TEL ネット予約 LINE

手根管症候群 | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

手根管症候群

手根管症候群とは?

手根管症候群(carpal tunnel syndrome)は、手首の関節の酷使や、コーレス骨折(前腕の骨折)などの変形治癒や手首の中を通る屈筋腱の狭窄性腱鞘炎、ガングリオン(ゼリーのようなものが詰まった腫瘤<できもの>)、血液透析によるアミロイドーシス(アミロイドと言われる特殊なたんぱく質が、色々な臓器に付着することで組織障害を起こすこと)などの原因で起こり、夜中に大きくなる痛みがあり、この痛みは運動によってさらに悪くなります。正中神経の領域(手のひらの親指、人差し指、中指、薬指の半分一帯)にもしびれを訴えます。

手根管の横手根靱帯に圧迫された偏平な神経(正中神経) 手根管症候群の手首の痛みで悩むお年寄り

※公益社団法人日本整形外科学会ホームページ画像より抜粋

手根管症候群の診断は?

①ファーレンテスト(Phalen test)

手関節屈曲テストとも呼ばれます。手関節を他動的に最大掌屈(手のひら側に手首をいっぱいに曲げる)させると、約1分で正中神経領域にしびれ感や痛みが出現します。この逆で手関節を最大背屈(手の甲側にいっぱいに曲げる)させて、約1分しても同じ症状が出現します。これは逆ファーレンテスト(Phalen test)と呼ばれます。

②ティネル徴候(Tinel sign)

末梢神経損傷後に、軸索再生が始まっている神経の先端は、まだ髄鞘に覆われていません。このとき、先端に相当する部分をを叩打すると、その末梢神経の固有支配領域に放散痛を感じます。これをティネル徴候と呼び、再生軸索の伸び具合を調べるのに有効です。

チィネル徴候(Tinel sign)とファーレンテスト(Phalen test)

※公益社団法人日本整形外科学会ホームページ画像より抜粋

手根管症候群の一般的施術法

中等度の痛みやしびれまでは、手関節の固定(ギプスオルソ固定など)と副腎皮質ステロイドの局所注射を実施します。観血的処置(オペ処置)としては、手根靱帯を切断して、正中神経の圧迫をやわらげるような処置をします。

当院での手根管症候群の施術法

手根管症候群をMTS施術で施術するカイロプラティック専用ベット当院では、手根管症候群の施術としては、MTS施術(脳・脊髄神経機能調整施術)およびAKA施術(関節運動学的アプローチ法)で施術を行っていきます。MTS施術では、運動神経などの神経伝達が正常に行われているか?などを筋力テストで検査したり、関節可動性を確認することで、骨や筋肉などのひっかかりがないか?を検査し、その検査をもとに骨盤(腰骨)や頚椎(首の骨)で調整していきます。またAKA施術では、関節運動の改善や運動を妨げる関節軟部組織(筋肉・靱帯など)の拘縮の改善を目的に施術しますが、主に仙腸関節の機能異常が大きく痛みやしびれに関与していることが多いので、手首に症状がある場合でも骨盤(腰骨)をまずは調整することが前提となります。手首の中の手根管の神経圧迫が強く、施術によって改善がなかなか見込まれない場合は、手術適応を考えた場合が良いケースもありますが、まずはMTS施術およびAKA施術による手技療法による保存療法で経過を観察し、症状の回復を待ってからでも遅くはないでしょう。

もし、手首をよく使うお仕事の方や妊婦の方など手首の痛みやしびれなどが起こり、手根管症候群の症状でお悩みの方は、一人で悩まずお気軽に安心して尾張旭市東山町のうの整骨院までお気軽に安心してご相談ください!!