TEL ネット予約 LINE

姿勢矯正・姿勢改善 | 尾張旭市・瀬戸市・守山区・名東区 印場駅・旭前駅 うの整骨院

お問い合わせはこちら

姿勢矯正・姿勢改善

正しい姿勢とは?

一言で、正しい姿勢といっても、その正しい姿勢の基準がわからなくては、何をもって正しい姿勢なのかがわかりません。まずその説明をさせて頂きたいと思います。

 まず、人体の重心の位置は、骨盤の中の仙骨のやや前にあるのですが、足先から測ると、成人男性で重心は、約56%、女性では約55%の高さにあると言われています。簡単に言うと、大体仙骨2番目のやや前、東洋医学で言えば、ヘソ下丹田と言われる場所に重心が位置するととても身体は安定し、身体全身の力が抜けた良い状態となります。

 人体の重心が正しく取れた正しい姿勢というのが、立位姿勢において、下の図のような頭部、体幹、四肢の各体節の解剖学的指標(Landmark)が、一直線になっているか否かで判断出来ます。そして、この直線は重心線に近いものとなります。

前後および側方から見た頭、体幹、四肢の各部位の解剖学的指標(Landmark)の図

※医歯薬出版株式会社「運動学」改訂第2版より抜粋

 

【1】側方バランス(※上の図を見ながら確認してください)

後ろから見た場合、次の5つのポイントが身体の中央(正中線)を通る垂直線上にあれば、側方バランスが良いと判断できます。

①後頭隆起 → 後頭部の真ん中を上から下に触っていくとボコっと出っ張ったところ

②椎骨棘突起 → 背骨の真ん中の骨が触れる所

③殿裂 → お尻の割れ目の場所

④両膝関節内側の中心

⑤両内果間の中心 → 両方の内くるぶしの真ん中

 

【2】前後方向バランス(上の図を見ながら確認してください

側方から見た時、次の5つのポイントが前額面(正面に対して、横に身体を輪切りにした面)上にあり、垂直になる時、前後方向のバランスが良いことになります。

①耳垂のやや後方 → みみたぶの少し後ろ

②肩峰 → 肩の一番外側の骨が触れるところ

③大転子 → 股関節の外側で骨が触れるところ

④膝関節前部(膝蓋骨後面) → 膝のお皿の後ろあたり

⑤外果の前方5~6cm → 外くるぶしの5~6cm前の場所

このように側方バランスの5ポイントと前後方向バランス5ポイントが一直線上に整列されていると身体のバランスが良く、重力に対して身体の重心がとれているということになりますので、全身600以上ある筋肉に均等にバランスよく負荷がかかっている良い姿勢となります。このバランスが少しでも崩れている場合は、どこかの筋肉に緊張がかかっているため痛みが出たり、しびれが出ていたりと不調が出ることが多いです。

正しい姿勢は、どうしたら良いの?

地球上で生活しているならば、必ず重力というものが存在します。この重力に対して立位姿勢を保つ働きをする筋肉を抗重力筋と言います。

体全体の抗重力筋の図

※医歯薬出版株式会社「運動学」改訂第2版より抜粋

 

☆身体のお腹側に位置する筋肉(上の図を参照)

 ①前脛骨筋 → 脛(すね)の前側にある筋肉

 ②大腿四頭筋 → 腿(もも)の前側にある筋肉

 ③腹筋群 → 腹の前側にある筋肉

 ④頚部屈筋群 → 首の前側にある筋肉

★身体の背中側に位置する筋肉

 ①下腿三頭筋 → ふくらはぎの筋肉

 ②ハムストリングス → 腿(もも)の後側にある筋肉

 ③大殿筋 → お尻の筋肉

 ④脊柱起立筋群 → 背中の筋肉 

上記のお腹側の筋肉と背中側の筋肉のバランスが上手くとれた状態が正しい良い姿勢と言えますが、日常生活の癖や姿勢によって、その筋バランスの均衡が崩れ、偏った筋肉の使い方によって、身体に痛みが出たり、痺れが起こったりしてしまいます。ですから、尾張旭市東山町のうの整骨院で、施術によって骨格と筋肉、神経バランスを調整し、また偏った使い方をしている筋肉に対して、自宅でできるストレッチ、筋力トレーニングによって、その筋バランスを正常に戻していくお手伝いをさせて頂きます!!

 姿勢矯正前         姿勢矯正後

姿勢矯正前の40代男性の写真       姿勢矯正後の40代男性の写真 

姿勢を矯正・改善するためのエクセサイズ

姿勢矯正・改善に役立つバランスボール四つ這いエクセサイズの写真当院では、自宅でのエクセサイズとしてバランスボールの使用をお勧めしています。施術を始める前に立位姿勢での骨盤の安定度を確認します。骨盤が安定していないと、身体の土台は、グラグラ状態ですので、おそらく身体に不調がある方の場合は、骨盤が安定していません。骨盤が安定しない理由として、腹筋(特に腸腰筋)と大腿部内転筋(ももの内側の筋肉)が、ほとんど使えておらず、全体的に立位姿勢でも外側に荷重がかかることによって、身体のバランスを崩している場合が多いです。当院では、そういった外側荷重になりやすい状態から、バランスボールを使用することによって、腹筋(腸腰筋)、大腿部内転筋を自然と使いやすくなるようなエクセサイズを自宅で行っていただくことで、施術後も悪い状態になりにくい身体を作ることが可能になります。施術と自宅でのバランスボールのエクセサイズにより早期に姿勢を矯正・改善しやすい状態を作っていきます。

もし、自分の姿勢は、どうなのか?などのチェックや、姿勢矯正・改善などしてほしい!などのご相談がございましたら、お気軽に尾張旭市東山町のうの整骨院に安心してご相談ください!

姿勢矯正・改善に役立つバランスボール片足バウンドエクセサイズの写真