで効果が到達します。

 

image

※箱根駅伝3年連続区間賞、日本選手権10000m4連覇、2011年世界陸上テグ大会出場、

 2012年ロンドンオリンピック日本代表の佐藤悠基選手も超音波施術で、

 身体をケアしています。

 

超音波施術の禁忌

妊娠時は、母体の高体温は、発育遅延や脳ヘルニア、小頭症、小眼球症、脊髄形成異常と関連するため使用しないが、診断用超音波は、安全で副作用もないためこの限りではない。

悪性腫瘍における超音波療法は、腫瘍の成長、転移率の上昇の可能性があり使用しない。

ペースメーカーに使用した場合、加熱作用により電気回路を壊すため、埋め込みペースメーカーの部位には適用してはいけない。埋め込みペースメーカー以外の部分に関してはこの限りではない。

血栓性静脈炎は、血栓を移動し崩壊させる。心臓や肺などの重要器官への血栓閉塞の可能性があるため適用すべきではない。

眼球は、眼球のキャビテーションが目を痛める可能性があるため使用するべきではない。

生殖器官は、超音波の使用により発達に影響を与えるので、男性および女性の生殖器官に適用するべきではない。

超音波施術の注意

急性炎症の領域は、超音波の熱が出血、疼痛、腫脹の亢進、治癒の抑制、機能回復の遅延を起こすため、熱を起こす強さの超音波を急性炎症に使用するときは、注意が必要である。

骨折線の超音波の使用、特に成長軟骨への使用は適用しないことが推奨されている。

骨折への超音波の使用は、骨癒合を早めるが、それは低強度超音波療法によるもので、高強度超音波療法を骨折部に使用すると疼痛が起こる。また骨折治癒を阻害する可能性もある。

胸部インプラントの超音波の使用は、熱によってインプラント内部の圧力を高め、破裂させる危険性があるため、高用量の超音波を胸部インプラントに使用してはいけない。