TEL

生理痛(月経痛)

生理痛で悩む30代女性一般的に世の中の女性は生理痛(月経痛)を経験しています。月経とは子宮の内側にある子宮内膜から、おおよそ一か月の間隔で起こる周期的な出血で、限定された日数で通常は止まるものです。その時の出血で起こる血液には子宮内膜の断片も含んでいます。その周期的な月経の起こる過程で下腹部の痛みがあったり、それが臀部(おしり)、腰、腿(もも)まで広がるケースも多々あります。また人によっては、吐き気、全身的な痛み、下痢、嘔吐などが現れます。この生理痛でも月経が起こる初日、もしくは2日目に軽い腹痛があるのは正常です(※約50%以上の女性が経験しています。)が、おおよそ10%の人は、薬を服用しなければ日常の生活がままならないほどの激しい痛みを伴う女性も存在するのが事実です。婦人科の基礎疾患(子宮筋腫、子宮内膜症など)がない場合、この痛みは原発性月経困難症と言われます。その要因は、プロスタグランジンと呼ばれる子宮の筋肉を収縮させ、その内側の層を流し出す作用をする物質の濃度が高いことが一つです。このような原発性月経痛は、痛みを伴いますが、ほとんど害はありません。20代半ばを過ぎたり、赤ちゃんを出産するとほとんど痛みは消失します。婦人科の基礎疾患により引き起こされる痛みは、卵巣腫瘍、卵巣嚢腫、骨盤内炎症性疾患、子宮内膜症、性感染症、類繊維腫(子宮壁の良性腫瘍)などがあり、これらは2次性月経困難症と呼ばれます。

生理痛でお腹をさする30代女性通常、生理痛(月経痛)が酷く専門医での治療をする場合は、上記でお話しした基礎疾患を治療することで、痛みはなくなる傾向にあります。しかしながら、痛みの原因が特定できない場合は、経口避妊薬で不快感を軽減させる処置をする場合もあります。またセルフケアとしては、非ステロイド性抗炎症薬やアスピリンで約80%の人は、痛みが和らぐ傾向にあります。あとは温かいお風呂に入り、身体の新陳代謝を活性化させたり、適度な運動をすることで月経期における生理痛(月経痛)を幾分、和らげることもできます。

尾張旭市東山町【うの整骨院】での生理痛(月経痛)の治療としましては、子宮など生殖器は解剖学的に骨盤内におさまっているため、骨盤などの骨格であったり、筋肉のゆがみを調整します。これは、生殖器の機能が正常に働いていないことや、身体のバランスの崩れにより代謝異常が起こることで、生理痛(月経痛)が酷くなっているのではないかを疑うためです。当院自慢の整体治療とカイロプラクティック専用ベットで、首と骨盤を調整することで、子宮を含む生殖器をはじめ、骨盤内の内臓などのバランスを整えるよう調整し、生理痛(月経痛)が和らぐよう促していきます。

尾張旭市東山町【うの整骨院】は、お車でのお越しにも便利になるよう当院専用駐車場を4台完備しております。また平日は、夜8時まで、土曜日も夕方5時まで、日曜日も午前中は診療しております。もし生理痛(月経痛)でお悩みの方は、尾張旭市東山町【うの整骨院】までお気軽に安心してご相談ください!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ