TEL

寝違え

寝違えとは?

寝違えで首を痛めた女性の写真寝違えとは、朝起きた時に首や肩の痛みが生じ、特に首を動かそうとした時に運動痛(動かすと痛む)が起こる状態を言います。寝違えという医学的な病名はありませんが、首の周囲や肩甲骨周囲の筋肉や靭帯に急性炎症が起こったときを総称して呼ばれるものと考えて良いと思います。

寝違えの原因は?

寝ている時に不自然な状態が続き、首、肩の筋肉が収縮した状態が持続すると通常は痛みを感じることにより、姿勢を変え、痛みから逃れる姿勢をとります。しかし、疲労や睡眠不足やお酒を飲みすぎた時には、姿勢を変える反応がなくなり、不自然な態勢で寝続けてしまうことがあります。このような状態が続くと、特定の筋肉だけに緊張が継続して起こりますので、筋肉の炎症を起こしやすくなります。

当院での寝違えの治療法

MTS治療で寝違えを治療するのに使うカイロプラティック専用ベットの写真当院での寝違えの治療としては、首が痛いので首の状態も診ていくのですが、まずは骨盤の状態から診ていきます。大方の場合、骨盤のアライメント(解剖学的に正常な位置に骨格がある状態)も悪く、骨盤の状態が悪いのに首や肩の状態が良いということは、ほとんど無いと考えます。勿論、その上に位置する脊椎(背骨)や首、肩のアライメントも同時に診ていきます。

 治療は、AKA療法とMTS療法によって、骨盤と頚椎(首の骨)を整えることにことによって施術していきます。寝違え治療においては、筋肉の炎症が原因と考えておりますので、マッサージは筋肉を緩めるために直接揉んだり、押したりするため、かえって炎症を増悪してしまう可能性があるため行いません。しかし、マッサージでなくても骨盤や頚椎などのアライメントを整えることによって、たとえその場で瞬間的に痛みが取れなくても、骨格が正常な位置に戻すことが出来れば、筋肉の緊張は特定の筋肉に過大に負荷がかかる状態が無くなり、均等になりますので、痛み自体も早期に回復が見込まれます。

寝違えに効果的な体操教えます!

 寝違えは、おもに首が痛くなるので首を回旋したり、前後に動かしたりする運動は運動痛が起こり、なかなか動かすことが出来ません。しかし、寝違えを起こしても肩や肩甲骨周りの筋肉は動かすことが出来ます。

皆様は肩甲骨から首についている筋肉があることをご存知でしょうか?

たとえば、肩甲挙筋、(小)菱形筋という筋肉があります。

肩甲挙筋は、首の1番~4番 → 肩甲骨

(小)菱形筋は、首の6番、7番 → 肩甲骨

と付着しています。

寝違えで硬くなった肩甲骨周囲の筋肉を緩めるストレッチポールを使用した肩甲骨エクセサイズの写真他にもいくつか肩甲骨から首についている筋肉はあるのですが、首は痛くて動かせないけれども肩甲骨は意外にも動かすことが出来ます。肩甲骨から首についている筋肉を動かすこと(肩甲骨周囲筋をしっかり動かす体操)で緩めることが出来れば寝違えの痛みもかなり楽になる可能性が高いのです。上記の効果が期待できる体操もしっかりわかるまで丁寧にお伝えいたしますので、ご安心ください!!

このようにもし、朝起きた時などに首が痛くて、寝違えしてしまった!!

っと、思われた時は一人で悩まず尾張旭市東山町のうの整骨院に、安心してお気軽にご相談ください!!

当院へのアクセス情報

所在地〒488-0825 愛知県尾張旭市東山町1-2-5 アサヒビル1F
駐車場3台あり
予約お電話・メールでのご予約が可能です。
電話番号052-768-6186
休診日月曜・日曜午後・祝日
年末年始・お盆休み
アクセスマップ