TEL

自賠責保険とは?

自賠責保険とは、交通事故において被害者救済を目的に作られた自動車保険(強制加入保険)です。

このような事例に対応可能です。

尾張旭市、東山町、【うの整骨院】は自賠責保険も使用できます!

自賠責保険とは、別名強制保険とも呼ばれ、自動車、バイク(原動機付自転車も含む)を運転の際、必ず加入するよう、自動車損害賠償保障法という法律で決まっている保険です。仮に保険に加入していない人が交通事故を起こして、他の人をケガさせたり、死亡させたりした場合、多額の損害賠償金が支払えないケースがあります。そうなると、交通事故で死亡してしまったり、ケガをした被害者は、治療費などの賠償金を支払ってもらえず、治療費などは自腹をきって支払うことになり、泣き寝入りすることになってしまう可能性が高いと言えます。

したがって、交通事故にあった被害者が泣き寝入りするこなく、最低限度の保障を受けることができるように、車やバイクを運転する人は必ず自賠責保険に加入するように国が定め、この自賠責保険が制定されました。

よって、自賠責保険は、被害者救済を最大の目的とした社会保障的な意味合いを持つ保険といえます!

自賠責保険の補償金額は、1事故1名につき、死亡の場合は3,000万円、傷害は120万円、後遺障害が残ってしまった場合は、障害の程度(等級)にしたがって75万円~4,000万円と定められています。しかしながら、被害者に重大な過失が認められた場合は、減額されて支給されます。またこの金額は、被害者1人ごとに決定されているので、1回の事故で複数の被害者がいるケースでも保険金の額が減額されることはありません。

このよう大勢の人が予想だにしない時におこる事故。最近は、歩道を歩行中、もしくは自転車で走行中に自動車に衝突される危険性も高まっています。通常、歩道を歩行中は非常に無防備にしている場合が多いですので、通常、自動車によって引き起こされる事故は障害を負うことがほとんどです。一般的に交通事故治療は、自賠責保険を使用するのですが、相手被害者の自賠責保険を使って治療を進めます。大多数の人は、医療機関でしか使用できないと思われがちですが、実際は接骨院、整骨院などでの治療にも適用可能です。尾張旭市市、東山町、【うの整骨院】でも対応が問題なくできます!

自賠責保険は被害者の過失に応じて治療費が変わりますが、基本的に自賠責保険での補償額の範囲内で窓口負担金をゼロにて治療することもできます。これは病院(整形外科、外科)など医療機関でも接骨院、整骨院でも同様に適用され、患者様は安心して交通事故治療に専念できます。尾張旭市、東山町、【うの整骨院】は、自賠責保険の適用についても十分な知識を持っておりますので、安心してご相談して頂けると良いです。お気軽にご連絡ください!

交通事故の自賠責保険について

自賠責保険は、対人賠償の保険です。(他人に対する保険)1事故1名につき、死亡で最高3,000万円、傷害で120万円、後遺障害(程度により)75万~4,000万円支払われます。これは、自動車の運行で、他人を死亡・ケガをさせてしまった場合に適用されます。 ここで言う自動車の運行とは、①ドアの開け閉め、②自動車を走らせていない時の事故も含まれます。(詳細は、尾張旭市東山町のうの整骨院にお気軽にご相談ください。)しかし、ここで、注意しなければならないのが、自分自身のケガ、自動車の修理代、ガードレール・ブロック等に対する修理代は、自賠責保険では適用できません。 また自賠責保険未加入事故の損害賠償は、すべて加害者が負担することになります。また自賠責保険において、必ずついてくるのが過失の問題です。不運にも交通事故を起こしてしまい、自分の過失が多いことで交通事故治療を諦めてしまう方がいます。交通事故後の痛みがあるにもかかわらず放置すると、一生その痛みに悩まされる可能性があります。痛みなどがなくなるまで十分な治療を当院で受けていただくことをお勧めいたします。また交通事故は、1%でも相手に非が認められれば、自賠責保険で治療を受けられます。過失が70%未満であれば、自賠責保険の限度額である120万円の枠内で全額が、過失が70%以上であれば、減額された96万円の枠内の8割(2割の減額)が支払われます。また自賠責保険は、被害者保護の立場から保障制度としての意味合いが強く、多くの請求を速く、平等に取り扱う必要性があることから、定型、定額化した支払い基準が決められています。特徴としては、下記になります。

  1. 無保険運転は違法になります。(※自賠責保険は、法律で定められた強制保険です。)
  2. 物損事故は対象外です。(※人の傷害は認められない事故と判断されているため)
  3. 被害者1名ごとに支払う際に限度額が決められています。(※支払限度額120万円)
  4. 被害者は、直に保険金(共済金)を請求することができます。(※保険会社一括対応ではなく、被害者自らが被害者請求によって請求できる)
  5. 仮渡金(かりわたしきん)制度があります。(※示談、和解、裁判の確定前に一部支払われる)
  6. 被害者に重大な過失があった時にのみ限度額が減額されます。(※自分の過失70%以上→2割減額 120万円→96万円)

自賠責保険の慰謝料の計算

交通事故治療の傷害に対する慰謝料の意味合いは、交通事故の相手に精神的な苦痛を与えたものに対する損害賠償の意味合いで支払われるものではなく、交通事故のケガによって、患者様自身が入通院することによって、自分の自由な時間を割いて病院や接骨院、整骨院などに入通院することで、精神的な苦痛を受けたことに対する慰謝料の意味で支払われます。慰謝料の計算の基本は、治療期間と実治療日数です。よって、慰謝料は、自賠責保険の基準で計算すると、治療期間と「実治療日数×2」(あんま等は2倍はしません、又一部の骨にギプスをした場合は、その期間は実治療日数とカウントします。)を比較し、少ない方の日数に4,200円をかけて計算されます。また、慰謝料の計算は、この4,200円をかけた日数で示談する方が、多いですが、実は自分の入っている自動車保険で、弁護士費用特約に加入している場合は、保険会社様から示談の提案書が送られてきた後、弁護士が交渉に入ることで、この4,200円の金額よりも多い金額を受け取れる可能性があります。(※必ず多くなるとは限りません!)これは、東京地方裁判所の入通院慰謝料支払基準表(赤本基準)というのが、あるのですが、通院の場合は、1ケ月で28万円、2ケ月で52万円、3ケ月で73万円、4ケ月で90万円、5ケ月で105万円、6ケ月で116万円となっています。入院の場合は、1ケ月で53万円、2ケ月で101万円、3ケ月で145万円、4ケ月で184万円、5ケ月で217万円、6ケ月で244万円となります。

自賠責基準による慰謝料の計算

【例】4月2日に交通事故のケガをして、4月3日から通院治療を始め、1ケ月間で10日通院した(4月末で終了)場合の慰謝料の計算

  『4月』

    ⇒通院期間(4月3日~4月30日)→28日間 > 通院実日数⇒10日通院→10日×2=20日

   ※4月は、通院期間 → 28日間、通院実日数×2 → 20日なので、少ない20日で計算されます。

     4,200円×20日=84,000円

 

よって、84,000円が交通事故治療の慰謝料として受け取れることになります。(※弁護士費用特約を使用し、裁判所基準で交渉すればこの金額を上回る可能性があります。)

 

もし、交通事故後の慰謝料等の計算がわからない場合や、こいったケースはどうなんだろう!?など、疑問等がございましたら、尾張旭市東山町のうの整骨院にお気軽に安心してご相談ください!

具体的請求事例

✩家事従事者 女性 39才

 ①負傷名:頚部捻挫、腰部捻挫、右膝関節捻挫

 ②治療期間(2015年12月13日~2016年5月30日 ⇒ 総日数176日

   通院日数 ⇒ 総日数75日(※月平均12.5日) 

     → 75日(通院日数)×2=150日(※176日>150日 150日で慰謝料の計算採用)

 ③治療費:489,072円(※整骨院および整形外科が受け取る金額)

 ④通院費:3,630円

   ○自宅 → 整形外科【(1km15円)×(往復)24km×2回=720円】

   ○自宅 → 整骨院【(1km15円)×(往復)2km×97回=2,910円】

 ⑤休業損害:427,500円

   ○主婦休業損害:75日×5,700円=427,500円

 ⑥傷害慰謝料:630,000円

   ○4,200円×150日=630,000円(※通院75日×2=150日)

 【合計③+④+⑤+⑥】1,550,202円(※患者様が実際に受け取れる金額 ④+⑤+⑥=1,061,130円)

 

【自賠責保険】のQ&A

実際の事例です。ご参考にしてください!

【質問1】車を運転中、交通事故を起こし、相手にケガをさせてしまった時は、補償は受けられますか?

 

【答え1】このような交通事故のケースは、相手の被害者へは自賠責保険で保険金が支払われます。

 

しかし、自分の車(車両保険対象)や相手の車の修理代(対物賠償保険対象)自分自身のケガの治療代(相手の自賠責保険もしくは、人身傷害保険対象)

 

【質問2】父、母、兄、弟の4人家族で、父親の所有車を母親が運転中、

    人身事故を起こした場合は、どうなのでしょうか?

 

【答え2】自賠責保険においては、運転者とその自動車の所有者は補償されないため、

    父親、母親のケガの補償はされない。

    兄、弟と相手の被害者は自賠責保険で保険金が支払われることになります。

 

【質問3】車を運転中、わき見運転していたら電柱に激突してしまった場合はどうでしょうか?

 

【答え3】自賠責保険は対人賠償のみのため、この場合は自賠責保険対象外です。

 

【質問4】車のドアを開けた時、後ろから走ってきたバイクにぶつかり、相手にケガをさせてしまったケースは?

 

【答え4】車のドアの開閉も自動車の運行に含まれるので、ケガをした相手の人に自賠責保険より

    保険金が支払われます。ただし、車やバイクの修理代(車両保険または、対物賠償保険)は支払われない。

 

【質問5】自宅で車庫入れ中、誘導してくれていた父親に誤ってぶつかり、ケガをさせてしまった。

 

【答え5】ケガをした父親が車の所有者なら保険金は支払われませんが、

    所有者でなければ保険金が自賠責保険より支払われます。

 

このように対人事故においては、自賠責保険で被害者の治療費、休業損害、慰謝料など損害賠償ができるといっても、

全額まかなえるわけではありません。被害者を死亡させたケースや、ケガをさせたケースなどによって金額は決まっています。

 

尾張旭市、東山町、【うの整骨院】は、週末の土曜日でも夕方5時まで、日曜日も午前12時まで施術をしています。ご予約優先制ですが、予約なしでも施術できる場合もありますのでご来院をお待ちしております!

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ