TEL

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰痛椎間板ヘルニア(Lumbar disk herniation)は、腰椎椎間部の繊維輪の抵抗が弱くなったり、断裂によって髄核が飛び出すことで起こるヘルニアです。20歳~40歳代に多く、好発部位は、L4(腰の4番の骨)~L5(腰の5番の骨)、L5(腰の5番の骨)~S1(仙骨1番の骨)で、L4~L5ヘルニアでは、L5(腰の5番の)神経根が、L5~S1ヘルニアでは、S1(仙骨1番の)神経根が障害を受けます。「重いものを持ち上げた」などが原因で、「急に体も動かせないぐらいの腰痛に襲われた」などの症状があります。2日~3日ほど安静にしていると痛みは少なくなりますが、代わって圧迫を受けている神経根の支配領域に一致した下肢痛(放散痛)が出現します。巨大な正中ヘルニアでは、馬尾圧迫症状(腰痛、下肢の神経痛・しびれ、尿障害、直腸膀胱障害、尿・便失禁、性機能障害など)が認められます。

%e8%85%b0%e6%a4%8e%e6%a4%8e%e9%96%93%e6%9d%bf%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%a2%ef%bc%93

※公益社団法人日本整形外科学会ホームページ画像より抜粋

%e8%85%b0%e6%a4%8e%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%a2%ef%bc%92

※公益社団法人日本整形外科学会ホームページ画像より抜粋

腰椎椎間板ヘルニアの検査

ヴァレーの圧痛点:坐骨神経の神経根(L5,S1~S3神経根)が刺激を受けていると、坐骨神経が大坐骨切痕から梨状筋下孔を通過して末梢に出てくる部位を圧迫した時に痛みが出ることがあります。これをヴァレーの圧痛点といいます。

ラセーグ・テスト【Sraight leg raising (SLR) test】:仰向けにした患者のふくらはぎを持ち、膝をまっすぐに伸ばしたまま下肢を上に持ち上げるテストです。坐骨神経(L5~S3)の神経根に圧迫があると坐骨神経痛があります。※腰椎椎間板ヘルニアの特有の所見ではありません。

大腿伸展テスト(Femoral nerve stretch test):大腿神経が圧迫されている場合、患者をうつ伏せにして膝を曲げさせ、股関節を伸展(下肢を上に持ち上げる)と大腿前面(ももの前)に放散痛を認めます。※腰椎椎間板ヘルニアの診断に使われますが、腰椎椎間板ヘルニアだけでなく、神経根を圧迫する病変があれば他の疾患でも認められるので注意が必要です。

上記の検査が参考になりますが、他にもCT検査やMRI検査、脊髄造影なども行います。

%e8%85%b0%e6%a4%8e%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%a2

※公益社団法人日本整形外科学会ホームページ画像より抜粋

一般的な腰椎椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療は、基本は手術によるものではなく、保存療法で安静・臥床(寝ること)で神経根症状が和らぐのを待ちます。最近の研究では8割~9割の椎間板ヘルニア症例で、自らの免疫力でその椎間板ヘルニアが2ヶ月~3ヶ月以内に消滅することが分かってきました。このことは人間の免疫の機能を持つマクロファージという身体の外敵から身を守るものが、椎間板を異物だと勘違いし、貪食するといったものである。腰椎椎間板ヘルニアが引き起こす不快な症状が、神経根の炎症によるものならば、非ステロイド性抗炎症薬、ビタミンB12の投与やブロック療法を実施し、2~3日後より骨盤牽引療法やコルセットの着用、ウィリアムズ体操(腰痛体操)などを始めます。緊急手術が必要になるのは、下肢麻痺や膀胱直腸障害があらわれる馬尾圧迫症候群の時だけです。

当院での腰椎椎間板ヘルニアの治療

当院では、腰椎椎間板ヘルニアの治療としては、MTS治療(脳・脊髄神経機能調整治療)およびAKA治療(関節運動学的アプローチ法)で治療を行っていきます。MTS治療では、運動神経などの神経伝達が正常に行われているか?などを筋力テストで検査したり、関節の可動性を確認することで、骨や筋肉などのひっかかりがないか?を検査し、その検査をもとに骨盤(腰骨)や頚椎(首の骨)で調整していきます。またAKA治療では、関節運動の改善や運動を妨げる関節軟部組織(筋肉・靱帯など)の拘縮の改善を目的に治療しますが、主に仙腸関節の機能異常が大きく痛みやしびれに関与していることが多いので、腰や臀部、下肢に症状がある場合でも骨盤(腰骨)をまずは調整することが前提となります。腰椎椎間板ヘルニアによる神経圧迫が強く、治療によって改善がなかなか見込まれない場合は、手術適応を考えた場合が良いケースもありますが、まずはMTS治療およびAKA治療による手技療法による保存療法で経過を観察し、症状の回復を待ってからでも遅くはないでしょう。

IMG_4293

もし、腰椎椎間板ヘルニアを患い腰やおしりの痛み、下肢のしびれなどの不快な症状でお悩みの方は、一人で悩まずお気軽に安心して尾張旭市東山町のうの整骨院までお気軽に安心してご相談ください!!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ