TEL

脊柱管狭窄症(間欠性跛行)

脊柱管狭窄症とは?

腰部脊柱管狭窄症は遺伝的素因、加齢によるものがほとんどで55才~80才代という高齢者に多く見られ、大学病院の整形外科における腰椎(腰骨)の手術症例の90%以上は脊柱管狭窄症であると言われています。それでは、脊柱管狭窄症とはどういったものなのでしょうか?人の背骨は、中心が空洞になり首から腰まで「脊柱管」と呼ばれる管状になっています。脊柱管狭窄症とは、その脊柱管が狭められている状態で、骨の発育異常や老化、または変形が原因で、その中を通る神経(馬尾神経・腰髄神経根)や血管を圧迫することで起こる病気です。血管が圧迫される → 血流悪化 → 栄養不足(神経は血液で栄養されている) → 痛みやしびれが起こる という流れになります。この脊柱管狭窄症も、広い意味で捉えると脊椎すべり症もこの部類に入ります。おもな症状としては、腰部から下半身に痛みが走り、歩行時に痛みが増し、腰かけて休憩するとまた症状が軽快するのが特徴です。また腰を後ろに反らした場合は、脊柱管が、より狭くなりますので症状が悪化します。逆に、腰を前屈すると脊柱管の隙間が若干広がるので腰痛が楽になるという傾向があります。また他には、尿失禁や排尿困難などの排尿障害、性機能不全、下肢痛、冷感なども認められます。診断は、腰椎(腰骨)の前弯が強まる姿勢で増強する間欠性跛行が手掛かりとなります。CT検査やMRI検査で脊柱管内(背骨の中)の狭窄(狭くなる)が確認できます。

※間欠性跛行とは、一方もしくは両方の下肢が、一定区間歩くと痛みを感じて歩行困難となり、立ち止まって休憩すると痛みが和らぎ、また歩ける。

脊柱管狭窄症

※日本大学医学部付属練馬光が丘病院整形外科 大幸俊三教授【腰痛の治療】より

当院での脊柱管狭窄症の治療法

当院では、脊柱管狭窄症の治療としては、MTS治療(脳・脊髄神経機能調整治療)およびAKA治療(関節運動学的アプローチ法)で治療を行っていきます。MTS治療では、運動神経などの神経伝達が正常に伝達されているか?などを筋力テストで検査したり、関節可動性をチェックすることで、骨や筋肉などのひっかかりを検査し、その検査をもとに骨盤(腰骨)や頚椎(首の骨)で調整します。またAKA治療では、関節運動の改善や運動を妨げる関節軟部組織(筋肉・靱帯など)の拘縮改善を目的に治療しますが、主に仙腸関節の機能異常が大きく痛みや下肢のしびれに影響を及ぼしていることが多いので、腰や臀部、下肢に症状がある場合でも骨盤(腰骨)をまずは調整することが前提となります。また必要に応じて超音波治療にて、部分的に硬くなった筋肉や靭帯をゆるめる集中施術も行います。【※超音波治療は、理論上、体表より5~7cmまで深部に刺激を与えることが出来ますので、マッサージ(体表からせいぜい2~3cmが限度)などでは到達できない深い部分の硬くなった筋肉や靭帯を緩めることができ、症状の軽快が期待できる治療が可能です】脊柱管狭窄症による神経圧迫が強く、治療によって改善がなかなか見込まれない場合は、手術適応を考えた場合が良いケースもありますが、まずはMTS治療およびAKA治療による手技療法による保存療法で経過を観察し、症状の回復を待ってからでも遅くはないでしょう。

※骨盤や背骨、首の骨を整え、痛みなどの根本原因を取り除くためのカイロプラティック調整専用ベットです!

もし、脊柱管狭窄症を患い腰やおしりの痛み、下肢のしびれなどの不快な症状でお悩みの方は、一人で悩まずお気軽に安心して尾張旭市東山町のうの整骨院までお気軽に安心してご相談ください!!

腰痛患者様の施術例

施術前

施術前

※患者様が一番落ち着く自然体で撮影したものです。

施術後

施術後

※患者様が一番落ち着く自然体で撮影したものです。

   

   

もし、脊柱管狭窄症などの腰痛で、なかなか長い距離を歩けない!腰痛でなかなか歩けない!などの症状でお困りの方は、一人で悩まず尾張旭市東山町のうの整骨院にお気軽に安心してご相談ください!!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ